音楽

ゲージツな週末

朝晩少し涼しくなって過ごしやすくなり、秋を感じますね。

そんな中、Tomoくんが和歌山に帰ってきてのライド。
なんですが、僕は微妙に時間が合わなくて、結局会えず。
残念!
次回は是非遊んでね~\(^o^)/
 
で、何をしていたかというと、音楽な週末だったんです。
音楽は僕の根幹の一つ。
 
土曜日は紀陽コンサート。
飯森範規氏指揮、日本センチュリー交響楽団の演奏です。
クラシックです(^^)
 
ほんとは、嫁と息子が行く予定だったんですが・・・息子、今は文化祭の準備で忙しく、代わりに僕(笑)
実は当日まで知らなかったんですが、今回のテーマはモーリス・ラヴェルの作品。
わりとラヴェル好きだったりします。
あの、「ダフニスとクロエ」なんかもラヴェルの作品だし、「ボレロ」なんてのは有名ですよね。
あの時代というか、新しい美しさの追及というか、西洋の予定調和な音楽ではなく、いろんな音楽を取り入れていったので、好きだったりします。
まあ、嫁に言わせれば、現代音楽が好きだっていう僕なので、その気持ちわかるとのこと。
 
で、会場に着いて、お手洗いに行った嫁を待っていたら、ある方に声をかけられました。
おお、僕がよく聴きに行くジャズバンドのヴォーカルのIちゃん・・・って実は今は退職してますが同期入社なんです(笑)
しかも彼女のご実家が宝石屋さんで、婚約指輪、結婚指輪のときはお世話になりました。
お父さん、お母さんの宝石に対するこだわりの凄さを感じましたよ。
 
なんやかんやと話しているときに、嫁も戻ってきてご挨拶。
で、本番。
 
演奏はもちろん、良かったんですが、僕を惹き付けたのは、一人のヴァイオリニスト。
後ろの方で演奏されていて、ヴァイオリンパートの中では一番の年配のように見えました。
位置的に、ちょうど僕の目線の先だったのもあるんですが。
 
どうも演奏がオーバーアクション過ぎて・・・
皆さん、淡々と演奏されていても、身体を動かして情熱的に演奏されており、また曲の最後には、誰よりも一番高く弓を上げていました。
演奏していない時も、首を縦に振って、ノリノリ。
オーケストラにロックンローラーがいたとは!
 
帰りは嫁とその話で持ちきりだったりして(笑)
 
日曜日はエレクトーンの演奏会。
昨年、息子が師事した神田将先生の教え子さんとヤマハ音楽教室の先生による演奏会。
残念なことなんですが、神田先生のレッスンは今年で終了とのことです。
息子も是非会いたいということもあって、その演奏会に参加させていただきました。
まあ、僕もほぼレッスンに付き添ってたので、是非ともということで。
場所はふじと台のカフェ・ムジカさん。
 
神田先生がおられたので、息子が近況報告などを話しにいきました。
 
さて本番。
 
去年、一緒に演奏してた子たちもいて、その成長した姿に嬉しくなったり。
演奏も良かった~。
なんか、息子がやっているお陰か、エレクトーンという楽器の凄さとか、面白さというのが少しわかってきたような気がします。
 
そもそも、息子がエレクトーンをやり始めたのは、ある意味偶然かも知れません。
最初、三歳ごろ、近所に同じくらいの子が少なく、コミュニケーションがないということでヤマハの音楽教室に行ってたんです。
その時は、エレクトーンというのでは無く、歌ったり踊ったりという感じだったそうなんですが、息子、全く興味無く、一度も歌や踊りに参加せずに終了~(笑)
こいつは、音楽には向かんなあ、とその時は思ってました。
幼稚園に入った頃、近くに教室があったので、一度体験に行ってみることに。
まあ、あまり期待はしてなかったんですが・・・
むしろ、娘は音楽に、ってな感じのときでした。
 
意外にも興味があったらしく、そのまま習い始めました。
娘も二年後、習い始めることになりました。
その後娘は、両手弾きになったとき、難しくて弾けないと止めてしまいましたが(笑)
 
その後も息子は続けてレッスン。
エレクトーンかピアノかという選択する時期があったときにエレクトーンを選択。
色々音が出て楽しいからという理由。
家にはピアノがあったので、そちらを選んでくれればエレクトーンを買わなくても済むという淡い期待をしていたんですが(笑)
 
でもエレクトーンにしてくれて、今は良かったと思います。
昨年の神田先生のレッスンに付き添って、本当にそう思いました。
エレクトーン奏者はアレンジャー、指揮者、演奏家である必要があるため、音楽を創り上げるためのほぼ全ての要素が必要だと感じました。
演奏が終わって、神田先生に息子が手紙を渡しました。
レッスンは終わったんですが、また演奏家としてコンサートがあるので聴きに行きたいですね(^^)
最後に握手してお別れ。
柔らかい手でした(^^)
それに比べ、僕の手はクライミングとトライアルで出来たマメとかでボロボロ。
ちょっと恥ずかしかったです(笑)
 
帰りはイオンに解き放った娘を迎えに行き、楽器店で楽器を物色。
息子、展示してあるキーボードで、色んな駅の音楽を即興で奏でる。
しかも和音で。
(その一部はFBで紹介してます)
面白い!
何気なく聴いている音も、息子には楽譜になってるんですね。
 
そんな音楽な週末でした(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

頭クラクラ、みぞおちワクワク

僕が中学から高校にかけて大活躍した伝説のバンド。


YMO(Yellow Magic Orchestra)
 
CMに出てきたTechnopolisという曲。
僕には衝撃的でしたね~。
 
シンセサイザーっていうテクノロジーの塊の楽器を駆使して演奏する。
その中にはコンピューターも使われ、理系男子には刺激的すぎる音楽でした。
 
レコードを買って、毎日のように聴いてましたね(^^)
 
単に彼らの音楽が好きだというだけでなく、彼らの音楽の根底の様々な音楽を知ることになり、ある意味大きな影響を僕に与えました。
 
阪本龍一氏のサウンドストリートっていうFMの番組も欠かさず聴いてましたし、そこで紹介される音楽に興味持ったりとか。
 
さらにツアーメンバーだった矢野顕子さんが大好きになり、コンサートとか行ったりとか。
実は、息子の名前って矢野さんと関係がある名前でして(^^)
 
僕の基礎を作ったと言っても言いすぎじゃないほどの影響を受けたYMO。
 
なのに、なのに、一度も彼らを生で見たことが無いんです(^^;
 
一度、高校生の頃、京都でコンサートがあるとの情報で、「絶対行く!」と心に決めてたところ、そのコンサートが中止になって・・・
 
そんなこんなで三十数年・・・行ってきました、YMO楽器展(笑)
コンサートじゃないです。
 
梅田LOFTでの開催です。
といっても今日で終わったんですが。
 
LOFTっていつ以来ですかね~。
なんとなく覚えているような覚えていないような・・・最近はスマホというモノがあるので道を確認しながら行けるので便利ですね(^^)
 
大阪駅からほどなくLOFTへ。
すぐさま、会場へ。
 
150411ymo
 
入場券買って入ると・・・(一部を除いて写真撮影OKでした)
 
150411
 
おぉぉぉっ!
最初のワールドツアーのステージぢゃないですか~!
って心の中で叫んでました(笑)
 
150411_2
 
ん?何やらスタッフの方がコンピュータで何やら調整中のようですね。
流れてる曲は「Behind the Mask」
 
150411_3
 
しかし、この人、どっかで見たことあるなぁ?って思ってたんですが、後で凄いことになるんです(^^)
 
歴代のレコードジャケットなんかもあったり。
メンバーのサイン入りの「BGM」のジャケットなんかも(^^)
 
150411bgm
 
会場自体はそんなに大きくなく(むしろ小さい)、みどころはほぼステージセットのみ。
なにやらスタッフが、そのステージセットでゴソゴソ動き始めて、ステージツアー開始とのこと。
えっ?何それ?という感じで別にそれ専用にチケットが必要だと。
で、後ろからも楽器たちを見たいので、もう一度チケット購入場所へ。
入場券を既に買っているので、ステージツアー分足せば良いとのことだったんですが、この回のツアーは締め切り。
止むなく13時からのツアーを申し込んで、午後から再訪するべく昼食へ。
近くのお蕎麦屋さんでねぎせいろを食べて、ちょっと時間があったので、スマホで近くの自転車屋を検索。
 
あ、ここが近いんや・・・ってなことで・・・
 
150411_4
 
ウエパーさん。
 
ロードメインなんですね。
当然、トラに使えそうなものはほとんど無くて、触手は動きませんでした(笑)
 
で、13時前には再び会場へ。
ステージツアー、今か今かと・・・
 
ステージツアー開始!
近くで楽器みられる!
写真撮りまくり・・・スタッフさん、メモリー使いきって下さい(笑)って。
 
ただ、後ろ(メンバー視点)から楽器を見るだけと思ってたんですが・・・突如後ろから・・・
「松武です」
と。
ん???
あ、あーーーって心の中の叫び。
 
松武秀樹さん!
 
YMO第4のメンバー、コンサートで大きなシンセサイザーとコントロールしているコンピュータープログラマー。
 
松武さんが各楽器を解説という、なんとも贅沢なツアー!
いやあもう、何が何だかの状態ですが、解説を聞きます(^^)
 
まずは矢野顕子さんの楽器。
コンサートでは奥の右側。
 
150411_5
 
オーバーハイムとプロフェット5。
いやあ、高校生の頃、憧れましたね~。
キーボード弾けませんが、カッコいい。
でもとっても高いんですよね。
とても普通の高校生には手がでませんでした。
 
手前にちょこっと写っているのが、チューナー。
細野さんのベース用らしいです。
普通、Aの音でチューニングするんですが、なぜがD#とか。
理由はよくわからないそうです。
 
続いて松武さんのMOOG。
通称、タンスと言われている大型のシンセサイザー。
 
150411_6
 
なんか凄いです。
というか理系心を刺激してくれます。
当時はハードディスクはおろかフロッピーも普及してなく、プログラムはカセットテープに録音されてます。
普通に聴くと「ピーガラガラピー・・・」といった音がするんですが、これがプログラムだったんですね。
ダウンロード時間は曲の時間と同じで・・・一曲ごとにダウンロードされてたそうです。
音色の調整とかは、タンスのつまみを回して調整・・・頭の中に入っているそうです。
今なら、色んな事が自動でできるようですが、当時はかなり手作業だったみたいですね。
コンサートでは、いつも次の曲の準備をしていたそうで、一緒にできるのは最後の曲だけというのも初めて聴く話でした。
実際に、このタンスを使ってデモもしてくれましたよ(^^)
 
続いてギターの渡辺香津美氏。
 
150411_7
 
コンサートでは、YMO3人とは対極で、ロックを彷彿させるパフォーマンスでしたね。
実はこの日の次に日にゲストとして、松武さんとパフォーマンスするとのことでした。
みたかったなあ~。
 
そしてYMOの3人の楽器。
 
坂本龍一氏。
 
150411_9
 
奥にあるのがPOLYNOOG(下)とアープオデッセイ(上二つ)。
左はヴォコーダー。ロボットヴォイスを作る楽器ですね。
POLYMOOGは、一つの鍵盤に一つの基盤なのでポリフォニックな音が出ます。
当時は、単音しか出ないシンセサイザーが多く、一度に多くの音が出るってのは凄かったんですね。
昔持ってた本に、これの値段が書いてあったんですが、100万円以上してました。
 
 
150411_8
 
POLYMOOGの下にはペダルがあって、坂本氏はこれを駆使してたそうです。
結構テクがいるとのこと。
左側の大きなペダルがヴォリュームで右側の大きなペダルはピッチだったかな?
でもエレクトーンやっている息子の方が足技すごいかも(笑)
後ろにも色んな装置があって、これも色々使っていたそうです。
 
1504115
 
右側には坂本氏サイン入りのプロフェット5。
緊急用だそうで、あまり弾くことはないとのこと。
 
高橋幸宏氏のドラムセット。
 
150411_10
 
シンセサイザードラムがありますね。
結構楽しい音がします。
 
ベースの細野晴臣氏。
 
150411_11
 
アープオデッセイですね(^^)
シンプルです。
 
最後には松武さんと一緒に写真とって、握手してもらいました。
感激です。
 
至福な時でした(^^)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽会

今日は、青島広志氏のおしゃべりコンサート、行ってきました。

いつものオーケストラも大阪交響楽団に改名してたり。

相変わらず面白いですね~。

お馴染みの曲なんですが、それにまつわるお話を聞いていると、如何に作曲家って人間味溢れているというか・・・

音楽よりは、お話をずっと聞いていたいですね。おっと~、これはコンサートなんですね。失礼!

 

大人も子供も楽しめるクラシックのコンサートってそうないですよね。

クラシックを聞くきっかけになったり、お話から、その曲に対する理解を深めたり・・・

 

懐かしい曲もやってましたよ。

「オンブラ・マイ・フ」

CMでキャスリーン・バトルが歌ってたの。昔、レコード買いましたよ。

今回は、バリトンで晴雅彦氏。

これも良いですね。美しい曲です。

 

こんな楽しいコンサート、和歌山ではしばらく無くなるんだそうです。

会場の県民文化会館の耐震改築工事で2年間使えないという理由。

(だったら、他の会場でやればいいのに・・・って思ったのは僕だけではないはず)

ちょっと残念ですが、また会える日まで元気に待ちましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽って良いもんですね~♪

今日は「青島広志のおしゃべりクラシックPart4」というものに行ってきました。

そう言えば、家族みんなでコンサートってのは初めてのような気がします。

「未就学児お断り」、というのがだいたいのコンサートなんでこれまでは行けてなかったんですね。

しかも、そんなに堅苦しいコンサートじゃなくて、小さい子供たちもたくさん来てましたよ。

 

青島広志氏は、テレビでおなじみのあの方です(^^)

「題名のない音楽界」では佐渡裕氏と名コンビの域に達してますね。

 

会場に入ると、見たことある人が・・・青島氏です。

本やCD、DVD売ってます・・・商魂たくましい(^^)

しかもしゃべりっぱなし・・・すごすぎです。

 

会場は和歌山の県民文化会館大ホール。

昨年末に第9を聴き行ったところですね。

今回はかな早くチケットを買ったんで、かなり前の方に席。

嫁は久しぶりの生オケで興奮気味。

子供たちは生オケ初体験。

こんな感じで開演を待ってました(↓)

100117

息子はパンフレット(紙一枚!)に楽器の絵を描いてました。

娘は膝の上にコトちゃんを乗せて静かに待ってました。

(コトちゃんの料金払ってないや^^)

 

いつものごとく、開演あたっての注意事項、本番中での写真撮影禁止、飲食は外でのアナウンスがあったんですが・・・間髪いれずに青島氏からのアナウンス。

「そんな堅苦しくことはしないで、写真バシバシ撮って良いですし、食べ物も床にこぼれないようにすれば良いですよ」って。

場内爆笑。良いタイミングです。

 

曲目はニューイヤーコンサートということで、有名どころを何曲も演奏しました。

曲の合間の青島氏の解説もオネエキャラ(?)全開でした。

途中、スタンディングオーベーションの強要、もといレクチャーがあったりとか、観客参加型のコンサートでした。

 

休憩時間も休み間もなく本売ってたし・・・凄すぎ。

 

まあ、僕も含めてクラシックコンサートの初心者には良いコンサートだと思います。

嫁は選曲にちょっと不満があったようですが、おおむね満足していた様子。

なんたって久しぶりの生オケでしたからね。

 

子供たちにとって初めてのクラシックコンサート。

良い刺激になったんじゃないですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イルレゲエ!♪

息子調子こいてます(^^)

またまた曲を作っちゃいました。

イルカのイルチャンの曲

090331iru2

これは娘が描いたイルちゃん。

コトちゃんがコトマンとして活躍する漫画で出てくるキャラクターの一つ。

 

今回はレゲエ調で、Bob MarleyのCDを聞いたりしてレゲエについてちょいと勉強して作りましたよ。

僕的には一番好きな曲となりました。

とても明るい曲でウキウキ気分にさせてくれます。

 

ベースラインやリズムギターやイントロの部分、少し僕のアレンジもいれてあります。

(というか、だいたい毎回そうなんですがね)

「irureggae2.mid」をダウンロード

携帯の着メロなんかに使ってくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペンちゃんのブルース

我が家のアイドル?ペンちゃん。

090412

の曲ができました。

息子作編曲、僕がちょっとアレンジ、打ち込み。

昭和歌謡曲風です。

「penchanbluse.mid」をダウンロード

携帯の着メロにでもどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽器の話です

家に帰ると、娘は僕の体を使ってクライミングを始める。。。

「重っ!」

息子は、

「父ちゃん、エレクトリックギター欲しい?」と聞く。

「うーん、ギターよりもベースが欲しいなぁ」

と僕。

ギターは生音が好きだし、最近まで友人に借りていたエレキギター返しちゃったし・・・

なぜか最近ベースってちょっと憧れてます。

それにクライミング始めてから爪を切ったので思うようにギターが弾けない(と言うか昔からsweat01)のでベースもいいかもと。

音も大好きです。

 

以前、よく行っていた矢野顕子さんのコンサートにはいつもあのアンソニー・ジャクソンさんが出ていたので「ベースっていいなぁ」って思ってました。

 

息子が、「じゃあ、僕がインターネットでベースを調べるよ」ってコンピュータを起動させ、Googleで検索。

(考えてみれば、一昔前の小学3年生がググるってのは無かったかもですね。)

いろんなベースがありました。

 

「父ちゃんはバンドが作りたいの?」と息子。

「そやなぁ。君とバンド組んでみたいな」と僕。

「僕はピアノとエレクトーンが得意だからそれやるね」「父ちゃんはベースやね」

そんな風に息子とバンドが組めたら最高ですね。

何度か簡単なお遊びセッション、例えば、ギターと歌(大きな古時計)とかフルートとピアノ(ロンドン橋)とか、、、をやったことがありますが、そのときはちょっと僕が強引にやったような感じで、、、

 

でも二人とも、というか家族全員音楽が好きだから、ファミリーバンドもいいかも。。。

  と夢は拡がります。

 

 

ギターとかベースとかハーモニカとか、、、好きな楽器はたくさんありますが、実は一番初めに好きになったのは・・・

 

 

「シンセサイザー」

 

 

 

電子楽器です。

 

もともとオーケストラとかが好きだったんですが、シンセの音を聞いて仰天。

これなら一人でオーケストラできるかも・・・って。

 

さっき、ネットをみていたら、シンセサイザーを発明したモーグ博士の映画があるんですね。

5年くらい前に公開されているようです。

一度観てみたいです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

コ~トマン♪

一気に涼しくなった気がします。

なんで、ちょっと体調崩し気味。

これまで夏バテとは無縁だと思ってましたが、、、

 

以前からアップしようと思ってたんですが、息子が作った”コトマン”のテーマ曲、

全国に先駆け、配信いたします(笑)

「KOTOMAN.mid」をダウンロード

携帯の着信音なんかにご利用できますよ~。

 

さぁ~、皆さんご一緒に

♪ コ~トマン、コ~トマン♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相棒?

最近、というかここ数年、頭の回転が遅かったり(もともと・・・)、記憶力に自信が無かったり(やっぱりもともと・・・)ということもあって、脳を活性化させなければ・・・なんてことを思ってたりします。

 

よく指を使えば、脳が活性化されるとか、脳の老化が防げるとか、、、というのがありますが、それを信じて、指を動かしてみようと。

普段はクライミングで指は鍛えている(?)んですが、脳に良いと思われる動きはしてませんよね。

 

ということで、ガラス職人さんのギター練習にも触発されて、久々にギターを触りましたよ。

 

これ(↓)

090627guitar

K.Yairiのギターで今から20年前に購入したもの。

たしか初の給料か、ボーナス(寸志)で買ったような。

フォークとか、エレキとかじゃなくてクラシック。

意外ときれいです。

弦は、オーガスチンのナイロン弦(確か青だったはず)を愛用していたはずです。

でもなかなか近くに売っていないんで、確か切れた弦の残った部分をまだ使ったりしてた状態で保存しておいたような。

 

で、ちょっと楽譜を見ながら、ポロポロと弾いてみました。

久し振りです。

面白そうなのはビートルズの曲。

武満徹氏のギター小品集は良いんですが、難しいようですし、楽譜も無いんで・・・

江部賢一氏アレンジのHey Judeなんかをやってみようと・・・

が、、、指動かん(^^;

しかも左手、最近痛めている指なんで、痛い。

右手、爪、伸ばしていないので、音ワルッ・・・

さらには楽譜が、、、見難い・・・ろ、老眼!

 

なんということでしょう。

 

・・・

 

ちなみに僕の指は短いので、結構パツパツだったりします(↓)

090627left_hand

これは「アルハンブラの思い出」の出だしのところですが、ほんとパツパツ(^^;

指の柔軟性も悪くなっているようです。

 

弾いていくうちに、わずかにある爪で弾けるようになり、なんとかそれなりの音が出るようになりましたが・・・

どうも親指がスカッ、スカッと空振り状態・・・(T_T)

 

 

大分、悲しい状態ですが、まあ楽しめそうなんで、ちょぼちょぼと練習して、老化を防ごうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪NO LINE ON THE HORIZON♪

U2の新譜です!

前作が2004年だったはずなんで、5年ぶりっすか!

 

今回は日本版が一番早くリリースだったんで、日本版を選択。

当然、ライナーノーツなんかあったりして、それを読みながらU2モードに。

 

いやぁ、良いですね~。

いきなり一曲目からやられました。

 

U2らしくなくて、でもU2しかできない。

そんな感じですね。

いつもきれいに期待を裏切ってくれます(良い方にですよ)。

 

1990年代に、かなり賛否両論だったアクトン・ベイビーらあたりのエッセンスもありながら、強く、重く、しかもポップに昇華されたロックンロールのような感じです。

意味、分かんないですよね~。

一度、聴いてみてください!

 

NO LINE ON THE HORIZONって、「水平には線は無い」という意味ですが、

言いかえれば、「境界ってあるけど、線を引くのは人間だよね~」という意味に思えます。

 

U2たちが実践してきた様々な音楽の形。

それぞれに境界はあるけど、上手に昇華させたU2は、まさにそこに線を引か無かったからではないんでしょうか(いや、もしかしたら上手く引いたのかも)。

 

境界があることは認識しても、線を引かない。あるいは上手く引く。

僕にはそんな意味に思えてなりません。

 

 

 

しかし、4曲目のイントロのギターリフ。

イーノのアンビエントな曲に聴こえて仕方がないんですけど(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧