クロ

若猫んちの記録

久しぶりのカテゴリー「クロ」

 
子供たちも大きくなりましたが、今でもクロの写真はリビングに飾ってあります。
ずーっと僕たちのことを見守ってくれているみたいです(^^)
 
少し前から、僕たちの中で新しく家族を迎えようかと言う話がでてきてるんです。
嫁は、もう動物と暮らすことは無いだろうと言っていたこともあったんですが。
 
きっかけは、娘。
ご多分にもれず、動物好き。
将来は動物に関わる職業に就きたいとのことらしいのですが。
 
 
世の中には捨て猫、野良猫が沢山います。
実は、野良になった猫の寿命は非常に短く、2-3年らしいです。
城下町にゃんこの会 和歌山さんの活動をFBを通じて知り、そのことを知りました。
基本的に人間と一緒じゃないと猫は生きられないんです。
地域猫制度ができたようですが、中々難しいようです。
猫が生き難い世の中というか・・・
 
クロも元野良猫。
人間が捨てた猫が生んだ子供です。
それを嫁が保護して、僕たちの家族となりました。
 
ちょっと重い話しになりましたね。
でも、そんな事情の子たちが保護されているところがあるんですよ。
 
「保護ネコカフェ ハッピーキャット」
 
なんか、無性に猫たちに会いたくなって(笑)行ってきました。
息子はいつものごとく忙しく、学校なので、嫁と娘の3人です。
 
お店に入って娘はニタニタしてたそうです。
誓約書やらにサインして入店。
 
一階は猫関連グッズのお店で、二階がカフェ。
カフェと言っても、一階の自販機で飲み物購入というやつです。
(利用料金に飲み物代が入ってるので、自販機と言ってもお金を入れなくて済みます。娘、感動してましたw)
 
そろりと二階に上がり、ドアを開けると・・・
 
いましたいました(^^)
 
中には人懐っこい子もいて、スリスリしきたり、お腹を見せたり、膝の上にのってきたりと。
あ~、なんか良い空間だわ~(^^)
 
1609041
 
上から見つめられたり(^^)
 
1609042
 
娘に寝かされてしまったネコ。
 
1609043
 
おもちゃで遊ぶネコ。
特定の子とおもちゃで遊ぼうと思っても、横から、後ろからピューっと入ってきて遊ぶ子もいたり(笑)
おもちゃを追いかけ過ぎて、テーブルにぶつかってしまったり(^^)
 
1609044
 
娘の膝の上がお気に入りな子もいたり。
 
1609046
 
この子、デカイ。
7-8kgくらいあるそうです。
おもちゃで遊ぶと迫力があります。
あまりにも迫力があるので、中にはビビってしまう子も(笑)
 
1609045
 
僕的に気になったの子。
今回、接したネコの中で、最も警戒心が強かったですね。
なんとか打ち解けたかったので、色々仕掛けて・・・ちょっとは気にしてもらえるようになりました(^^)
 
残念ながら、閉鎖空間とホコリ、ネコの毛が沢山舞っていると、調子が悪くなる僕(^^;
延長は当然できずです。
でもクロを暮していたときは全くそんなことは無かったので、少数のネコと暮らすことは問題ないですよ(^^)
若干の呼吸困難を覚えながらも、楽しい一時でした。
 
僕たちがネコを家族に迎えるときは、不幸なネコを一人でも減らせるよう、保護ネコから迎えるつもりでいます。
今回、行ってみて、当初は一人だけ迎えることを考えてたんですが、どうやら複数迎えるような予感が・・・もう少し先に話しですが、どうなるんだろう?
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

さようなら・・・クロ

突然ですが、

 

このブログのタイトルにもなっていますクロが本日永眠いたしました。

 

 

本当はこのような悲しいお知らせはこのブログの趣旨に合わないのですが、

クロへの感謝の気持ちを込めて書かせて下さい。

 

 

クロは数週間前から調子が悪く、数日前にはエサも食べなくなりました。

ここ数日、獣医さんのところに何度も行って、薬と高カロリーのエサを与えながら、なんとか治ってほしいと僕たち家族は願っていました。

今日、入院するかどうかを決める検査をしている途中、呼吸停止をして、そのまま息をひきとりました。

 

その後、僕たち皆で病院にクロを引き取りに行きました。

クロを見たとたん、息子は大泣きし、僕も嫁も泣いてしまいました。

娘は気丈にもその場では泣きませんでしたが、帰りの車の中で大泣きし、一番最後まで泣いていました。

 

 

本当に長い間、僕たちはクロと一緒に暮らしました。

クロは僕たちの家族です。

いつも子供たちは「5人家族」と言っていました。

 

いつかは別れなければならないとはわかっていても、突然いなくなると本当に寂しいものです。

 

僕たちはクロから沢山の贈り物をもらいました。

ほんとうに沢山、沢山、ありがとうって言いたいです。

 

クロがいるといつも笑顔になります。

クロがいるといつも癒されます。

 

 

今日の朝、リビングの椅子に座って、無言のまま、僕たちが会社、学校に行くのを見送ってくれたのが最後でした。

クロはわかっていたんでしょうか。今日が最後の日になることを。

 

僕もなんとなく、気になっていたので、昨日、一昨日と夜中、クロをずっとなでてあげました。

ゴロゴロ、とても気持ち良さそうでした。

 

息子は僕に向かって言いました。

「クロが死んだのは現実?」

まるで嘘であって欲しいかのような言葉でした。

でも僕は、

「現実やけど、クロが生きていたのも現実やで・・・忘れへんかったら、夢の中かもしれへんけど、きっとクロは会いに来てくれる」

 

 

ノラ猫だった生まれたてのクロを嫁が育てて、いつしか僕たちの家族。

よく頑張って生きてきました。

ほんと、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

ありがとう。クロ。

君はずーっと僕たちの家族だよ!

 

 

きっと今頃は、病気も知らない軽い身体になって、大好きだったお母さんのチビに会って、久しぶりに甘えていることだと思います。

 

 

最後に、

このブログ、タイトルは変えるつもりはありません。

それに、クロがくれた笑顔を皆さんに届けるためにも、まだ続けるつもりでいます。

これからも宜しくお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ありがとね

娘はクロと遊んでやっていると言う。

嫁に言わせれば、それは逆で、クロが娘を子守してくれているのだと。

こんな風になっていても(↓)大人しいものだ。

081214_3

普段は娘の子守してくれて有難い。頼もしい家族の一員。

でも、夜、僕と二人?きりになると甘えに来る。

今さっきまで、僕の膝の上で気持ち良さそうに座っていたんです。

 

 

 

えっ?単に座り心地の良い椅子にしか思われていない?

そうかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さんぱつ

夏に向けてのクロの毛刈り(↓)

080623

一回り小さくなってしまいました。

 

体重もちょっと減ったようです。

あれだけ食べているのにコレステロールは正常値らしい。

 

うらやましい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

太い!!

あらためて見ると、クロ、太いです(↓)。

080203

普通の猫ってどんな感じだったか、わからなくなります(?_?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロのひとりごと

やあ!ボクはクロ。Chootoku家の一員で猫だ。

最初はママと一緒にいたんだけど、縁あってChootoku家に来たんだ。

それじゃ、ボクの家族を紹介するね。

まずはChootoku。

クレヨンしんちゃんの野原家のような家族を目指している変わり者だ。

昔は猫嫌いだったんだけど、ボクがChootokuにスリスリしたり、ゴロゴロしたり、極めつけは膝の上に乗ったりして、猫のかわいらしさをアピールしたんだ。

するとボクにデレデレになって今では猫が好きになったみたいだね。

次はママ。

ママはボクのことを生まれたときから知っている恩人だね。

野良だったボクにゴハンくれたりして、とてもかわいがってくれてる。

子供たちにも優しいんだけど、怒るととても怖い。。。

一度、甥っ子に子供たち(&そのお友達)に 怒っているところみられて、その次に甥っ子に会ったとき

「怒らない?」って聞かれたんだよね~。

でも本当はとっても優しいんだよ。

次は息子くん。

小さい頃、ボクを追いかけまわしたりしてたんで、一度ネコパンチしたことがあるんだ。ちょっと怖かったんだよ。

でも最近、勉強とか遊びとかに夢中みたいであまりボクの相手をしてくれてないなぁ。

少し寂しいよ。

最後に娘ちゃん。

一番、ボクのことをかまってくれる、、、んだけど、ちょっと過剰すぎることもあるので、たまに怒ることがあるんだ。

でもちゃんとかわいがってくれていることはわかってるよ。

 

 P1260140_3

、、、、、って、クロは考えているのかなぁ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)