« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

一人暮らし

いやあもう、例のアレ、大変なことになってますね~。

今回は、宣言が出る前の息子の引っ越しのお話です。

で、その前に、前回のブログに悲しい続きがあるのです。

実は、息子が大学の後期試験を受ける前々日、試験を受けるための移動日の前の日、息子が小学生から中学生までお世話になった塾の先生が急死されたんです。

あまりにも突然で、信じられなくて、結局、息子の進路が決まるまで、子供たちに黙っておこうということにしました。

息子の力を信じてくれていて、一番に合格を知らせたかった方です。

僕とも年齢が近く、同じ自転車が趣味ということで、何度もお話をしたこともあります。

改めて、ご冥福をお祈り申し上げます。

 

合格後は、入学手続きや引っ越し準備で大変でした。

幸い、入居先はすでに決めていたので、本契約へと進めるだけでした。

引っ越しの荷物は、業者に頼まず、ある程度自分たちで、家電はお店から直接入居先へということで、残りは現地調達です。

 

嫁は電車で、僕と息子は車で。

娘と いちょう と もみじ はお留守番ということで。

 

息子、結構車に弱く、ところどころで休憩しながら、目的地へ。

嫁とは契約した不動産屋さんに集合ということで、早めに着いた僕らは、不動産屋近くのコインパーキングに車を止めて、ここから電車で一駅という息子が通う大学に行ってみました。

20200419

 

 

いやあねえ、和歌山に住んでると、全て都会に見えます(笑)

僕が通ってた大学は、京都にあったので高い建物がなかったのですが、結構高い建物があったりしますね。

ノーベル賞も多く輩出していて、記念の施設や、展示とかがあるのです。

(実は僕もかろうじてノーベル賞とかかわりがあるんです。親子二代、ちょっとだけノーベル賞と関係ですw)

 

20200419_20200419223901

 

実は、この近くの大学に、中高の友人が教員として働いています。

なので、ご挨拶と思ったんですが、例の騒動と連絡先、実は知らなかったというこで実現できず(笑)

お正月に会ったのです、ここに行くかもと話してあるので、ちょっとは大丈夫かな。

 

昼食を食べた後、嫁と合流し、本契約。

嫁は歩いて、僕たちは車で入居先へ。

いやあね、大学の敷地内かと思うほど、近い場所です。

 

まずは、通学用自転車。

大学の近くにトレックの専門店があったので、そこへ行ってみました。

息子は、通学をロードかクロスでしたいとのことで、今回はFX1としたんです。

20200419_20200419224501

実質的には3日間、息子の部屋で、ニ〇リへの家具の調達、ホームセンター、百均と あちこち回ってました。

引っ越しの荷物の中に、娘からの餞別としてハサミとメッセージが添えられていました。

20200419_20200419231901

関西人的な愛というか・・・笑えるけどちょっと泣けてくる。

 

この騒動の中、今も一人で暮らしています。

入学式もなく、授業もオンラインがしばらく続くようです。

なので、同じ学部の同級生に会ったことが無いそうです。

幸い、二軒先に学部は違いますが、同じ大学に通う一年生が住んでいて、仲良くしているそうです。

 

自分の夢をかなえるため、希望に胸を膨らませて入った大学ですが、大学の中には入れず、生の学問に触れられず、また同じ志の仲間にも会えない辛い状態が続いています。

幸いにも先生方は、そのような状況の中でも、学問を学ばせてあげたいと学生を励ましながら懸命にオンラインの授業を行ってくれています。

今、若い人たちが感染源になるのではとあらゆるメディアで喧伝されているので、生きるための買い物にしても白い目で見られるのではないかと、躊躇してしまうそうです。

本当は大人の世代が若い人たちに感染させたことを忘れて、大人が若い人たちを叩く悲しい世情に憤りを感じます。

病気よりも遥かに恐ろしいインフォデミックが若い人たちの希望を奪おうとしているのではないかと思います。

そっと胸に手を当て、自分が非難すべき対象は彼らなのか、冷静に考えてほしいと思います。

一刻も早く、この騒動が治まってくれることを心から願っています。

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »