« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

ご報告

大変ご無沙汰してます。

2019年初頭に投稿して以来ですね(^_^;)

 

まあ色々忙しくしておりました。

今回はご報告です。

息子が無事高校を卒業しました(*^_^*)

で、大学生になることを目指していたんですが、今年は大学生にはならないことになりました。

来年、再チャレンジをします。

4月からは、僕の高校からの友人が講師として勤めている某予備校に通います。

(分野が違うので、講義を受けることはありません)

 

なぜか国公立大のみの受験でして、ほぼ一発勝負ですよね。

まあ、どこの大学にでもある学部じゃないので、数がもともと少なく、しかも結構難関大学がズラズラです。

前期に第一志望の大学と学部を受験。

後期は、志望の学部で近距離の大学。

前期は、自分の夢を実現できると考えている大学です。

後期は、行くかどうか迷っている大学ですが、倍率がものすごいことになってました。

ある意味、ここ受かれば前期よりも凄いんじゃないかなってレベルです。

 

まずセンター試験。

実はセンター試験前日に、僕がインフルエンザを発症してしまいました。

記憶が無いほど、久しぶりの発症です。

発症前日にちょっと違和感があって、早めに仕事から帰ったんですが、まさか自分がかかっているとはわからず、でも冗談で子供と距離を置いていました。

翌日に病院に行って、「風邪ですよね~」って先生に言うと、熱を測られ・・・

「熱、38度ありますよ。検査しましょう」

ってことで検査をしたところ、「陽性」。

すぐさま、家族と職場に連絡して・・・家で隔離されました。

まあ、息子との接触はほとんどなかったので、大丈夫だろうと・・・

センター試験、二日目の午後から息子が発症・・・ガーーーーン

  

幸い、午後からの試験の方がしんどい中、いつもよりも集中できたらしく、目標の点数を十分クリアすることができました。

これなら二次試験は、少し余裕を持って、いけそうな感じだったんですが・・・達成できずでした。

今は、ネットで合否がわかるんですが、自分の受験番号が無いことを知って、しばらく沈黙が続きました。

その後、息子と色々話し、後期試験を受けること、前向きに目標に向かうことを約束しました。

意外と落ち込みが少なくて良かったです。

ただ、嫁の方の落ち込み方が激しく、まだ引きずっているかも知れません。

実は、僕も浪人経験者なので、色々アドバイスができるかなということで、今も時間があれば息子と話すようにしています。

で、後期試験の方ですが、受験番号はありませんでした。

しかし、予期しなかったんですが、後期試験の大学の追加合格の連絡を頂きました。

追加合格にせよ、あの凄い倍率で、合格したのは、ある意味、前期よりも凄いことだなと思います。

しかし、かつてノーベル賞学者も在籍したこともある、素晴らしい大学なんですが、自分の志を貫徹したいということで、入学を辞退しました。

ということで、冒頭の「今年は大学生にはならないことになりました。」は、そういうことだったんです。

 

息子は来年に向けて始動しました。

高校のときは、色々あって、自分のペースをつかめなかったようですが、ここまで頑張れて、ちゃんと結果を出せたことは嬉しいことです。

この一年は受験に集中して、希望する大学へ入ることができれるように僕は息子の夢を全力でフォローしようと思います。

なんたって、それは僕の夢でもあるんですから。

 

今回の息子の受験で、僕も色々考えました。

息子の夢を叶えるためには、少なくとも和歌山から離れなければなりません。

それを想像すると、ものすごく寂しくなる自分がいるのに気づきました。

考えれば考えるほど、できる限り近くの大学に行って欲しいと思ってました。

あまり、良いことでは無いのですが、もう一年だけ、息子といられることに胸をなで下ろしている自分がいます。

なかなか、子離れができていないんですね。

なので、一年かけて僕は子離れできるようにしていこうと思います。

 

それともう一つ。

息子の夢がかなったら、息子が目指している物理の世界について色々議論するのが僕の夢です。

化学については、大学でも教えられるレベルと思っているんですが、物理はさっぱりです。

なので、大学時代の数学の教科書を引っ張り出して、今、勉強中です(笑)

 

それと、大学での数学、物理の勉強は、下記の動画をみて勉強しています。

 

https://www.youtube.com/channel/UCqmWJJolqAgjIdLqK3zD1QQ

 

予備校のノリで学ぶ「大学の数学・物理」

結構、はまってます(笑)

    

 

 

| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年4月 »