« ブレーキ替えました(^-^) | トップページ | 若猫んちの記録 »

紙をつくる

息子から借りているPCで書いています。

最新のPCなのでサクサクとストレスなしに検索とか良いですね(^^)
 
で、当の息子さんはというと例の「缶サット甲子園」全国大会出場ということで秋田にいました。
今、帰路の途中です。
結果は準優勝。
おまけにベストマネジメント賞なるものもいただいたそうです。
凄いじゃないですか~。
ただ、3年連続準優勝なんですよね。
なので、今年は!ということで夏休み返上で頑張ってたんですけど・・・そのような意味では残念な結果でしたね。
リオ五輪で銀メダルととった吉田選手とリンクしているような不思議な感じです。
 
昨日は会社の大先輩Mさんと科学教室。
いつも息子とともにお手伝いさせてもらってますが、今回は秋田にいる息子は参加できずです。
年齢が近いのと、思いっきり理系な息子なのでなかなかの人気だとか。
なので、今回はおじさん二人で・・・です(笑)
 
テーマは「紙を作る」でした。
以前、この話をMさんから聞いたときに、最後の乾燥に時間がかかってしまうというのがあって、間を持たせることができないかなあと考えてました。
まさか、トライアルのデモはちょっと違うし・・・なんて冗談も考えてたんですが、やはり、少しまじめにと、紙の研究に関して下調べをば。
 
調べていく中で、観察という項目が気になりました。
顕微鏡で観察かあ、と思っていたところ、紙いや神が舞い降りました(笑)
 
だいぶ前に息子のクリスマスプレゼントであるテレビに写せる顕微鏡セット。
こりゃあ面白いかもと思い、いろんな紙を見てみると、比較的目の粗いティッシュペーパーやトイレットペーパーで繊維が見えることを発見。
単に置いておくだけでも良いかも。
みんな色んなもの拡大してみると思うし。
 
そしてもう一つ、紙には方向があることの紙芝居と実験。
同じ紙でも方向によって強度が変わることを伝えることに決定。
 
当日は、10人ほどの子供たちが参加。
会社で使った紙すきセットをMさんが借りてきて、それを元にパルプを細かくして紙すき。
そして乾燥。
 
160819
 
乾燥機の中で紙ができあがっていきます。
なかなか面白いですね。
一回目はテスト的に紙すき、二回目は思い思いの飾りをつけての紙すき。
パルプを細かくするときに家庭用ミキサーを使うのですが、そこに色んな色の折り紙を混ぜるという子供たちのアイデア。
だんだん、みんなそれやりたがります。
エスカレートしていきます(笑)
ミキサーあるあるな失敗のふた閉めないでのミキサーもありました(笑)
 
乾燥時間、間をもてあますどころじゃないほどの盛り上がりようです。
僕の出番はないかも?と思いつつも、そのピークが過ぎて、僕の出番。
話はちょっと難しかったかな?
でも紙の方向によって強度がかわることの実験、ちょっとウケたかも。
顕微鏡も面白がってくれました。
 
いつも参加してくれている子供たち。
見るたびに成長していて、パワーアップしてますね。
また面白い(?)ネタ、考えないと(^^)

|

« ブレーキ替えました(^-^) | トップページ | 若猫んちの記録 »

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504936/64082639

この記事へのトラックバック一覧です: 紙をつくる:

« ブレーキ替えました(^-^) | トップページ | 若猫んちの記録 »