« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

ニューフェイス

最近は金曜日にも登るように心がけてます。

でも娘の塾のお迎えに行ってからの帰りなので10時過ぎ(^^;
 
金曜日。
浅いアンダーからのスローパーチックなホールドを使った被り課題(135°)
浅いアンダーやり過ぎて右手中指を痛めてしまいました。
 
土曜日は雨だったので自転車に乗れず。
夜からはクライミング。
右手中指にテーピングをして、久々に指が開くまで登ってました。
白人くんには「chootokuさん、自分をいじめてる!」とまで言われるほど、いつもとは違うほど登ってたのかな?
 
で、日曜日。
天気が良かったので、目的地の途中(?)にあるここに来ました。
 
160627
 
紀三井寺公園の登はん場。
クライミングウォールの体験会です。
 
新しくなってからのウォールでは登ったことが無かったので、前日に予約して登ることにしました(^^)
ま、前のウォールでも、実は高所が苦手な僕は、一番上まで登らなかったんですけどね。
なので、一度は上まで行きたいと思って、てのが主な理由ですか。
天辺からの眺めっていいのかなあって期待と、やっぱり高所なのでダメかなと不安が入り混じっての参加です。
クライミング歴、今年で10年なんですが、苦手なものは苦手ですね~。
 
幸い、クライミングのイベントとかでよくお会いするIさんがビレイヤーだったので、なにかちょっと安心感がでてきました。
でも僕がこの場所に現れた時、皆さん不思議そうな顔をしてたような。
「いやあ、ここ登ったこと無いので、体験です」と説明しときました(笑)
ほんとに、登ったこと無いので、間違いは無いです。
 
で、まずは5.9から。
途中までのルートだったので、天辺までは違うルートを使って、天辺まで行ってみました。
まあ、とにかく下をみてレストすると終わりだと思って、ひたすら上見て登って行きました。
まあ、この程度だと全然疲れないはずなんですが、やはり恐怖心というのがあって、いつも以上に疲れた感じでした。
それに加え、前日、前々日のクライミングの影響も出ていたのでは、と言い訳しておきます(笑)
ま、とにかく天辺に登れたので、とりあえず目標達成です(^^)
で、眺めはと・・・覚えてません(笑)
すぐに降ろしてもらいました(笑)
 
続いて5.11。
いきなり難易度を2つも上げてしまいました。
ボルダーなら、そんなに難しいとは思わないホールドですが、暑いので滑りそうなのと、やはり高さが・・・という言い訳で敗退です。
他も登ろうと思ったのですが、本来の目的地はここではないので、スタッフの皆さんにお礼を言って、ここを後にしました。
次回は、寄り道ではなく、ちゃんと居られるようにしますね。
 
さて昼食をコンビニで買って、、、高速に乗って、、、
ここに到着。
 
160627_2
 
ゴミの不法投棄(はしさん談)じゃありません(笑)
トライアルのセクション、そう!湯浅トライアルパークです。
SBTでは、このセクション乗れなかったので、すごく乗りたかったんです。
ちょうどお昼について、ご飯食べて、パレットでウォームアップして、セクションイン!
 
といってもコースは適当です。
オットピかな、と思っても、意外と漕いで走れたり、なかなか面白いです。
しかし、暑いのですぐにバテバテ。
 
ゆーだいくん、OK山さんが来るまでには、もう終わってました(笑)
今回、二人ともバイク二台持ってきてました。
一台はストリート系ですね。
僕もMTB仕様のトラ車がそれっぽいので、次回はそれも持って行こうかな。
 
3人で仮想セクションで遊んでいたら、、、ニューフェイス登場です!
前のSBTでお話できなかったMくん。
お母さんと一緒に来られました。
お父さんもトライアルはじめられたそうで、エコーのバイクを購入されたとのこと。
 
まだ初めて二カ月ほどらしいのですが、初々しくてイイですね(^^)
彼は しんやくんと同い年の小学6年生。
サッカーが縁らしいです。
 
1606272
 
まだスタンディングもおぼつかないですが(僕もおぼつきませんw)、なんとなく しんやくんと出会ったころと同じ感じです。
でも、あっと言う間に越えていくんでしょうね。
それはそれで嬉しいです。
 
みんなであれやこれやと、教えたり。
定番の丸太越えとかステアとか。
最初、登れなかった最後には登れたってのが良いですね。
 
ジャックナイフも少しできるようなので、後ろ足でバイク蹴るとジャックナイフターンになるよと。
ちょこっとターンができるようになったみたいですね。
 
まあ、暑かったのでもっと水を持ってくればよかったと後悔。
次からは最低3Lですね。
 
このセクションからパレット等の人工セク遊びへ。
 
パレットで練習したり。
Mくん、最終的には3段パレットからのステア、そして続く積み上げたパレットの段差を下るセクションをクリア!
成果が出てますね。
 
なぜかOK山さんとゆーだいくんのストリートセッション。
OK山さん、バニホ、魅せてくれました(^^)
 
160627bh
 
動画をキャプチャーしました。
 
そんなこんなで、またまた野暮用で、皆よりも先に帰路につきました。
 
また行きたいですね~(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SBT2016 in Wakayama

梅雨入りしたようですね。

どうも南に自転車乗りに行くと雨に降られてしまうchootokuです(笑)
 
本日、半分だけですが、雨のSBTを楽しんできました(^^)
SBT=Soft Bike Trialsのことですね。
 
160605sbt
 
一年前も同じ湯浅のトライアルパークでやりましたよね~。
久々というか、正式オープンしてから実は初めて。
何度かお誘いは受けたんですが、都合がつかず、ずーっと行きたかったんですが、結局1年越し。
 
前日の土曜の夜は家族でのお食事会。
飲み過ぎないようにと、思いつつ、これまでのダイエットの反動で飲んでました(^^;
結婚してからの最低体重、更新してます。
少しは軽くなって自転車、クライミングに負荷がかからないようにと、洒落にならないほど上昇した血糖値を抑えるため。
 
沢山飲んだつもりはなかったんですが、翌朝、ちょい気分悪く、朝ごはんあんまりでした(^^;
そそくさと準備して、コンビニに昼食買って、湯浅へ。
会場に着くと、しんやぱぱさん。
しんやぱぱさんの左隣に車を停めて、、、右隣は、ヘムヘムさん。
トラ車購入希望のヘムヘムさんにしんやぱぱさんを紹介。
今、トラ車取り扱ってますからね。
 
会場を見渡すと、色々トライアルにとって楽しいおもちゃが一杯です。
向こうの方には人工セクションもあるし(^^)
 
今回はどのクラスを走ろうかと考えるため、セクション下見。
人工セクのところで、今回のお世話役のはまちゃんさんと久々にご対面。
実は今回はSBT創設者のQKさんが仕事の都合で欠席とのこと。
ちょっと寂しいですね。
 
そうこうしているうちに参加者が続々・・・前回程では無かったですが。
今回の和歌山組はOK山さん、ふーさん、しんやくん、ゆーだいくん。
そして、最近トライアルを始めた・・・すみません、お話してませんでした。
なんでも しんやくんと同い年の小6生で、体験にきたとのこと。
また和歌山に新しいトライアラーが増えて嬉しいですね。
 
見学にはヘムヘムさん、そして和歌山のモトトラをやっている方々。
 
ゆーだいパパさんとヘムヘムさんと僕とでチームを作って、順番に出走しましょうか?と提案するも、軽く笑い飛ばされてしまいました(笑)
 
ちょっとウォーミングアップしようと、ラダーのところでオットピしようとしたところ・・・・
背中の右あたりがピキッて・・・よくあるんですが、よりによってセクション走る前に(T_T)
たぶん、金曜日にクライミングしたときに、小さくて薄いホールドを右手のクロスで持って、左の遠くのホールドを取りに行く課題を作ってたとき、それを何度もやったためだろうと、推測。
実は、これを書いている今も痛いです。
この痛み引きずったまま、大会開始です。
 
午前中の第一から第三セクションは山の奥、というか向こうまで。
結構、歩きました。
年寄りは、ここで体力使い果たしです(笑)
すでに10セク走った感覚(笑)
 
第一セクションの1ラップ目の入り際の下りで、段差に引っ掛からないように前輪を飛ばすんですが・・・届かず。
そこからグダグダになって、5点。
この時点で背中の痛みで、変な声になってました(^^;
2ラップ目は上手く飛ばして下り、狭い場所でのホッピングで雨で滑りやすくなった岩と木を乗り越えて行ったんですが、どうやら後輪不通過のようで、そのまま次のマーカーに行ってしまい・・・です。
後5回ほどこのセクション乗ればクリーンで通過できるかもって妄想してます(笑)
 
第二セクション、1ランプ目、下ろうとした瞬間、マーカーを見間違えてしまい、慌てて戻ろうとしたんですが、そこからの激下りの体制がかなり難しく、そこから無理やり下ったんですが、制動が上手くいかず、下にある岩に体当たり。
まあ、なんとか上手くかわしたんですが、少し左足を強く打ったようで・・・足が冷たく感じて・・・出血したかも・・・よくみたら、単に濡れただけでした(^^;
 
2ラップ目は学習してちゃんとマーカー通り下ってからの登り。
同じ激坂からの助走無しですから、当然ホッピングで登るんですが、地面がフカフカし過ぎて崩れて、登れん!
足付きまくって・・・敢無く敗退。
登れない斜度では無いんですが、もちょっと丁寧に登った方が良かったですね。
 
第三セクション1ラップ目は、インしたとたん、お得意のつまづきまくりで、足付きまくりで・・・(T_T)
しかし、2ラップ目では途中までクリーンで、良い感じ。
ギャラリーから「おーカッコいい!」と言う言葉が聞こえたような。
僕への言葉(笑)と受け止めて、先ほどは難なく越えたところを、スムーズに行こうとしたところ・・・後輪滑って~。
でも1ラップ目よりは先に進めて良かったです。
そのあとが、登りでホッピング多用すること必至だったので、病人並みの体力の僕は、無理だろうと。
 
でも1ラップ目の失敗を上手く2ラップ目修正できて、少しでも前へ進めたのは、ちょっと進化したのかな?
でも雨で滑りやすく、背中の痛みあり、バランスの修正とか大変だったんですが(言い訳)、楽しめました。
 
雨なので、しんやぱぱさんとゆーだいぱぱさんが張ってくれたテントの中で昼食タイム。
ふーさんとしんやくんは同じクラスを走ってて、同じ点数。
ふーさん、しんやくんを倒せるのはこの時ばかりと・・・・結末はまだ知りません(笑)
 
会場にはモトトラ車が展示してました。
 
160605
 
2015年のSSDT(スコテッシュ シックス デイズ トライアル)で優勝したドギー・ランプキン モデルのようです。
新興メーカーのようですが、よくわかりません。
でもむっちゃカッコいいですね。
こっそり乗って帰ろうにも、タンク容量が小さいので、途中でガス欠必至。
ガソリンスタンドまで押しが入ります(笑)
 
午後からの部は、残念ながら僕のタイムリミットが来たのでDNS。
でも、また今年もう一回、和歌山でやりたいとハマチャンさんも言ってたので、それを信じて、次回は一日走れるようにしたいですね(^^)
 
いやあ、久しぶりにドロドロになってしましました(笑)
 
160605_2
 
あー、人工セクション走りたかったぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »