« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015

2015年もあとちょっとですね~。

今日からお休みを頂いたんで、ちょっくら乗り納め、なんてことを。
久々のロードバイク、しんどいです(笑)
トライアルも・・・あはははな感じです(笑)
まあ、腰も少し痛いので、そんなもんです。
 
2015年、あっという間でした。
ちょっとばかり振り返ってみようとブログをしたためます。
 
まずトライアル。
いやあ、今年はなんか色々ありましたね~。
衝撃的だったのはTomoくんプロ宣言
順調にプロライダーとしてやっているようです(^^)
何やら来年からは関東の方へ進出とか・・・
これで米国の豪邸が近くなったかな(笑)
頑張って下さいね!
また動画アップされたら紹介していきます(てか、結構アップされてて僕が紹介していないだけですw)。
 
トライアルの輪が広がって言って嬉しいですね。
そういえば、トライアルパーク、正式オープン後、一度も行ってません(T_T)
今年中に行きたいと思ってたんですが、結局来年に持ち越し。
セクションも出来あがりつつあるので、行くの楽しみにしています(^^)
 
ほんとは色んなとこの自然地形で乗ってスキルを上げるつもりだったんですが、ほとんどできなかったです。
でもこっそりと乗っているので僅かですが成長しているかも知れません(笑)
 
続いてクライミング。
なんてったて和歌山国体ですね(^^)
和歌山の成年男子、女子ともボルダリングで全国6位!
凄かったです!
 
まあ、個人的なクライミングの出来事は・・・特にありません(T_T)
来年は痩せて、身体の負担を減らすことで、楽しもうと密かに企んでいます。
(この時点で密かではありません)
国体の影響か、ちょっとリードもやってみたかったり。
来年は自分自身がネタになるように楽しもうかと思います。
 
ロードバイクは同じ会社の方たちと走る機会が多かったですね。
っていうか、ロードに関しては息子と会社の人以外の人たちとは絡んでませんね(笑)
練習もちょこちょこ走るんですが、少なくともヒルクライムは、もう敵いません。
息子のバイクも小さくなったので、新しくしたいなと思う今日この頃。
会社の方たちとは、九度山ドーシェル丹生都比売神社とかとか。
まったりしたサイクリングは続けますよ(笑)
 
今年は、長年乗ってきた通勤自転車の変更を行いました。
新たな相棒としてTREKの8.5DS
これを機に、通勤ではヘルメット着用するようにしました。
まあ、それまでしていなかったので褒められたもんじゃないですが、安全第一ですからね。
 
MTBについては実際山を走ったのはお正月のはしさんたちとのときだけ(T_T)
NG山も一度も訪れていません(T_T)
和歌山とトライアル的MTBという観点から動画撮り始めているんですが、NG山でもと思いつつも・・・来年こそは!
 
あとは個人的には、頭にできた血管腫の除去手術や足の指の腱の切断となにやらやらかしていますが、なんとか生きていま(笑)
今年はメンタル的、フィジカル的にも十分ではなかったんですが、振り返ってみると色々やってたんですね。
来年はまた一つ年をとってしまいますが、今年よりは元気に楽しんでいきたいもんですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三日月と太陽

ほんとに1カ月に一回って感じですね(^^;
まあ、のんびりとやっていきますね。
 
さて今回は久しぶりのカテゴリー、映画です。
4年前に「岳」以来ですね。
それ以降も映画は観ているんですが、ブログでの紹介は無かったですね。。。

で、今回は是非皆さんに観て頂きたいと、切に思う映画です。
今、和歌山ではこの映画の話題で持ちきりです(^^)
 
その名も
「海難1890」
 
実話に基づく映画で、和歌山が舞台なんです。

まずは予告編でも(^^)



和歌山の串本沖で遭難したトルコの軍艦、エルトゥールル号の救出劇なんですが、貧しい村の人たちが命をかけて救出する姿、本当に感動もんです。
 
これがイラク戦争の時、邦人を助けるべくトルコが動いてくれた、その大きな原動力なんです。
 
やはり僕は映画の2/3ほど泣いていました(笑)
話は知っているということもあって、ほぼすべてが感動でした。
 
「真心」がキーワード。
今の日本や世界に最も必要なことかも知れませんね。
 
和歌山が舞台だけあって、撮影で使われたエルトゥールル号が和歌山のジストシネマに展示してありました。
 


151220
 
エンドロールの最後にトルコの首相の祝辞があったんですが、思わず・・・
「日本の首相はどうなってんだ!」
と心の中で叫んだのは内緒です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »