« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

研究とは(笑)

むむむぅぅぅ(笑)

どうやら月一になってしまってますね~。
これではイカン!
ということもないのですが(笑)
色々やっていることのペースが落ちてきているので仕方ないです(^^;
まあ、ゆるりとやっていきます。
 
最近、というか夏以外の海が好きです(笑)
ちょこちょこと片男波なんか行ってまったりしたり。
で、動画なんぞ撮ってみたり(笑)
 
151109
 
流木があったので遊んでみたり(笑)
151109_2
 
これ、ちょっとやるまで怖かったっす(^^;
大分、低くして、近くにして、ようやく決心。
やってみたら意外と行けた(笑)
フロントがサス付きなので重たくて、トラ車(なんですけど)とは違って、前に転びそうで(笑)
しかもステムが短いので、ダニエルしにくいときたら、やっぱり怖いですね。
まあ、そうは言ってもそれそれで面白いことには変わりないんですけど。
 
和歌山で好きな場所に行って、ゆるりとトラして動画に納める。
そのうちまとめて、どこかでアップ、なんて野望を抱いています(笑)
そうすれば、ゆるゆるトライアルのプロになれるかも・・・これで老後も安泰です(笑)
 
ま、それはさておき、片男波つながりでこんなことも。
 
夏休みの自由研究。
息子さん、色々縁あって、県の方からも賞をもらったりとかしてます。
で、3年生も昨年の続きをやるんだ!と意気込んでたんですが・・・
さすが受験生、夏休み忙しい!
で、できなかった・・・3年生は別にやらなくて良いそうなんですがね。
 
で、やっぱりやりたい!ということで、色々計画して、片男波で実験です。
ボート(外輪船)の羽根の枚数とスピードの関係。
実は夏休み前、数学的にどうのこうのと僕が言って、実験計画みたいなのを立てたんですね。
例えば、羽根の数、大きさと水への接触時間の関係とか。
で、そのとき色々考えたら、昨年の実験は、色々不具合があるのではと、ご本人が気付いたんです。
 
で、土曜日、雨が降り出しそうな中(実際降りました)、実験をしてきました。
僕は付き添いなので、トラ車持って、ひたすら跳び下りの実験(笑)
 
まず、所定の大きさの穴を掘ります。
151109_3
 
そして自作の防水シートを敷きます。
151109_4
 
そしてそこに海水を汲んで入れます。
151109_5
 
プールの出来あがり!
 
実は、海水いれるのにバケツを忘れるてるんです。
幸い、車の中にポリ袋があったので、それをバケツ代わりに。
「この車何でも入ってるんやな」となぜか感心する息子。
 
で、ボートを組み立てます。
151109_6
 
最初、電池の接触が悪く、中々モーターが回らない状態が続いて、僕がちょこちょこっといじって、無事解決(^^)
 
で、プールに浮かべていざ、発進!
 
 
 
動かん・・・
 
151109_7
どうやら、電池が古くて・・・いわゆるバッテリー切れのような。
羽根にかかる水圧に抗して回るだけのパワーが無い。
 
ま、そんなこともありますよね。
 
実験計画の不備と言ってしまえば、それでお終いなんですが。
でもやってみないことにはわからない、これが実験、研究ていうもの。
失敗は次に活かすのが重要なんですよね。
思わぬ失敗が、新たな発見や発明につながることもあるし、あまりにも用意周到であれば、期待以上のものはでないこともある。
 
ま、そんなようなことを息子に言ったのかな。
次につなげる何かがあれば、もうそれは成功というか、実験や研究の本質なはずなんですね。
だって、森羅万象の本質って人類には永遠にわからないことですし。
それが神様が人類に与えた楽しみだったりとも思えるし。
 
とかく成否の結果だけが問われる最近の科学の風潮。
なんかつまんないですよね。
多くの失敗を積み上げて、人間を遥かに超えた、予測できない科学が出来ていくのが面白いんですけど。
 
まあ、そんなことを考えつつ、秋の夜長を過ごすのでした(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »