« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

成長なんです2

梅雨明けしたんですかね?

連休は良いお天気の割に外での行動があまりなかったような(^^;
 
夏休みの科学教室の準備のための実験をしたり、久しぶりにTOOLL行ったり。
 
150720tooll
 
壁が知らぬ間に白くなってました。
Scratchでは課題をつくらないと遊べないのですが、ここでは既存のテープ課題に勤しみます(笑)
なるべく考えずに、多くの課題を、と考えてピンク課題。
50課題全制覇目論むも、半分チョイでパンプ。
最近ルーフやってないので、堪えます(^^;
まあ、ダメダメでしたが、数をこなしたというこで2時間チョイで帰宅。
 
海の日はようやくアウトドアっぽく、久々の息子とのサイクリング。
僕が走るいつものコースですが、僕も久しぶり。
なので、流し気味の走行。
 
いつもの通り雑賀崎の登り坂。
途中まで、ピッタリと付いてきているので、「先行ってみる?」と言うと「うん」・・・
ピューっと軽やかに登り坂を走って行きました。
僕も付いて行こうとしたんですが、予想外の速さで追い付けません(T_T)
さほど全力で走っている感じでもなく、綺麗なフォームで走っていく姿を見てると、悔しさというより嬉しさの方が勝って、ニヤニヤしながら僕も登って行きます。
こりゃ、誰かに預けてヒルクライムの選手として育ててもらったら・・・という気持ちも。
 
より軽い自転車だともっと速く走れるんでしょうね。
「父ちゃん、カーボンの自転車買ってよ」なんて言われたら、嬉しい反面・・・複雑な気持ちです(笑)
 
150720
 
暑かったので、いつもはしないコンビニ休憩。
なんかガリガリくんが食べたくなったので、食べてみました。
身体の冷却と水分補給が同時にできる感じが良いですね。
はまりそうです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成長なんです。

週末雨ってのは自転車が乗れなくてストレス溜まります。

月一のテク練も雨で延期。
あー、ストレス溜まります(笑)
 
本日は息子のエレクトーンのコンクールの日。
もちろん、中学生の部です。
曲はあのホルストの惑星・・・天王星、マニアです(笑)
 
昨年より神田先生のレッスンを受けて、昨年より格段に表現力を増してます。
僕も一緒に付いて行って、レッスンを見てるんですが、結構勉強になりますねぇ。
聴く側からの視点にも役立ってます。
 
本番直前、息子は相変わらず超緊張状態。
ま、緊張しますよね。
僕は何度もリラックスさせようとトライするも拒否されてしまいます(笑)
ま、こういうときはほっておくのが一番なのかも。
 
演奏の順番も最後の方なので、ずーっと緊張状態。
なんか見てて可愛そう。
早く緊張から解放されて、パーってしたいんだろうなと。
 
今回のコンクールはいつもとは違う会場。
いつもよりは広いんですが、音楽だけのホールではないので、音的にはどうなのかな?と。
 
色々な子の演奏を聴いていると、何かちょっと音的な迫力がないなぁって思ってました。
音色的にも、少しこもった感じ。
これはホールのせいか、それとも演奏のせいか?わからないです。
まあ、息子のは結構聴いているので、音の感じはわかっているので、そこまで待ちますか。
 
いざ、息子の演奏の番。
一人欠席とのことで、一つ早く回ってきました。
 
USBをセットして、ポジション等を確認して、演奏開始。
 
1507051
 
1507052
 
最初の音を聴いた時、最初の疑問は、演奏の違いだったことが判明。
息子の音は、いつもの通りだったんです。
と、思ったのも束の間・・・ミスを連発!
今回の曲は、レッスンも含め結構聴いたので、自分も知っていることもあり、ミスったりすると、こちらもドキドキ。
演奏している息子は、さぞかし大変な状況だろうと察しがつきます。
 
練習ではミスしたことが無いところも・・・
ただ、曲自体をよく知っている人は少ないと思うので、たぶん、どこがミスっているのかは聴いても良くわからないかも。
アレンジも息子だし・・・そういう演出ということにすれば・・・通じるかな?
 
ミスはいくつもあったものの演奏は途切れることなくく最後まで弾き終えました。
こういう状況で、心折れることなく演奏できたのは成長ですね。
 
しかも僕が思っていた表現のポイントは上手く行けてたと思います。
十分に人の心に突き刺さる演奏ができたのではないかと。
 
で、全ての子たちの演奏が終わりコンクールが終了して、先生が来てくれた時、息子泣いていました。
よっぽど悔しかったんでしょうね。
でも悔しがっているのは現状に満足していないということ。
成長の証だと思います。
曲、完璧に判っている人いないから、そういう演出ということにしときなぁ、ってのも通じない(^^;
 
かなり凹んだ状態で帰路に。
 
車の中で、正直に僕の感想を言ってみました。
ミスは仕方ないけど、音楽の表現力は誰にも負けてなかったと。
 
帰って晩御飯食べて・・・
先生から電話。
 
息子が出てみると・・・
なんと、「銀賞」をいただいたとのこと\(^o^)/
 
次の大きな大会へ進める金賞ではなかったけど、入賞とは!
 
あれだけ凹んでいた息子に笑顔が。
 
やあ、良かった良かった。
あれだけ練習したもんね。
 
ミスが無かったら・・・と考えると残念だけど、これはこれで大きな収穫だなと思います。
ほんと成長したなあ(^^)
 
今回は容量の関係で演奏はアップしませんが、聴きたい方は7/12(日)の午後3時からふじと台ステーションビルエスタシオン東棟1F(マックスバリュエクスプレス ふじと台点前広場)で演奏させていただく機会を得ました(雨天の場合はエスカレータ付近)。
受賞者が集まっての演奏会なので順番はわかりませんが、興味のある方は是非(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰ってきたマーチン

トライアル界では知られた話。
Road Bike PartyRoad Bike Party 2 等でロードバイクを思いっきり開放した男、Martyn Ashton(^^) 
今から二年前に、ショーの最中に大けがを負い、下半身不随の状態。
 
その彼が帰ってきました!
 


まだ下半身の自由は効かないのですが、仲間たちに助けられながらもトレールを楽しく走ってます。
でも、流石ですね(^^)
腰と腕を使って、乗りこなしてますね。
新しいジャンルというか・・・素晴らしすぎます。
 
彼から自由を奪った怪我ですが、彼の心の自由は奪えませんでしたね。
 
時間はかかっても、そのうち復活すると期待してます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »