« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

SBT 2015 in Wakayama

本日、ソフトバイクトライアル(SBT)に参加してきました(^^)

 
初の和歌山開催です。
 
 
場所は近々オープン予定の湯浅のトライアル場。
 
ソフトといいますが、ハードでした(^^;
 
大会なんですが僕としては自然での経験が少ないので、自然での真剣な練習という位置づけでの参加です(笑)
 
まあ、なんとかやっとこさ抜けられたセクションはあるものの、自分の体力の無さを実感しました(笑)
 
途中までは順調なんですが、すぐさま体力を使い果たし、集中力が途切れ、小さな石ころにつまづいてます(^^;
 
つまづいて修正したとたん、またつまづく・・・無限ループでした・・・
 
時間的に余裕だったので、なんとか落ち着いたらできたかも・・・というのが多かった気がします。
 
これからは、この場所が使えるので、どんどん利用していきたですね。
自然での経験値を上げないと・・・というか新たな楽しみです(^^) 
 
 
数日前にOK山さんからのメールで徳島からあのアフロさんが来ると言うことで、僕の車で一緒にいくことになりました。
 
どうもちょうど良い時間に会場に着けるフェリーが無かったので、かなり早い時間で来ていただきました。
 
アフロさんの自転車を車に積み込んで、いざ会場へ・・・あまりにも順調に行けたので、一時間足らずで到着。
 
会場には前日から乗りこんでいた、主催者QKさん、はまちゃんさん、おかでんさんが。
前日にQKさんから頼まれていたモノを渡して、無事任務完了!
 
でも、雨、結構降ってます。大丈夫かなあ、と思いながら車で待機。
徐々に雨が止み始め、8時くらいには雨が止みました!
さすが!晴れ男!
 
続々と選手が集まり、総勢20名。
 
150419sbt1
 
まずは、一山越えてのセクション移動。
いやあ、意外とこれ辛かったです(^^;
 
もしかして、これ第一セクションかな?って思いながら、そうだったら、全員5点だよなってニタニタしながら歩いてました。
 
午前中は3セクション2ラップ。
まあ、ガレているので自然経験少ない僕としては撃沈。
お情けで抜けたようなセクションもあるんですがね。
そこが緩いソフトバイクかと。
 
ここでは、まずアフロさんが魅せてくれました。
こんなところからのダニ降りからのバースト!
凄い大きな音でしたよ。
 
そしてTomoくんの2回?に及ぶパンク。
僕が所持していた新品のチューブをお買い上げ頂きました。
「もう一本あるよ(笑)」
と商売してました(笑)
 
そうそう、Tomoくん、新しいスポンサーがつきましたよ。
B1K3、フランスのブランドとか。
ビビッドなカラーのフレーム、カッコいいですね(^^)
 
150419sbt3
 
3セクション、2ラップを終えてから、駐車場へ。
お腹空きすぎ、ボロボロな状態(笑)
 
テク練仲間のけんきちさん、コニーさん、ヘムヘムさんご家族が見学に来てくれてました。
楽しんでいただけたでしょうか?
 
午後からは2セクション。
お腹は満たされたものの、脚がつりそうな状態。
案の定、セクションの中でつってました(^^;
 
なんやかんやで終了~。
 
一杯課題を頂きました。
とにかく、自然で乗ることが一番ですね。
 
今回、和歌山トライアラーが沢山エントリーしました。
 
中でもユーダイくがEクラスで3位、しんやくんがXクラスで3位と和歌山の将来安泰です(^^)
和歌山勢ではないですが、アフロさん、29inでCクラス3位。
DクラスはTomoくん1位!
 
そしてそして、Eクラス一位は たかさん!!!
おめでとうございます!
地道な努力の賜物ですね(^^)
 
終わってからは、練習とか、おしゃべりとか。
僕は、以前動画で、とても綺麗なライディングをされていたYさんと。
なんだかんだで共通点があったり。
 
有田ライダーのHさんともお話したり。
 
うーん、20inに転向しようかな?って思ってみたり。
 
とても楽しい一日となりました。
 
 
帰りはアフロさんと一緒に和歌山港まで。
なんやかんやとお話しながら、楽しくドライブ。
 
和歌山港に近づいた時、ふとあることを思い出しました。
 
そういえば、トライアルを始めたKomorebiのマスターさん、アフロさんの動画観てるって言ってたよなって。
で、アフロさんに了解をもらい、サプライズとしてKomorebiへ。
駐車場に入れようとした時、マスターが
「すみません、もうお見せ終わりました・・・」と顔を出したときに、
「マスター!」と僕が言うと、気付いてくれて、アフロさんを紹介。
その後、トライアル談義・・・
アフロさんの話、勉強になりました(^^)
マスター、お忙しいところ有難うございました。
アフロさんも今回のサプライズ、快く引き受けて下さり有難うございます。
 
フェリーの時間も近づいたので、和歌山港へ。
アフロさんとお別れをして帰宅。
 
楽しい一日でした(^^)
 
運営してくれたQKさんをはじめ、みなさん、ほんとにお疲れ様でした!
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭クラクラ、みぞおちワクワク

僕が中学から高校にかけて大活躍した伝説のバンド。


YMO(Yellow Magic Orchestra)
 
CMに出てきたTechnopolisという曲。
僕には衝撃的でしたね~。
 
シンセサイザーっていうテクノロジーの塊の楽器を駆使して演奏する。
その中にはコンピューターも使われ、理系男子には刺激的すぎる音楽でした。
 
レコードを買って、毎日のように聴いてましたね(^^)
 
単に彼らの音楽が好きだというだけでなく、彼らの音楽の根底の様々な音楽を知ることになり、ある意味大きな影響を僕に与えました。
 
阪本龍一氏のサウンドストリートっていうFMの番組も欠かさず聴いてましたし、そこで紹介される音楽に興味持ったりとか。
 
さらにツアーメンバーだった矢野顕子さんが大好きになり、コンサートとか行ったりとか。
実は、息子の名前って矢野さんと関係がある名前でして(^^)
 
僕の基礎を作ったと言っても言いすぎじゃないほどの影響を受けたYMO。
 
なのに、なのに、一度も彼らを生で見たことが無いんです(^^;
 
一度、高校生の頃、京都でコンサートがあるとの情報で、「絶対行く!」と心に決めてたところ、そのコンサートが中止になって・・・
 
そんなこんなで三十数年・・・行ってきました、YMO楽器展(笑)
コンサートじゃないです。
 
梅田LOFTでの開催です。
といっても今日で終わったんですが。
 
LOFTっていつ以来ですかね~。
なんとなく覚えているような覚えていないような・・・最近はスマホというモノがあるので道を確認しながら行けるので便利ですね(^^)
 
大阪駅からほどなくLOFTへ。
すぐさま、会場へ。
 
150411ymo
 
入場券買って入ると・・・(一部を除いて写真撮影OKでした)
 
150411
 
おぉぉぉっ!
最初のワールドツアーのステージぢゃないですか~!
って心の中で叫んでました(笑)
 
150411_2
 
ん?何やらスタッフの方がコンピュータで何やら調整中のようですね。
流れてる曲は「Behind the Mask」
 
150411_3
 
しかし、この人、どっかで見たことあるなぁ?って思ってたんですが、後で凄いことになるんです(^^)
 
歴代のレコードジャケットなんかもあったり。
メンバーのサイン入りの「BGM」のジャケットなんかも(^^)
 
150411bgm
 
会場自体はそんなに大きくなく(むしろ小さい)、みどころはほぼステージセットのみ。
なにやらスタッフが、そのステージセットでゴソゴソ動き始めて、ステージツアー開始とのこと。
えっ?何それ?という感じで別にそれ専用にチケットが必要だと。
で、後ろからも楽器たちを見たいので、もう一度チケット購入場所へ。
入場券を既に買っているので、ステージツアー分足せば良いとのことだったんですが、この回のツアーは締め切り。
止むなく13時からのツアーを申し込んで、午後から再訪するべく昼食へ。
近くのお蕎麦屋さんでねぎせいろを食べて、ちょっと時間があったので、スマホで近くの自転車屋を検索。
 
あ、ここが近いんや・・・ってなことで・・・
 
150411_4
 
ウエパーさん。
 
ロードメインなんですね。
当然、トラに使えそうなものはほとんど無くて、触手は動きませんでした(笑)
 
で、13時前には再び会場へ。
ステージツアー、今か今かと・・・
 
ステージツアー開始!
近くで楽器みられる!
写真撮りまくり・・・スタッフさん、メモリー使いきって下さい(笑)って。
 
ただ、後ろ(メンバー視点)から楽器を見るだけと思ってたんですが・・・突如後ろから・・・
「松武です」
と。
ん???
あ、あーーーって心の中の叫び。
 
松武秀樹さん!
 
YMO第4のメンバー、コンサートで大きなシンセサイザーとコントロールしているコンピュータープログラマー。
 
松武さんが各楽器を解説という、なんとも贅沢なツアー!
いやあもう、何が何だかの状態ですが、解説を聞きます(^^)
 
まずは矢野顕子さんの楽器。
コンサートでは奥の右側。
 
150411_5
 
オーバーハイムとプロフェット5。
いやあ、高校生の頃、憧れましたね~。
キーボード弾けませんが、カッコいい。
でもとっても高いんですよね。
とても普通の高校生には手がでませんでした。
 
手前にちょこっと写っているのが、チューナー。
細野さんのベース用らしいです。
普通、Aの音でチューニングするんですが、なぜがD#とか。
理由はよくわからないそうです。
 
続いて松武さんのMOOG。
通称、タンスと言われている大型のシンセサイザー。
 
150411_6
 
なんか凄いです。
というか理系心を刺激してくれます。
当時はハードディスクはおろかフロッピーも普及してなく、プログラムはカセットテープに録音されてます。
普通に聴くと「ピーガラガラピー・・・」といった音がするんですが、これがプログラムだったんですね。
ダウンロード時間は曲の時間と同じで・・・一曲ごとにダウンロードされてたそうです。
音色の調整とかは、タンスのつまみを回して調整・・・頭の中に入っているそうです。
今なら、色んな事が自動でできるようですが、当時はかなり手作業だったみたいですね。
コンサートでは、いつも次の曲の準備をしていたそうで、一緒にできるのは最後の曲だけというのも初めて聴く話でした。
実際に、このタンスを使ってデモもしてくれましたよ(^^)
 
続いてギターの渡辺香津美氏。
 
150411_7
 
コンサートでは、YMO3人とは対極で、ロックを彷彿させるパフォーマンスでしたね。
実はこの日の次に日にゲストとして、松武さんとパフォーマンスするとのことでした。
みたかったなあ~。
 
そしてYMOの3人の楽器。
 
坂本龍一氏。
 
150411_9
 
奥にあるのがPOLYNOOG(下)とアープオデッセイ(上二つ)。
左はヴォコーダー。ロボットヴォイスを作る楽器ですね。
POLYMOOGは、一つの鍵盤に一つの基盤なのでポリフォニックな音が出ます。
当時は、単音しか出ないシンセサイザーが多く、一度に多くの音が出るってのは凄かったんですね。
昔持ってた本に、これの値段が書いてあったんですが、100万円以上してました。
 
 
150411_8
 
POLYMOOGの下にはペダルがあって、坂本氏はこれを駆使してたそうです。
結構テクがいるとのこと。
左側の大きなペダルがヴォリュームで右側の大きなペダルはピッチだったかな?
でもエレクトーンやっている息子の方が足技すごいかも(笑)
後ろにも色んな装置があって、これも色々使っていたそうです。
 
1504115
 
右側には坂本氏サイン入りのプロフェット5。
緊急用だそうで、あまり弾くことはないとのこと。
 
高橋幸宏氏のドラムセット。
 
150411_10
 
シンセサイザードラムがありますね。
結構楽しい音がします。
 
ベースの細野晴臣氏。
 
150411_11
 
アープオデッセイですね(^^)
シンプルです。
 
最後には松武さんと一緒に写真とって、握手してもらいました。
感激です。
 
至福な時でした(^^)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

告知20150412

4月12日(日)の午後2時くらいから某O公園で練習してます。

宜しかったらどーぞ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃源郷を走る、自転車で

土曜日。

いつもの公園に立ち寄ると桜が満開。
 
150405
 
お花見している人もちらほらと(^^)
春ですね~。
 
息子さん、ちょっとボルダリングにはまってる?
前週に行ったWABO。
ホールドチェンジで無くなった課題の変わりに、僕がアップで登ってた課題にはまりまくり(笑)
そればっか、やってました。
晩御飯食べてからのトライもむなしく、よれてしまって悔しさ一杯。
ま、この日の収穫は、スタッフのUtageさんとの会話。
息子とも色々話してくれました。
Utageさんのchootoku論というか、僕とはこういう人なんだと。
息子に熱く語ってくれました。
なかなかこういうこと聞く機会ないですからね。
いずれにせよ、独特らしいです、僕は(笑)
 
で、土曜日、リベンジするべく、またしてもWABOへ。
オーナー、タジー氏喜んでくれます(笑)
 
とりあえず、集中力を高めるために2時間限定で。
・・・やはりゴール落ち。
一番、悔しいですね。
てか、ここが一番難しい。
 
スローパーチックなホールドと、ガバと思いきや、案外かからないホールド。
腕力無い息子、力ずくではダメです。
それに息子の動きみてると、手足バラバラでして・・・上手く力が伝わってないというか。
 
そこで、色々レクチャー。
理屈で考えれば、と。ここは僕と似ていますね~。
なぜ、非力な女性が登れるのかとか、何やらかんやらと、腕力だけじゃなくて重力が脚にかかるようにホールドに上手く乗っかって、脚の力を使って、腕を使って登るんだと。
 
スタンスも予め決めて(脚自由課題なので)、無駄なことはしないように・・・
それが効いたのか、ゴールできました(^^)
 
で、またしても新たな課題・・・ゴール落ち。
またWABOに行く理由ができてしまいました(笑)
 
そして僕は夜もスクラッチでクライミングです。
いつものごとく、ヘロヘロでした。
「肘ロック!」
今年の流行語大賞とるかな?www
 
 
で、本題です(笑)
 
日曜日。
朝、雨がしとしとと降ってました。
 
前日に車に積んでおいたロードバイク二台。
雨なのにピンクリボンサイクリングのイベントに出るために一路粉河へ。
 
荒天の場合でも室内イベントがあるらしいので・・・一昨年のように参加人数が少なくて景品総当たり、みたいにならないかな?って思いつつ(笑)
で、もうひとつ、ゲストの方を生で観たかった!という思い。
いやあ、一昨年の時もゲストだったんですが、体調が悪かったそうで、参加されてなかったんですよ。
そう、自転車界では有名なあの女性サイクリスト・・・というかサイクルライフナビゲーターという方。
絹代さんです(^^)
実際、おきれいな方でした。
一応、共通の知り合いがいるので、お話できればと邪な気持ちでもっての参加です(笑)
 
集合場所に到着すると雨は上がり、良い感じ。
バイクを2台分組み立てて準備万端。
一昨年は、雨もあって、やるのかやらないのかギリギリだったため、組立が遅くなって出遅れ・・・そののち警報が出て撤収という顛末。
 
今年は、出遅れることもなく準備は完了!
 
受付を済ませ、開会式の会場へ。
 
150405_2
 
左にある白いバイクが絹代さんのもの。
サイクリング終了後に近くで見ることができたのでパチリ。
 
150405kbike
 
さて今回もTeam KOTOMANは健在です(笑)
 
150405teamkotoman
 
開会式が終わり、自由コースのAコーススタート!
スタンプラリーです。
決められたお店でスタンプをもらっていきます。
 
150405_3
 
まずは九度山方面へ。
 
最初のお店、伊咲亭へ。
若干迷いつつも、なんとか到着。
このスタンプラリーでは、1000円分のチケットくれて、そのお店指定の100円の商品を買うことができます。
ここではアイスクリーム・・・思わず休憩~(笑)
 
150405_4
 
おいしかったです(^^)
 
そして東へ東へと道の駅くどやまに到着。
先週のオヤジたちとのサイクリングで既に予習済み(笑)
バイクラックの場所にバイク停めて、パン屋さんへ。
ここでお昼ご飯と・・・美味しそうなパンを選んでレジへ。
「ピンクリボン指定のパン、ありますか?」と。
「えぇっと、残念ながらありません」とレジの方。
ということで、チケット使えず・・・ま、美味しいパンだったんで良しとしましょっ。
 
150405_5
 
パン食べながら、息子が「もう少しペース上げてもいいよ」と。
大人のサイクリストも抜いていくペースで走ってるんですが、余裕シャクシャク(笑)
「じゃあ」といいつつ、
ペース上げんのシンドイなあとも思ってみたり(笑)
ちょっと成長を感じたりすます(^^)
 
続いて柿の葉ずしのお店ではスタンプだけもらって、続くいこい茶屋さんでは草餅を堪能。
浪速堂さんでは、きなこ団子をお持ち帰りして・・・このあたりでもう一人のゲストさんご一行とご一緒な感じに。
この方も女性で、インドアバイクというトレーニングのインストラクターさん。
なはず(笑)
 
ここから牛乳が飲みたいがために、木村牧場へと爆走!
何度もサイクリングロードを入るタイミングを逃し(笑)、結局国道24号線を西へ。
ちょっとわかりずらいところだったんですが、なんとか発見して、牛乳ゲット!
 
もうあまり時間が無かったので、とりあえず「めっけもん広場」を最後にしようと。
ほんとは藤藤庵さんまで走りたかったんですが、チェックポイントごとにまったりと休憩してたら、そりゃ時間が無くなりますよね~。
「めっけもん広場」に向かう途中、雨が。
段々強くなり、時間もないことから、後2kmほどのところでUターン決定。
折り返し来た道を走って会場へ。
 
バイクを解体して(といっても前輪とサドル外すだけなんですが)、車に詰め込み、受付へ帰着報告。
ラーメンを食して、抽選会に臨みます(笑)
 
で、当たりました(^^)
 
150405_6
 
龍神温泉、ペア入浴券・・・いつ行こう?
 
とにかく怪我もなく、無事に帰ってこられました。
だいたい距離としては51kmほど。
ま、グルメ(?)しながらではこんなもんですかね?
しかし、チケット、結構あまりました。
こりゃあ、次回出るときは、お土産分も買って消費しないといけませんね。
 
そういえば、桜も桃も綺麗だったし、九度山のこいのぼりも壮観だったし・・・と思いつつ、写真は一枚も撮ってませんでした(笑)
これも宿題ですね。
 
で、絹代さんとは結局お話できず・・・抽選会で名前を読んでもらっただけです(笑)
これもまた宿題?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »