« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

業務連絡♪

9月6日土曜の午後あたりから、毎度おなじみO公園でトライアルの練習します!

 
ご興味のある方、お暇な方、練習したい方、お話したい方、は来て下さいね~。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

最強(?)トレイルバイク誕生(笑)

前の週末は雨が降るものだと思って、外で自転車乗れないなぁっと思って・・・・

 
以前から、ちょっと気になってやってみたかったことを実践してみました。
 
FBではちらっと見せているんですが・・・
 
140827giant0
 
以前乗っていたトラ車、GIANT TRIALS PRO 26inをMTB仕様にしてみました。
単純に、現代のトラ車に近づいた(一昔前の) このバイクにサスとか付けたらどんな乗り味になるか興味があったんです。
うーん、結構、MTB]としては特異な形状のフレームですが、なかなかかっちょいいって自分では思ってます。
 
ま、単純に前のMTB(これもフレームは二昔前のトラ車)のパーツを入れ替えただけなんですけどね。
 
この状態で、ちょこっと乗った感じは、前のMTBよりトラ的な動きが明らかにし易いですね。
少し、軽くなっているし、担ぎも押しも少しは楽になるかな?
 
ただ、この状態だとアプローチが大変なんで・・・
 
140827giant1
 
長ーいシートポストを付けてみました(^^)
なんか、小径車みたいになってますね。
しかもシートチューブが曲がっているので、シートポストが入る部分が短い!
そういうことで、なんとなく強度的にも不安ではあるんですが(アマゾンで有名なドッペ○ギャンガーというブランドのシートポストww)、まあ、折れたとしても立って乗るのは慣れているので良いとして(ほんとはよくない)、シート高の調整幅がほとんどないんです。
状況に応じてシート高調整したいですしねぇ。
で、こりゃあまずいと思って・・・
 
140827giant2
 
短いバージョンをつくってみました。
(実は最初の写真とシートが違うだけでシートポストは同じ)
 
長いのと短いの、状況により使い分けです。
(ほんとは短いのはもっと短くしたいんですけどね)
持ち運んだりもきっとできるはずです(笑)
 
もうひとつの欠点として、シートチューブが異形な形状なので、フロントディレーラーを取り付けることが難しい・・・って出来ない!
 
140827giant4
 
一応、前は二速なんですが、手元で変速できません(^^;
なので、手動で変速です。
決して輪人さんのマネをしたわけではありません(笑)
 
ということでアプローチはミドルで、山ではインナーで・・・という感じで、急なフロントの変速には対応出来ない仕様となっています(笑)
 
そしてお決まりのダブルブースター。
前のMTBとは違った形で納めてみました。
というか、この方法でないと取り付けにくかったんです。
 
140827giant3
 
 
長いシートポストバージョンで走ってみたんですが、ちょっと違和感。
ぺダリングする一が違います。
地面からシートまでの距離は申し分ないのですが・・・BB上がりの影響みたいです。
 
このフレーム、BBアップではないのですが、現代トラ車まではいきませんが普通のMTBとは違い、BB上がり(下がり)が0なんです。
 
もう少しポジションをイジッて快適にアプローチできるようにしたいですね~。
できるかな~???
 
ま、そういうことで、面白そうな、僕的には最強のトレイルバイクが誕生したという訳です(笑) 
 
でも、あまりにも変速が煩雑だったら、即、前のMTBに変えます(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

しゃ~ぼんだ~ま♪

昨年からお手伝いさせてもらっている職場OBのMさんがやっている子供向けの「おもしろ科学教室」に金曜日行ってきました。

 
そ、Mさんって和歌山じゃサックスプレイヤーとしても名が通ってる方です(^^)
前回は、それにちなんで「音」を題材にした実験だったんですが、平日の開催ということで行けず。
ちょっと、息子とのセッションも期待していたり(笑)
 
仕事を退職される前にこの教室のことを知って、是非お手伝いさせて下さいとお願いしました。
理科教育という点からはもちろん、実験を通して子供たちの目がキラキラと光るのを見ると、自分自身にも勇気をもらえるって言うか、ほんと、自分もワクワクしてしまうんですね。
 
いつも息子とお邪魔させてもらっています。
息子は中学校で理科クラブに入ってるんで、うってつけかな?ということで(^^)
で、今回で3回目のお手伝いです(Mさんとしては6回目)。
 
いつもとは違う場所なんで、ちょっとドキドキしながら行ったんですが、今回お手伝いしてくれる高校生のYくんが声をかけてくれて、ちょっと安堵です。
 
今回のテーマは「巨大シャボン玉を作ろう」。
子供たちも15人ほどと結構な人数。
小さい子から大きい子まで・・・幅広いので、説明が難しいですね。
 
この教室は、で○じろー先生がやるような科学ショーではなく、自分で実験するってのが味噌。
巨大シャボン玉をつくるための、配合条件を自分たちで見つけ、道具もつくるのが今回のミッション。
 
まず小さなスケールでシャボン玉の膜を強くする洗濯糊(ポリビニルアルコール)の量を決めます。
もうひとつ、大きなシャボン玉をつくる道具も自分たちでつくります。
 
そこから、5リッターくらいになるようにシャボン玉の原料を混ぜて、道具を使ってつくります。いわゆるスケールアップです(笑)
 
ちょっと、雨模様だったんですが、巨大シャボン玉をつくる頃には雨が止んで、外での実感が気持ちよくできました。
 
140822
 
(↑)息子がお手本を見せているところです。
 
いやあ、すっかり講師は息子とYくんに任せて、僕は楽しんでおりました(汗)
 
 
この教室では失敗はどんどんして欲しいと考えています。
Mさんの長年の仕事で培った考えなんでしょうね。
これは僕も大賛成です。
僕がこの教室を手伝いたいって思った大きな理由の一つです。
単に見るだけでなく、自分の手を動かし、考え、失敗し、成功への道筋を考える。
 
失敗というのは、そこには自分の目的の方向ではないことを教えてくれる「成功」です。
失敗を多く重ね、そこを黒く塗りつぶしたとき、白い一筋の道ができたとき・・・それが目指すゴールだと。
また、失敗と思っていても、見方が違えば成功っていうこともありますからね。
失敗って大切なんですよ。
そういう意味では失敗に寛容である社会である必要があると思ってます。
答えがあるかどうかわからないことをやるときは、特にそうだと思います。
こうやって、色んな事が進化してくるんだと思います。 
 
昨年の息子の自由研究。
学校から選ばれ、市のみならず県の方にも選ばれて展示させていただきました。
実はこの自由研究、テーマを完遂していないんです。
ただ、目的を達成しようとするプロセス、そして成功してないけど、次どうやるかを考えた、たぶんそこが評価されたのかな?って思ってます。
そういう意味では、ちゃんと「失敗」の意味を理解している教育者がいるということは、まだまだ大丈夫かなって僕は思っています。
 
ネットとか色んな情報が子供たちの周りには溢れていますが、失敗とかの経験を通じて自分自身の肌で「何か違う」とかを感じて、その情報の適/不適を判断できるようになってほしいですよね。
 
まあでも、あまりにも失敗が続くのはほんとは嫌なんで、ほどほどにしたいですけどね(笑)
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新たなる出会い♪

土曜日に実家から帰って、いそいそと身支度してMTBを車に積んで某所へ。
 
けんきちさん達の「テク練」参加です(^^)
まあ、自転車で行ける場所なんですが、時間も終了時間間際なので、顔出しだけでもと思いなるべく早く着くようにと。
 
駐車場に車を止めて、練習場所へ。
ま、練習場所のすぐ近くの駐車場だったんで、あっという間に到着なんですけどね。
 
人数は7-8人くらい?
僕と同じく、新しく参加された方も2名ほど。
 
そうそう「テク練」ってのは、MTBで山を走るためのスキルを身につけようと、けんきちさん達が始めた自転車テクニックの練習会。
 
和歌山のMTB乗りの方々のブログを探しているときに、彼のブログを発見。
僕がよく行くNG山を拠点に走られていて、自転車をいじるとか、テクニックを練習されているということで、何度かコメントさせてもらってました。
 
昔、自分がオートバイで山を走ってた時もそうなんですが、ハイカーの方々、地元の方々に少なくとも悪い印象を与えないように、出会う人に会釈とかをして走るというように、マナーというのを大事にしていました。
それに加え、山で事故無く走破できるように、慎重に走ることはもちろん、不意なトラブルにも対応できるライディング・テクニック(あまり出来てませんが(^^;)というのを意識してました。
 
和歌山のMTB事情は詳しくはわからないのですが、少なくとも僕が走っている山は、ハイカーさんとMTBerの方々との関係はすごく良好だと思います。
これもosatohさんをはじめ、先人たちの努力の結晶だと思っています。
 
ただ、ひとたび事故が起こると、MTBの締め出しという機運が出てくる可能性も考えられます。
そういったことが起きないようにすることも大事かと。
そのような意味で、危険回避できるテクニックというのも大事なのかなと思っています。
(MTB版ウイラースクールみたいですね)
 こういった観点からみるとテク練は大事なことかなっと思います。
 
ま、そういう硬いことは抜きにしても、楽しく、安全に走るためのテクニック(バイクコントロール)を習得するのは面白いことですしね(^^)
それとカッコいいし。見た目大事です。
 
それと、トラ練ではトラ車に乗りたいし、かといってMTBも乗りたい(練習したい)。
なんて思っていて、テク練面白うそうだなと・・・けんきちさんのブログに
「テク練参加したいっす」
とコメント(笑)
 
ということでワクワクしながらの初参加です。
参加されていた方々とご挨拶。
同じ会社のKNSさん、なんとブログでコメントしたこともあるトランスさんも(^^)
いやあ、世間狭いっすねぇ。
 
流石、テク練されているだけあって、皆さんトライアルに興味津々でした(^^)
スタンディングのコツとか、練習方法。
シーソーバランス。
オットピの質問も出たり・・・マニアですねぇ。
ジャックナイフ、ジャックナイフターンとか。
などなど披露しながら、解説とか。
ちょっと先生状態なんですが、皆とワイワイやってるのって楽しいです。
質問されて気付かされることも多いので、勉強になります。
 
自分がどうやって練習してきたか?っての大分忘れてしまっていますが、色々思いだしながら話しをさせていただきました。
楽しく練習できる方法、思いついたら実践していきたいですね。
地味なこともワイワイとやれば楽しいですし(^^)
 
僕もまだまだサスを使うとかMTB特有の挙動を上手く扱えていないので、皆さんと一緒に遊んで少しでも進化したいですねぇ(^^)
 
また集まりがあったら宜しくです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰省は懐かしさ一杯

お盆休みの間、天気が不安定でしたねぇ。

出かけても急に雨が降ったり、止んだりと・・・
 
海南夢ふうりんまつりの後、実家の方へ帰省してました。
母親からの頼まれごとがあったんですが、この雨で実現せず・・・
また帰省したときにでも。
 
恒例のGlitter Tuneさん参りへ(笑)
今回もためになるお話を聞かせてもらいました。
 
 
そしてある意味、今回のメインイベント、久しぶりに旧友たちと会ってきました。
18-20歳のときに出会って、共に芝居をやり、実に30年以上のお付き合いです。
高校とかは違うのですが、友達の友達って感じでつながっていって・・・なかなか濃いメンバーです。
芝居を止めてからも、年に一回はBBQとかを開催して会ってたんですが、ここ7-8年会えなかったので、帰省したついでにどう?ってなことで声をかけてもらって実現。
今回は僕を含め5人集まりましたよ。
 
皆、50過ぎのおっちゃん、おばちゃんですが、まあ会話の内容とかリアクションが、20代から変わらずで・・・(^^;
今でも芝居に関連したこともやっているメンバーもいるので、懐かしい話もあったり。
140817
美味しい料理をいただきながら、ほんとひたすら爆笑でした。
 
娘と嫁さんが京都水族館へ行っている間、僕と息子は別行動で、息子を連れて行きたかったところへ行ってきました。
僕の母校と嫁の母校です(^^)
 
久しぶりに界隈を歩いたんですが、大分様変わりしてますねぇ。
でも昔からあるお好み焼屋さんの看板があって、ちょっとノスタルジックになったり。
当然、夏休みなんで、研究をやっている院生とかがいるくらいで、閑散とした構内。
僕が学生の頃には居なかった(と思われる)守衛さんがいて、不審者と思われるのも嫌だったので、「卒業生です。見学してもかまいませんか?」と聞くと、笑顔で「どうぞどうぞ」と・・・おまけに大学のパンフレット(入試案内)まで頂きました(笑)
きっと息子のためにくれたのかも知れませんね(笑)
構内に入って、色々息子に説明・・・昔はこうだったんだとか。
高校までずーっと開校10年以内の学校に通っていたので、こういう長い歴史のある大学とかがある意味新鮮でした。
当時は、結構古い建物が残ってて、逆に危ない建物もありましたたよ。
建物は新しくなったりしているんですが、古いのも残ってました。
その中に、有形文化財に指定されているものも。
 
で、そこから歩いて嫁の母校へ。
途中、こんな懐かしい風景も。
140817_2
五山の送り火「妙法」の「妙」です。
確か、「法」の方だったかと思うんですが、ほぼ毎日研究室の窓から見てましたね。
ちょうど、この日は送り火の前日。
準備されてました。
当日は大雨の中、送り火が行われたようですよ。
 
ほどなく、嫁の母校に到着・・・するものの女子大なので中へは さすがに無理でした(^^;
なので、門の前で写真を撮っただけです。 
 
この後、京都駅に行って、嫁、娘と待ち合わせ。
その間、伊勢丹のコーヒー屋さんで息子とまったりです(^^)
夕食後、家族でお墓参り。
夜のお墓参り、涼しいのは良いんですが、スリリングでした(^^;
 
弟家族も実家へ集まりました。
なにやら車から降りてきた異様な(笑)男性・・・甥っ子
髪の毛を緑色に染めてました(笑)
いや、そんな髪の毛の色ですが、とても真面目な大学生ですよ。
訳があって、この時期にこの髪の毛の色なんだそうです。
 
そんなこんなの帰省でした(笑)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢ふうりんまつり1/2

ここんとこ、週末は大雨だったり、台風だったりで。

夏休みに入ったものの、自転車の計画はダメダメな感じです。
台風11号に至っては、我が家の庭にあるミモザの木の枝(結構太い)がポッキリと折れてしまい、その処理が大変でした。
 
ということで、今日、昨年一昨年と参加した「かいなん夢ふうりんまつり」のスタンプラリーに参加してきました。
140812_4
当初はもっと早い時期に走りに行こうかと思ってたんですが、週末の雨、台風でダメで、昨日は、あのシルク・ド・ソレイユのOVOを観に行ったため行けずで・・・開催日で行けるのは本日のみ。
しかし、昨日の予報では午前中雨!
確かに朝起きたら、降ってました・・・が午前中に雨が止み、午後から出発可能。
なんですが時間的な関係でいつもの半分のコース。
でも、その半分を走れば、完走証と抽選ができるので、なんとなく達成感が得られるんです(笑)
 
最初、息子とともに走り始めたのですが、息子、お腹の調子がどうもイマイチらしく、止まったり、トイレに駆け込んだりと・・・ということで、第一チェックポイントに到着しないで帰宅。
実質的なDNSでした(^^;
 
とにかく、僕は走りたかったので、まず第一チェックポイントの國主神社へ。
いつも、ここで迷います・・・
結構、和歌山市と海南市との境界で、和歌山市をうろちょろ・・・これがいけなかったんですね。
一旦、海南市に出て、和歌山市方面へと走るとわかりやすいことを発見!
これで國主神社に到着できました。
次はきっと大丈夫です。
・・・しかし、走行時間の半分くらいが國主神社を探すとは思いもよりませんでした(笑)
 
続いて且来八幡神社。
ここは覚えているので・・・と言いつつもちょっと間違えました。
ここは坂がきついです。
しかも、直前まで雨が降っていたので、苔が滑りそうで・・・で、ほんとはグリーチングで滑りました(笑)
途中、右脚ふくらはぎを攣りながらも到着!
140812
続いて宇賀部神社。
途中から参拝道の看板が出ているのでわかり易かったです(^^)
140812_2
ここから、次は岡田八幡神社へ。
若干、入口を間違えつつも難なく到着。
 
あっ、写真撮るの忘れてました。
 
続いて中言神社。
140802
そして紀州漆器うるわし館からのJR海南駅の「かいぶつくん」のゴールへ。
 
完走証いただきました(^^)
140812_3
ま、例年なんですが、単にスタンプを押すだけでなく、ちゃんとお参りもしています。
家族の健康を願ってですね。
 
しかし、一人で走ると、やっぱりペースが速くなりますね(と言っても遅いんですが)。
なんで気温的にはそれほど暑くはなかったんですが、汗だくでした。
来年はちゃんと息子と走ろうと思います。
その前に、天候が問題なんですけどね。
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Bikeless

雨の週末でした。
 
まあ、ここ最近、腰痛が再発していたので休めたのは良かったんですが。
(実は常に腰痛なんですが、年に数回ひどくなることがあって、今そういう状態です)
と言いつつも、クライミングはちょこっとしたんですが(笑)・・・結局、一回もゴールできず(T_T)
それもあってストレスフルな週末です。

有田のHさんの息子さんのしんやくん。
今、UCIのWorld Youth Games(WYG)のプッシンクラスに参戦中。
ポーランドです。
昨年から始めたばかりのトライアルですが、あれよあれよという間にプッシンクラスのトップまで登りつめました(^^)
晴れて日本代表となって参戦ということです。
出会ったときは、まだスタンディングもおぼつかなかったんですけど、あっという間ですね~。

 
FBに参戦の情報が逐次流れてくるので、やっぱり気になりますよね。
彼らの先輩にあたる隆太くんは、自分のことのように「緊張する~」ってなことも。
いやあ、こっちもワクワクドキドキです。
 
実は当初の予定では、うちの息子も今頃はトライアルで世界を闘ってたはず・・・って14年前に妄想してました(笑)
ライバルは、けんたくんって勝手な妄想(笑)
ウチの息子と同じ年の子供たちが頑張っているの見ると、ほんと応援したくなりますよね~。
 
それで、最新の情報では、しんやくん、決勝進出で、最終的に11位という成績を残してくれました。
世界11位です!
ほんとに凄いことですよ(^^)
 
2年続けて和歌山からトライアルで世界へ。
ほんと思ってもみなかったことですよ。
 
さて、その先駆者のTomoくんの最新ビデオが届きましたよ。

https://www.youtube.com/watch?v=MmnaJdvuGgM

チェーンレスでよくもここまで。
ブレーキのタイミングとボディアクションだけでここまでできるんですよね。
チェーンついててもできませんよ、普通。

TomoくんはChainless、僕はBikelessな週末(笑)
似ているようで似てませんね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »