« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

ケイナワ

最近、イベントとなると雨が多かったりします。

本日もそうでした(^^;

 

京奈和自動車道紀北東道路の紀の川東ICからかつらぎ西IC間開通記念のサイクリングイベント。

前日までの天気予報は雨・・・当日も雨・・・

中止の場合はHP上で連絡とのことだったんですが、記載なし。

てことで、濡れるのを覚悟で集合場所まで行きました。

もしかしたらやってないかも・・・も含めて。

天気が良ければ、集合場所までは息子とともに自走の予定だったんですが、さすがにここは近くまで車で行きました。

紀の川市役所粉河支所が駐車場の一つとして指定されていたんで、そちらへ向かうと、一人の方が自転車の準備をされて向かわれるところでした。

とりあえず駐車場に車を置いて準備をと思っていたら、雨が強くなってきて・・・雨雲レーダーを見ていると、この先雨足が強くなりそう・・・走るべきか否か・・・という判断を躊躇してました。

息子から「高速道路走れることなんてほとんどないから・・・」という言葉で、「行けー!(笑)」って準備開始。

ここからイベント会場まで坂をエッチラオッチラと登って行きます。

 

会場に着くと、十数名の方が居ました・・・雨なのに皆さん変態ですね。

140330

息子、テントから滴り落ちる雨水をすくって遊んでいました。

ま、ここは子供なんで雨でも色んなことして楽しめてますね。

自転車も雨ざらし(^^;

140330_2

帰ってからのメンテ、大変そう・・・(笑)

さて時間となり、サイクリングの時間。

140330_3

来賓の方々の挨拶、どうでもいいから早くして~という心の叫びが聞こえたのか、早々に出発!

 

新しいこともあってか、高速道路って走り易いですね~(^^)

ちょっと滑りそうなところは、滑り難いように木の板で覆って、走行に配慮されていました。

スタッフもかなりの数が配置されて・・・参加者よりも多い・・・雨とういことを差し引いても、とっても快適でしたよ。

ただ、雨なので時間短縮だったので、のんびりとはいかなかったので、景色とかを堪能している余裕は無かったです(^^;

それでもちょこちょこと景色はみてたんですけどね。

僕たちは、たまたまママチャリで参加していた少年と3人で走行、みたいな感じで走ってました。

いや、別に申し合わせた訳ではなく、なんとなく同じ走行ペースということだったので自然と。

そういう意味でママチャリの少年、速かったです。25km/hのペースで走っていたんですからね。

で片道5.5km、往復11kmを走り終えて、そのまま終了~。

駐車場まで帰って、後片付け等を済ませて、いつでも出発準備OKになったとき、突風と大雨。

ほんと自転車走っている時じゃなくて良かった~。

(駐車場の警備員さんも避難してました)

で、無事帰宅。

帰ってから自転車バラして水抜き。息子の自転車からジャバジャバ出てきましたよ。

 

ほんと走り易い道ですね。

こんな良い道で自転車道を作ってほしいもんです。

140330_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Test Ride @ トレイル

140329ng


NG山でたぶん今年初の鶯の声を聴きました。

春ですね~(^^)

ちまたではトライラーのトレイルライディングが流行っているようで。

Tomoくんも行ってきたみたい。

 

Heavt Toolsにフロントサスペンションを導入して、テストライドと称してトレイルを走ってみました。(^^)

いつものようにNG山なんですが、ちょいと変速機の状態がイマイチなので途中までの往復だけ。

140329ngtestride

でもサスの威力、わかりましたよ~。

下りだけかな?と思ったのですが、意外にも登りでも少しは楽になっているような感じですね。

そして下り。

いやあ、ピューって走れちゃいますね。

少々の段差は気にしなくていいくらい。

でも気にし無さ過ぎて、岩とかでリアでキックバックくらってしまいましたが(^^;

とはいっても、リアサスは必要はないですね。

ゆっくり走ればいいことですし(^^)

ほんと楽ちんでした。

これからさらに楽しくなりそうです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HT spec

三連休初日。

今日は変な天気でしたね。

雨や雪まで降って・・・

 

なので走らずに、自転車部屋(?)の整理とか、ママチャリのパンク修理とか・・・

実はママチャリのパンク修理って初めてだったりします。

後輪なので外すのが面倒くさいということで、よく自転車屋さんがやっている、後輪付けたままタイヤのビードを外して、チューブを取り出して水の中でパンク修理。

途中、雨とか降ってきたので、中断しながらも、終了。

その後は、HeavyTools(HT)のセッティング。

といっても確定ではないのですが・・・

まあ、カッコつけてサグ出しみたいなことやったり・・・これってシートの高さや位置とか乗り方で結構変わるんですかね??

僕みたいにシートを上げ下げして、トレイルとかトライアル的なこととかで、乗車時のサスの沈み込みが違うようで。

なので、シートを上げた状態で、トレイルライドを意識した時のサスセッティングという感じにしました。

ま、本当のところはトレイルとかで走ってみないとわからないかもですね。

 

で、リジッドフォークの時に付けていたステム。

サスを付けてから、ちょっと違和感?

もう少し、サスをダイレクトで感じた方がいいかな?って。

全然深い意味はないんですけどね~(^^;

二つほど短いステムを試して・・・90mm/6°のステムに決定。

ステム全体も上げるとイイ感じですね。

140321ht_7

このステム、実は以前乗っていたGIANTのTRIALS PROの完成車に付いてきたステムです。

今から思えば、マウンテンバイクって感じのステムですよね。

140321ht

前から見ると・・・

140321ht_4

ん?

KOWAのサスのはずが・・・MAGURAのサスに変更?

うそです。ステッカーチューンでした。

ここにも・・・

140321ht_6

MAGURA(笑)

一応、MAGURAのブレーキ使ってるんで・・・

 

1997年に購入したトラ車がこんな感じになりました。

今は、トライアル的なことと、アプローチも含めて山へのツーリングが快適に両立できそうな形に近付いてきたかなってところですね。

一応、参考のため?どんな構成なのかを列記しておきます。

 

フレーム:HEAVY TOOLS , Bulldog, 26in

フロントフォーク:KOWA AERIS 300 XC/100mm

ヘッドパーツ:?HEAVY TOOLSに付いてきたもの

フロントリム:ALLEX RIM

フロントハブ:Shimano XT

リアリム:ECHO アーバン 26in

スポーク(リア):CNスポーク

リアハブ:UNAUTHORIZED ディスクタイプ 48ノッチ

(フロント、リアリムともサンディング加工済み)

フロントタイヤ:TIOGA PSYCHO Ⅱ 26×1.95

リアタイヤ:KENDA NEVEGAL 26×2.1

コンポーネント(フロントディレーラー除く):Shimano ALIVIO(3×8速;現在フロントは2速に変更)

フロントディレーラー:?たぶんShmano

ボトムブランケット:たしかShimano, スクエアーテーパータイプ

ペダル:Shimano SAINT

サドル:San Marco(ロードバイクのお下がりw)

ハンドルバー:??(25.4mmΦ、680mm)

グリップ:BREV

ステム:FSA FR200(90mm/6°)

フロントブレーキレバー:Shimano ALIVIO

フロントブレーキ(Vブレーキ):TEKTRO

フロントブレーキシュー:Jagwire

リアブレーキ:MAGURA HS33リムブレーキ

リアブレーキシュー:自作(ウレタンシュー)

バッシュガード:RACE FACE(34T)

 

色々パーツを流用して遊んでます。

最近、リアディレーラーの調子がイマイチなので、良いのに換えたいという欲望もあったり。

ただ、フリーが8速まで対応なので、高価なコンポの換装は無理そうです。

後は、フレームが細かい傷だらけなので再塗装なんて良いかもです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

New HeavyTools!

さて、いきなり本題です(^^)

 

140319newheavytools


140319newheavytools_2


Heavy Toolsが変わりました。

フロントサス化とこっそりバッシュガード装着です。

かなり早めの誕生日プレゼントっていうことで(笑)

 

まだ、サグ出しもセッティングも出来てない、組んだだけの状態ですが。

チョイ乗りした感じでは、サスって気持ちいぃぃです(笑)

フォーク長が長くなったことで、なんちゃってアップBBにもなってたりします。

とは言ってもダニエルがやり易くなったと言う訳でもなく・・・

しかし、フォークの重量が少し重くなったにもかかわらず、意外と軽く感じます(とはいっても元々重いのには変わりなくですが)。

 

フロントサスはKOWA製で、Vブレーキ対応です。ストロークは100mm。

なかなかVブレーキ対応ってのが無くって、ようやく探し当てました(^^;

いや、別にVブレーキにこだわっている訳ではないので、将来的にディスクもありということで、ディスク台座も付いていますよ。

 

ヘッドパーツは、前のものを流用ということで・・・

140319kowa


まずはソーガイドをコラムに装着して適当な長さ(前のフォークと同じですが)に切断します。

140319


鉄ノコで切っていきます。

140319_2


あらかじめ、前のフォークから抜き取った下玉押しを装着。

内径30mmの塩ビパイプを使って、コンコンと入れて行きます。

140319_3


でスターファングルナットを装着して・・・140319_4


で、出来あがり(^^)

 

ま、素人なので、こんなもんでしょう。

 

これで少しは山ライドは楽になるかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有田遠征!

最近、恒例にしつつある山へのMTB散歩。

結構、登りがきついので少しは漕ぎと心肺機能の強化へとつながるものと期待です。

ちょうど山から下りて、先日のはしさんとのコラボのルートを確認したりして、偶然スクラッチ前へ通ったら・・・見慣れたダウンを来た人が・・・アキラ氏でした。

何やらタジー氏の新クライミングジムの建設のお手伝いにいくのだとか。

実はタジー氏のジム、ウチの凄く近所だったりします(^^)

隣の町内です。

なので、帰り途(というか家の前を通り過ぎて)、覗かせてもらいました。

壁の設計図とか見せてもらったんですが、イイ感じのジムになりそうです。

色々こだわりもありそうで、ジム開きが楽しみですね~。

午後からは息子とロードで走ったり。

途中、AGさんのステッカー貼った車に抜かされて行きましたが、AGさんの社有車なんでしょうかね?

夜はクライミングと・・・遊びに忙しい土曜日です(^^;

うーん、右ひじの古傷がまた痛み出してます・・・

 

 

さて本日 日曜日は、あれよあれよと決まった有田でのトライアル練習会。

有田のHさんがいつも練習されている場所です。

 

余裕を見て早めに出たんですが、意外と早く着きそうで・・・一人だと場所が特定しにくいので、とりあえずHさんに先行してもらわないと、携帯もつながり難い場所とのことで・・・ということで高速はゆっくり走りました。

いやあ、あれだけのんびり走ったの初めてかも(^^;

それでも時間があまりそうなので、途中無理やり休憩を入れて・・・到着。

既にHさん来ておられました。

1403091

うーん、なかなか良い場所です(^^)

こういった岩場は、和歌山市内ではないので、テンションが上がってしまいます。

オットピ、ホッピングし放題!

しかし、グリップ良すぎる岩の表面なので、僕のツルツルタイヤでも行けそう!

ですが、逆に行けそうじゃなかった。

荒れた岩表面なので中々セットも決まらず・・・それだけで疲れてしまいます。

 

僕とHさん、そしてたかさんが午前中からのライディング。

Hさんにコーステープ貼ってもらいますが、思うようにいきません(大汗)

病人並みの体力の僕は、午前中で既にヘトヘト。

 

おなか減ったのでお昼ご飯~。

140309

寒いと思ってたので、あったまろうとカップ麺を用意したんですが、暑いくらいでした(^^;

でも天気が良いし、ボーっと座って川を眺めているだけでも幸せな感じになります。

そんな感じで、乗ったり、本読んだり・・・という風に過ごせそうな場所です。

 

午後からは有田のライダー二人、御坊のOさん、Tomoくんと、賑やかに。

こんな場所にトライアラーがこれだけいるってのは、傍から見たら異様な光景かも。

といってもほとんど人が来ない場所なんですけどね。

1403092

ガレガレのセクションを走ったり・・・1403094

1403093

高低差の低いところから、高いところまで、色々取りそろえた場所で、飽きがきませんね。

普段ではなんてことの無い段差も、アプローチが悪すぎたり、ガレてたりすると いっきに乗れません。

でも、溜息とかじゃなくて終始笑いが絶えない練習会でした。

 

うーん、こういった自然、たくさん乗りたいですね。

自分の課題(だらけ)もわかったことだし、最近、こうすればどうかな?って思ってたこと、案外効果的かもと思い始めました。

セッティングの見直しですね。

 

しかし、比較的行き易い場所に、こんな良いところがあったとは!

Hさんご紹介有難うございます。

また、Hさんのご家族から、大福とコーヒーの差し入れを頂きました。

重ねて御礼いたします。

 

ほんと良い刺激頂きました。
 

この年になっても まだまだ上手くなりたいって思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »