« 業務連絡ww | トップページ | 今年初の跳猫会 »

STAP

朝起きたら凄いニュースがありましたねぇ。

新聞の一面、テレビのニュース。

STAP(Stimulus-Triggered Acquisition Pluripotency)細胞って、iPS細胞よりも万能度が高いそうなんですね。

この細胞の開発者は、小保方晴子さんという女性科学者。

しかもまだ30歳って、若い!

 

僕が学生の頃って、理科系の女性って一割くらいだったような気がします。

これで、理科系の女性がもっと増えるんでしょうね。

 

さて、今回の発見は、専門外の僕にはわからないことが多いのですが、報道とかの記事をみて、なんか色々妄想(笑)なんかしてみました。

 

当初、この発見がネイチャー誌に投稿されたとき、拒否されて「細胞生物学の歴史を愚弄している」との辛らつなコメントまで添えられていたとか。

ちょっと言いすぎなんじゃないの~って思いますよね。

そもそも、画期的な発見/発明ほど中々理解が得られにくいのもあるんですけど、どれだけこれまでの「細胞生物学」が万能で完璧だったのか教えて欲しいですよね。

科学ってのは仮説の塊であって、それ故、良心のある科学者は、明確な結果に対する考察においても「~と考えている」とか言うんですよ。

だから、常識は覆されて当たり前。それを楽しまなければ科学の面白い一面が無くなってしまうと思うんですよね。

しかも、今回の発見は、誰もがやっていた ごくごく普通の実験の、ちょっと誤差かなと思うような現象を、「常識」の尺度から離して考えた結果だと思うんですよね。

たぶん、先のコメントをした方は、誰もがやっていて気付かなかったことに、日本人の女性科学者が発見したので、悔しかったんでしょうね。

ま、愚痴っぽいことはこのへんにして・・・(笑)

 

今回の成果は、大雑把に言うと、細胞が強いストレスに置かれると初期化する(幹細胞となる)ことらしいです。

このへんのことで、ちょっと楽しい妄想をしてみました。

 

まず、生物ってストレス受けると逃げ出したいとか、あの頃に戻りたい(笑)って思うはずです。

それを細胞は、それをやってのけている。

感動です。

これを人間の人生論に当てはめてみると・・・

「人間、ひん死の状態になるようなストレスを受けると生まれ変わるんだよ」って。

なんかちょっと、当たっているかも。

 

それと、この初期化、スピードが速いようで。

こうなると、もしかすると生物の進化に対する考え方が変わるかも。

生物の進化ってには、ストレスにさらされると、その環境に適応できるように何世代かにわたって遺伝子レベルで変化しているようなんですが、そういった変化は一世代でも十分起こりうる。

いや、まさしく自分の身体でも、今どこかで幹細胞が作られているのかも。

(さきほど書いたブログが、消えてしまったためストレスが・・・)

 

意外にも速いスピードで進化しているのかも・・・それとも速い進化となるような細胞へと進化したのかなぁ?

一世代で、細胞の初期化、適応する細胞への変化ってのが進化の根幹だったりして。

ま、あくまでも妄想ですけど。

 

こういった成果をきくと、まだまだ細胞には秘められた能力があるんだなぁって思いますね。

そういった能力がこれからも発見されて、様々な難病を完治させる治療法が確立される日も近いかもですね。

 

それにしても開発者の小保方さん、割烹着姿で実験とは!

僕のハートが射ぬかれてしまいました。

|

« 業務連絡ww | トップページ | 今年初の跳猫会 »

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504936/59039769

この記事へのトラックバック一覧です: STAP:

« 業務連絡ww | トップページ | 今年初の跳猫会 »