« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

乗り納め会

もう12月、半分過ぎましたね。

今年も残りわずか・・・
ということで、乗り納めみたいな感じで久々のトライアルの練習会。
そういやぁ、今のメンバーと出会った当初は月2ペースでやってたっけ。
色々、忙しくなってあんまり集まっての練習会ってのが少なくなってきました。
 
まあ、仕方ないことですね~。
でも今回、前回のブログでも紹介した 和歌山の新たなるトライアラー Oさんとの出会いもあって久々に皆で乗りましょ!ってことでした。
そしてさらに前日に思わぬ展開があって、驚愕すべき練習会になってしまいました。
ほんと、一人で乗ってた頃からすると、涙がちょちょぎれるほど嬉しい展開ですね。
でも、そういった日に限って怪しい空模様(^^;
たかさんのときもそうだったし、Tomoくんのときもそうだったし、ひろさんときも決して良い天気じゃなかったし・・・
なんか神様に帳尻合わせされているみたい(^^;
昼過ぎくらいから雨が降ってきました。
今日の練習会では本日のスペシャルゲストのお一人、京都からKuranoさんが来てくれるので駅までお迎え。
トラ車で輪行ってなかなか斬新だと思います(^^)
Kuranoさん到着時の良いタイミングで、僕も駅に到着。
早速自転車を車に積んで、練習場所へ。
いつもなら混んでいる駐車スペース、雨なのでガラガラ・・・ちょっと得した気分です。
 
色々準備をしていると ほどなく、Tomoくん登場。
そして たかさん。
フロントブレーキ故障中とのこと。リアブレーキだけでの練習です。
で、で、で、思わぬ展開の方が登場・・・・本日のスペシャルゲスト、二人目です。
 
なんと飯塚隆太選手!(以下、親しみをこめて隆太くんと書きますね)
実は何年か前にワールドカップを転戦し、世界のトップクラスまで上り詰めた選手です。
以前、このブログでもちょこっと紹介させてもらったんですが、たしか11位だったかな?
もちろん、今もバリバリの現役ですよ(Tomoくんより一つ上?)。
 
うーん、凄すぎる・・・日本を代表するトライアラーが、トライアル過疎地の和歌山に!
まあ、ほんと見てるだけでも、今日はお得な気分です。それだけでも嬉しい!
そして・・・
131221
この自転車(パグスレー)、もうお分かりですね(^^)
FJさんも遊びに来てくれました。
スペシャルゲスト3!
 
不思議なことに、この自転車に乗ると、みんなにこやかになります。
見た目よりすごく乗り易いんですよね。
隆太くん以外、全員乗ってました。
で、隆太くんはというと、MUNIに試乗してました。
ばっちり、乗れてるってのが凄いです。
御坊からの新トライアラー Oさんも24inバイクで登場。
まだ始められて間もないということですが、かなりの腕前。
競技系というか、ストリート系を目指されているとか・・・STEM*くんにライバル出現か!
ということで、いつもの練習場所はトライアラーが一杯です。
普通の人たちは、雨の影響でほとんどいません。
1312211
で、今日はさらにこことは違う場所でトライアル。
僕も初めての場所です。
この場所に自転車が複数台あるってのは、傍から見れば不思議な光景だったかもしれませんね。
ちょっと乗れる場所は少ないんですが、Tomoくん、隆太くんにとっては良い場所だったのでは?
ここから、有田のHさん親子登場!
しんやくん、すごく上手くなっていました。
ダニエルでヒョイヒョイとトラってましたよ。
まだまだ小学3年生、これからガンガン伸びていきますよ~。
 
で、またまた場所を変えて練習。
131221_2
信号待ちするトラ車たち。
和歌山ではめったに見られない光景なので写真に納めてみました(^^)
実はまだこの右側にしんやくんがいて、お父さんのHさんは歩行者のおばさんと談笑してました。
131221ryuta
 
131221tomo
1312211_2
131221chootoku
(↑KuranoさんのFBから拝借しました)
みんなのライディング見ていると、それぞれ個性があって面白いですね。
その中で自分の立ち位置がなんとなくわかってきたような・・・皆を温かく見守る存在(笑)かな?
いやあ、ほんと今日は楽しかったです。
だいたいこういうときって、あまり乗れてないんですが、それでも良いんです。
他の人のライディングをみてるだけで、癒されてしまいます。
ほんと和歌山のトライアルの輪が広がってます。
まだまだ隠れたトライアラーがいるかもしれませんね。
興味のある方、ご一報を。
一緒に練習すると楽しいですよ(^^)
さて雨の中、皆さんお疲れ様でした。
Kuranoさん、隆太くん、遠いところから来てくれてありがとうございます。
Oさんも御坊から、Hさん&しんやくんも有田から、有難うございます。
FJさん、ファットバイク普及活動ご苦労様です。そしてご参加有難うございます。
乗り納め、って書いてますが、まだまだ乗りますよっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トライアル学生選手権

前回のブログで勝手に告知した(笑)学生選手権を観に行ってきました(^^)
朝9時から開始ということだったんですが、10時くらいに入れば選手のウォームアップが完了して良いライディングになってるかなあ?って思ってのんびりと自宅を出ました。

しかし、前日に色々やっていて寝るのが遅くなり、眠いのなんのって・・・電車の中でひたすら睡眠です。
 
会場の緑地公園駅に着いても、どこへ行けばいいのかとちょっと迷いながらも会場に到着。
すでに試合は始まってました(^^;
131208sections
学生選手権は、各大学のトライアラーが集まって、学生日本一を決める大会。
いわば大学を背負って走るってみたいな・・・ちょっと大げさ?
会場は見渡せる範囲に全てのセクションが集まったコンパクトな感じ。
といってもRedBullなんか来ていて、賑やかなイベントとなってました。
131208redbull_2
ほんと、公園の中でやっているので、午前中はそうでもなかったんですが、午後からは結構な人が観てましたね。
体験コーナーもあったりして、特にお子様がトラアイル車に興味深々だったようです。
僕も途中、ROCKMANのSLATEⅢ(カーボンフォーク)に試乗させてもらったりしました。
んで、和歌山の大学生といえば・・・Tomoくんですよね。
131208tomobike
ちゃんと大学を背負って走ってました(^^)
各選手、皆健闘していて、そりゃあもう、こっちのモチも上がりますね~。
131208shibata
(↑今回も学生No.1の柴田選手)
しかも普段お目にかかれないバイクがあんなに一杯あるので興奮せざるを得ません(笑)
もう、なんかこう、途中からは自転車に乗りたくてウズウズしていました(笑)
今回、色んな意味で僕にとって意味のある大会でした。
まず、 Tomoくんの応援。
ま、和歌山代表ということで当然ですよね~。
今回、本人は攻めすぎてどうかなあ?って言ってましたが、学生二位でしたよ!
凄い!おめでとう。
131208results
そして、FBでつながりのある斉藤パパさんの息子さんのナオキくん。
斉藤さんのブログ読んで、勝手に感動してしまって、ナオキくんのライディングを観たいと思いました。
子供のトライアルは、親がちゃんとサポートしないと出来ないスポーツだと思ってます。
なので親の考えが子供に反映されてしまいます(良い意味でも悪い意味でも)。
そこから、一歩成長した姿を勝手に想像してしまい、一人で感動してしまって・・・
いずれ自分の子供たちもこうなるんだろうなあって思いながら(^^;
ナオキくん、頑張ってました。
結果は4位だったんですね。おしい。
でもほんと、復活おめでとうございますって言いたいです(^^)
そしてまたまたFBでつながりがあって、このブログにもコメントいただいたKuranoさんとお会いしました。
Newバイク、ロックマンのフリントも見せて頂いて、色々お話させていただきました。
ほんとお会いできて嬉しかったです。
是非、一緒に練習しましょう!
今回、色んな選手のライディングを見させていただきました。
長屋選手の安定感のあるライディング、飯塚選手のキレキレなライディング等々、皆魅力的でしたが、僕を一番惹きつけたのは、学生3位の大竹選手。
決して大きい身体ではないのですが、自転車の上で目いっぱい動ける軽やかなライディング。
Tomoくんのライディングを剛に例えるなら、大竹選手は柔かな?
宮岡啓太選手を彷彿させる、ちょっと僕的には異次元なライディングでした。
こういったライディング目指したいなあって、そう思える選手でした(^^)
そしてそして、最後にサプライズ!!!!
試合終了後、Tomoくんがトラ車を携えた方と一緒に僕の方へ。
なんとなんと、和歌山の御坊でトライアルをやっているOさんという方でした(^^)
なんと、僕のブログを読んで下さり、会いに来てくれたそうです。
嬉しい~~。
和歌山にまた一人、仲間が増えました\(^o^)/やったー!!
最近ご無沙汰してますが、また皆で練習する機会をつくってワイワイとやりましょう!
 
午後からは少し曇ってきて寒かったりもしましたが、良い天気に恵まれて良かったです。
紅葉もまだちょっとあって、良い感じ。
131208kouyou
いあや、ほんと良かったです。トラのモチがさらに上がっちゃいました(^^)
選手の皆さん、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
そして 楽しい大会、有難うございました。
またやって下さいね~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »