« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

お初な週末

金土と神戸へ行ってきました。

久しぶりの神戸で、子供たちにとっては初です。

有馬温泉に一泊して、美味しい料理を堪能~。

須磨海浜水族園前でTREK STOREを発見してテンション上がったり。

しかし、道が四車線ともなると落ち着いて運転できません。

二車線になるとすごく安心したり・・・田舎もんです(^^;

 

神戸から帰ってからの日曜日。

午前中は、退職されたばかりの職場の大先輩のMさんがやっている子供たち向けの実験教室のお手伝いを息子とともに行ってきました(^^)

息子も別の実験教室に4年間通い、そんじょそこらの小学生よりは実験をこなしています。

先日、それも卒業して、今回は先生(助手)として参加です。

子供たちにとっては、ちょっと上のお兄ちゃんなのでやり易いかも。

息子のアイデアも取り入れながら、無事実験教室は終了。

この実験教室は、「遊び感覚で」と「失敗を経験する」という、長年研究生活をしてきたMさんの思いが入っています。

「子供は親に叱られてなんぼ」って感じの進め方は、さすがです。

僕も息子もなかなか楽しい教室でした。

また開催されたら、息子も参加したいって(^^)

 

午後からは本格的に息子のロードバイクデビュー。

セッティングの調整も兼ねて、車が走っていない広い片男波までサイクリング。

納車されたときは、足付きのことを考えてハンドルより結構下にシートがある状態でしたが、意外とこの姿勢、しんどいようで・・・

結局、シート高を5cmほど上げて、ハンドルを1cmほど下げて良い状態になりました。

まさしく、ロードバイクって感じです(^^)

130331_3

帰ってからはブレーキも調整し、より操作し易いようにしました。

息子の走っている姿を見て、特にこう走れって教えたわけではないですが、結構良い感じに乗れています。

バランスの取れた乗り方で、脚もくるくるときれいに回っています。

普段、僕と走ると、よくトライアルのスタンディングや色んなことをやるので、自転車との一体感、自然と身に着いていたんでしょうかね(親ばか?)?

で、僕にちょっと欲がでてきて・・・近くの雑賀崎を走ることに。

なんとなく息子には、あの「弱虫ペダル」の主人公みたいな印象があるので、結構登れるかも・・・という期待が。

和歌浦の方から、登って行ったんですがちゃんと付いてきます。

結構、平然とした顔です・・・ほんとに全然しんどくなかったようです。

もしかしたらヒルクライマー?

130331_4

自転車も息子も良い状態。

 

後は次の土曜日、天気が良ければいいですね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いろいろ おにゅう

息子も卒業して、気分も一新!と言う訳ではないですが、ヘルメットを新調しました。

KALIのRAJAという、所謂おわん形のヘルメット。

爽やかなオジサンを目指して白のヘルメットです(^^)

130320raja

以前、ルイガノの同タイプのヘルメットを被っていた時期があったんですが、あご紐が切れてしまい使えなくなってしまいました。

それからはMETとかロードで使っているOGKカブトとかを使っていたんですが、やはりこういうのも欲しいってことで、このKALIに目を付けていたんです。

空気の取り入れ口も他のヘルメットとは違って個性的だし、決して地味では無いですが、派手すぎないデザインとかで、僕の心から離れませんでした。

このブログにもコメントを頂いた倉野さんのFBの投稿で、このヘルメットを購入されたというのを見て、一気に僕の物欲に火が付いてしまいました。

気がつくとポチッと押してました(^^;

被った感じはこんなのです(↓)

1303242

外からの空気を取り入れやすいデザインですが、GDRさんのレビューでは、トライアルにあんまり関係ないってことが書かれていましたが、汗かいた時に吹く風がヘルメットの中に通った時は、以前被っていた同型のヘルメットには無い涼しい感じでしたよ。

 

 

自転車の機材の進化というか、今まで行けるとは思ってもみなかったところが行けそうな気がします。

130324section
 

前輪がある岩から、その向こうの岩(一番高い岩)までダニエルで跳んで(高さは思いっきり低いですがダニエルで降りる)いく、というのが僕自身の新しい課題です。

岩と岩との間はホールベース分くらいの距離です。

今、ダニエルが一番肩に優しいので、こればっかりですが・・・(^^;

なんと、この課題、土曜日に行けてしまった・・・一回行けると何度も行けそうな気分になって、何回もスパスパとイケてしまいました。すごく気持ちよかったです(^^)

こういう気分のいい時って、良いですよね~。

夜のクライミングも、調子が悪いながらも復調の兆しが見えたり。

 

で、このセクションの様子を動画にしようと思い、ビデオカメラを持って練習場所へ。

が、今度はできない・・・朝なので身体が動かないのもあるんですが、今度はできそうな気がしない(^^;

おまけに、少し良くなってきた左肩も痛くなってきて・・・あんまり無理しない方が良いですね。

なので動画はまた次回です。

 

帰ってからお昼ご飯を食べた後、AGさんから自転車が組みあがったという連絡が。

で、息子と一緒に取りに行きました。

最近、店長さんが入院されているのでスタッフさんに対応いただきました。有難うございます。

で、これが息子のバイクです!

 

130324trek_futa_3

130324trek1_1_2

130324trek_ag_5

TREK1.1というフルアルミのバイクです。

色使いとか、結構かっこいいんですよね。僕好みです。ほんと僕が欲しいくらい。

サイズは47cmという一番小さなサイズ。乗った感じは息子にピッタリです。

今回、納車時にステムの調整をしてもらってたところ、どうもネジ(?)の精度が悪く走行時にハンドルが回ってしまう危険性があったので、ほぼ同じサイズ(微妙に長いです)の代用ステムを取りつけてもらってます。

純正品との取り替えは後日ということです。

ベースは良い車両なので、パーツのグレードアップもありですね。

 

ま、今回なかば強引に購入した感も無いことも無いですが(^^;、息子喜んでくれました。

 

これで息子とともに新たな自転車ライフが始まります(*^^)v

まずは4月6日のピンクリボンサイクリングに参加です(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

卒業

昨日の暴風とは打って変わって見事な快晴!

本日はお休みを取って、息子の卒業式に出席しました。

 

涙腺が極めて弱い僕としては、大きさの都合上バスタオルではありませんでしたがタオル持参で式に臨みました(笑)

僕の家の前は通学路なので子供たちとはすれ違うのですが、今日の卒業生たちはみんな、ちょっと大人に見えたりします。

成長してるんですね。

涙腺が弱いと言いつつも、ずーっと涙を流していたら式を見ることができないので頑張って耐えていました。

(いつぞや、あまりにも感動的な映画を見て、最初から最後まで涙流しっぱなしで、結局何の映画かよくわからなかったことがあったもんで・・・)

しかし、式が始まる前に流れているBGMで既にウルウルときそうな気配(^^;ヤバいです。

 

式が始まり、卒業証書を受け取るんですが、息子、名簿が一番最後なんで、皆とはちょっと違う階段の降り方、挨拶の仕方だったんで、ちょっと特別な気持になりました。

途中、中休み的(失礼)に、祝辞とかが紹介された後、在校生と卒業生の掛け合いが始まります。

息子、娘とも頑張ってました(^^)

よく考えると、卒業式って、卒業生の卒業を祝う会ということだけでなく、卒業生と在校生とのバトンタッチの場であったりもするんですね。

この時点までは、まだ涙は流していません。

 

最後、卒業生が退場するとき、息子のクラスの担任の先生が泣いている姿が見えました。

男性の先生なんですが、それを見たとたん、もらい泣きというか、僕の目からも涙があふれてきました。

 

 

タオルまでは必要なかったです(^^;

 

祝電、メッセージの中には、かつての担任の先生(今は別の小学校)からのもありました。

なんか懐かしいとうか、嬉しいと言うか・・・色んな人に支えられて今日の日が迎えられたんですね。

 

ようやく、幼稚園の入園式以来、息子のこういった姿を見ることができました。

 

式が終わって、息子たちが出てくるのを待っていると、来賓として来られていたお隣さん(実は元教育長!)が声をかけて下さいました。息子、カッコ良かったって。

そう言えば、絵の話しもされてました。

あの絵、まだ小学校にあるでんしょうね。

130319

小学校1年生のときの絵。廊下に飾られています。

ずーっと小学校にあるのも良いかも(^^)

 

 

息子、ほんとに卒業おめでとう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いよいよ

本日の和歌山の暴風。

お陰で学校は休校なようで・・・卒業式前最後の授業だったはずなのに、ちょっと残念ですね。

 

左肩の痛みは、一定方向での痛みになってきました。

腕が左右に動くのが痛いです。

トライアルでは、フロントアップしての左右への移動時、所謂地味系なのに痛いんです。

不思議なことにダニエルは大丈夫。

脇が絞まっているからなんでしょうか?

なので練習はどうしてもダニエルが中心になってしまいます。

 

土曜日に、久々に公園で乗っていたら、子供たちから大注目。

拍手されたり・・・一緒にいたお母さんが「あのお兄ちゃんすごい」って。

いや、どう見ても僕より若いお母さんから、「お兄ちゃん」てのは恥ずかしいですね。

思わず否定しようと思いました(笑)

 

日曜日には、いつもの公園で、ここは出来ないだろうと思ってたところが、何かできそうな予感。

しばらく練習してみますか!無理しない範囲で。

 

さて、明日は息子の卒業式。

あっという間の6年間のような気がします。

僕にとっては、息子のこういった姿を生で観るのは幼稚園の入園式以来。

卒園式と小学校の入学式は仕事の都合で出席できなくて、ようやく息子の晴れ姿を見られます。

たぶん明日は大泣きしそうなのでバスタオル持って行きます(笑)

 

ということで、春からは中学生。

以前からの息子との約束で、中学生になったら一緒に走ってくれるというのでAGさんに行ってきました。

そうです、自転車です!

成長期においてはサイズの選択が難しく、ちょうど良くてもすぐ大きくなるので、迷ってしまいます。

色々悩んで、あれに決めました。

またアップしますね~。

 

気持は先走っていて、既にチャリパンとジャージは購入済み。

で、イベントも申し込み済み(^^)

自転車間に合えばいいですね。

 

当日は試乗会もやっていて、CINELLIのVERY BEST OFを試乗させて頂きました。

130318

(FACEBOOKのミカンパワーさんの写真を拝借しました)

右から二番目の自転車です。

もう軽いのなんのって・・・自分がまたいでいる自転車が無いような感覚。

逆にちょっと不安になってしまったり。

もしこういった超軽量バイクを所有してしまったら、たぶん最初はホイールとかを重くして存在感を出してから軽さに慣れて行こうかなと思いました。

 

なんだかんだと書きましたが、明日の卒業式は思いっきり感動したいと思います(^^)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夢へ

昨日の暑さと比べたら・・・今日は寒い!

 

今日は、家族でこちらにやってきました。

130310

大阪市立自然史博物館で開催中の「発掘!モンゴル恐竜化石展」です。

いやあ、子供向けかと思いましたが、十分大人も楽しめました(^^)

確かに、会場には恐竜が大好きそうな小さな子供たちが沢山いて、それなりの工夫が凝らしているんですが、今回の視点が「研究」というのが良いです。

例によって、音声解説の有料貸し出しがあったんですが、ウチには生の解説員がいるので借りません(笑)

息子は頑張って勉強しています。

130310_2


1303102


自分の知らない情報をノートにメモします。

将来の夢、古生物学者になるため・・・ということで。

 

化石がどうやって、研究室まで運ばれるか?とか化石を見るだけではわからない情報もありました。

で、今回は実際にモンゴルのゴビ砂漠で恐竜の調査をしている林原自然科学博物館の実吉さんが、小さな机を前にして、解説されていました。

いやぁ、これが中々良かったです。

 

まず息子が女性の学芸員の方に質問を浴びせかけます(笑)

かなり、マニアックです。僕にはちっともわかりません。

でも、それにちゃんと応えていただきました。

130310_3


このとき、実吉さんを紹介していただきました。

実吉さんは、恐竜を直接研究している訳ではなく、恐竜がいた時代の環境について研究しているそうです。

つまり周辺の研究ですね。

ほんと、僕たちが独占するくらい、色んなことを教えていただきました。

ゴビ砂漠の恐竜化石研究の最前線が、「なぜ、砂漠のような環境に恐竜が生息していたのか?」ということだそうです。

それにはいくつか仮説が出ているそうで、もっとも熱い研究領域なようです。

僕もそのとき思いついた仮説とその検証方法についてお話させてもらって、「そういうのもあるかもしれませんね~」とコメントを頂きました。

まるで、学会のポスターセッションみたいな感じでした。

130310_4

上の写真の後ろ姿の手を上げているのが実吉さんです。

色々教えて下さり、有難うございました!

ほんと、現役の研究者の生の声が聞こえるってのは最高ですね~。

 

息子の夢が、古生物学者になること。

それに対して、実吉さんは、「色んなアプローチがある」ことを教えていただきまいた。

実吉さん自身ももともと恐竜の研究を志して始めた訳ではなく、人類の祖先の研究のためにアフリカに行ったことがきっかけということです。

もともと地質学を専攻されていて、共通する部分はあるものの、色んな縁があって今の研究をされているそうです。

直球勝負で恐竜の研究をしている大学に行くのも良いかもしれないけれど、これからは色んな分野の研究が活かされることが重要となるので、関係の無い領域も重要だと話されていました。

例えば、医学分野からのアプローチ、ロボット工学からのアプローチなどなど。

これは参考になりましたね。

日本には、恐竜の研究をされている研究者が少ないので、息子の夢を実現するのはかなり大変なことだろうと思ってましたが、こう聞いてみると、大変さは変わらないと思いますが、恐竜研究の見かたが変わったというか、もっともっと大きな夢へとなったような感じがしました。

 

「恐竜」とういのを心に留めて、色んなところからアプローチすると、きっと恐竜研究につながると・・・実吉さんは言って下さいました。

今、直接関係ないかもしれないけれど、今やっていること一つ一つが自分の夢に繋がっているんだということ・・・帰ってから息子にそう伝えました。

 

とは言うものの、やはりイベントとしても楽しみましたよ(^^)

 

130310_5

サウロロフスの前でパチリ。

隣に肉食の強そうなタルボサウルスの全身骨格標本があったものの、こちらで記念撮影は中々通です(笑)

130310_8

プシッタコサウルス。

僕たちが考えたスットコサウルスの原型です(笑)

 

ミクロな研究も紹介されていました。

恐竜は爬虫類より鳥類に近いってことが顕微鏡の観察からわかるようですね。

130310_10


 

 

ここを見終わった後は、通天閣へ。

130310_9

展望台に行こうとしたんですが、1時間待ちということで並ぶのが嫌いな関西人の僕たちはさっさとこの界隈をウロチョロしました。

最後に大阪名物、串カツを食して帰路につきました~。

 

そう言えば、久々の大阪。

息子の夢へとつながる、なかなか充実した一日でした(^^)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車は走ったら必ず止まらなければねりませんw

土曜日は暖かいと言うよりか、暑かったです。

午後からはTシャツ一枚で過ごしていました(^^;

 

そんな中、午前中はAGさんプレゼンツ、トライアル・スタンディング講習会に行ってきました。

一応、生徒ではなく先生として・・・です(^^;

僕的には色んな人にトライアルを知ってもらいたいということと和歌山の自転車乗りは全てスタンディングができる!という壮大な野望、そしてAGさんとしては、MTBのライディングに役立つのでは?という思惑が一致しての開催です。

 

トライアルの技って、いきなりできるようなものじゃないのが多いので、教えるってのは難しいことです。

で、結局練習方法やちょっとしたコツを伝えようと考え、たかさんとTomoくんの協力のもと実施することで出来ました。

 

今回、特殊な車両じゃなくてもできることが伝わればと思い、トラ車とMTBの2台を持って行きました。

なので当然自走は不可能なんですが、午前中、家族が車を使うということで、会場まで車で行って、自転車を一旦降ろして、嫁さんに帰ってもらいました。

帰りも迎えに来てもらわなければ帰れないので、お昼は会場(海辺)で食べることに。

 

集合場所まで2台の自転車を押して歩くだけで暑い!

寒さ対策はしたものの、暑さ対策してなくてちょっと後悔。

 

会場に受講生、講師がそろってスタートです。

まずスタンディングのイメージを掴んでもらうために・・・

スタンディングとは・・・「止まっているふりをすることである」などなど・・・僕が最初にスタンディングを練習し始めたときのイメージのギャップを説明したり。

壁に前輪当ててのスタンディングなどなど定番の練習方法を説明、実践させてもらいました。

1303091

1303092_4

130309ag

↑(AGさんのブログから拝借)

傍から見れば、結構怪しい集団(笑)

壁に向かって黙々と練習していると、そのうち悟りを開きそうです。

バックの練習したり、グルグル回って練習したり。

 

今回の受講者の中には、京都から輪行で来られた方もいました(女性!)

その方は、僕がトライアルを始めたきっかけの、京都のTOMSCRAFTさんのお客さんでもあるようで、僕のMTBに貼ってあるステッカーを見てびっくりされてました。

意外なところで共通点があるんですね~。

 

最後は練習の成果を見るために、「遅乗り競争」のミニゲームをしました。

賞品を賭けての仁義なき戦いです。

あっ、このあたり、ブラッキー氏のウイラースクールのパクリです(笑)

こういうところを勉強した次第です(笑)

 

 

今回の講習会で、ダントツの安定感をみせたは まっちゃんさん。

この遅乗り競争では優勝されました。

ほんと安定感あります。

 

余裕の優勝者を尻目に2位、3位争いは熾烈でした!

130309

結局は、JJさんが2位で、ねこばさんが3位という結果でした。

ほんと、みなさん上達したようで、良い感じで講習会を終わることができたかと思います。

 

講習会の後は定番のTomoくんのデモンストレーションです。

トレイルライディングに役立つ技から高度な技まで披露してくれました。

定番のイケニエやバージャンプも実施です。

イケニエ、今回の犠牲者はJJさんでした。

130309_2

 

講習会が終わっても、何だかんだと皆さん残っておられました。

ねこばさんは、ひたすらスタンディングの練習・・・2時間くらいやった後も練習されてました。

マスターされる日も近いでしょう!

 

突然、京都から来られた女性が、イケニエをやりたいと・・・なかなかのツワモノです。

 

皆さんが帰られた後、たかさん、Tomoくんの3人で、和歌山トライアルの今後について話したり・・・

みんな帰った後、僕の昼食は、山ラーならぬ「海ラー」でした。

 

そうそう、Tomoくん、KOXXからサポートを受けることができました。

130309koxx

フロントフォークがカーボンのKOXX SKYです・・・乗り手は違いますが。

相変わらず、僕には乗り難いです。

 

今回の講習会は色んな人と出会えて楽しかったですね。

こういった講習会の課題も見えたし。

そして、何より少しは、トライアル普及に貢献できたかな?

 

 


 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

やっぱり週末の日記になってしまいました(笑)

暖かいのか、寒いのか?よーくわかりません(笑)

最近は週末の出来事の日記になってしまったようで・・・

しかし、先週は久しぶりに東京へ。

あのスカイツリーさんを初めて見ましたよ(^^)

でかいですね~。

 

そそ、Tomoくんがブログを始めました。

どんな展開になるのか楽しみです(^^)

 

トラ車のハンドルの角度、少しいじってみました。

最近、肩が痛いので、ダニエルで前輪を上げるとき、今まで以上に足に力を入れないと上がらない感じです。

ハンドルを少し手前に、脇が絞られる角度にすると・・・うーん、変わらないというかちょっとシンドかったり。

続いて、今まで以上に奥に倒しこんで少し遠くに・・・ちょっとジルが入ります(笑)

おっ、良い感じです。

ほんの少しの角度の差ですが安定感に大きな違いがありました(^^)

ある意味怪我の功名というか・・・

ま、クライミングとかトラをしない限り、それほど肩の痛みは実感しないんですけど、唯一生活の中でちょっと困るのが、車の運転をするとき、シートベルトを締めるとき。

左肩を回すと痛いので・・・と言っても普段そんなに車を運転しないので。

少し安静にしておきます(^^;

 

日曜日は、スクラッチの大掃除。

息子も行きたいということで、一緒に行きました。

壁の後ろに潜り込んで、埃をはらったり、普段の掃除ではしないことを思いっきりやりました。

お陰で、黒いジャージやズボンが灰色に・・・(笑)

まつ毛も新しいメイクかと言われるくらい白かったらしいです(笑)

そして、息子も頑張りました~。

お陰で、すごくきれいになりました。

これで気持よくクライミングできそうですね。

 

帰ってから、疲れたのか、息子共々お昼ねsleepy

夕方ごろから、少し身体を動かしたかったので息子とともにトラ練。

結構、スタンディング、サマになってきました。

ROCKMANでやると、結構、ピタッと止まっていましたよ~。

トライアル開眼か~?・・・って何回言ったことか(笑)

 

さて、来週(って今週末)はAGさんとのトライアル・スタンディング講習会。

講師の跳猫会の皆様、宜しくお願いしますね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »