« ガラスの中の宇宙 | トップページ | なんとなく哲学者 »

Kanasi Jitensya Trial

ちょうど一年前、あの未曽有の大震災がありました。

未だに行方不明の方々がおられます。

一日も早くご家族のもとへ戻られること、また東北の復興が進みますよう心よりお祈り申し上げます。

 

かねてからの「観戦」に行こうとしていたKJT(関西自転車トライアル)。

本日、Tomoくんとともに奈良のウィッシュ・ヒルに行って参りました。

なんですが・・・結局

 

 

 

「参戦」してしまいました(^^;

人生初の大会参戦・・・

なので写真、ほとんどありません。

 

色んなことでモチが下がりきっていたんですが、行ったらもしかすると乗りたくなるかも知れないって思って、自転車を持って行きました。

とにかく、観戦しながらまったりと乗ろうと考え、急遽参戦。

で、クラスは「ミ・デ・ィ・ア・ム」・・・はっきり言って無謀です(^^;

しかもミドルは難しいってあちこちから聞こえます・・・

で、見た限りでは・・・セクションのこなし方のイメージはつくんですが(クライミングで言うとムーブがわかる)、きっとそれに付いて行くだけのモノがあるのか無いのか。

という前に全然練習していないし・・・(^^;

ただ、どこかで凄いことができるかもって思って・・・チャレンジです。

 

開会式で東北での大震災に対して黙とうをささげたあと、試合開始です。

 

みなさん上手いですねぇ。

僕は案の定、セクションインしても最初の障害が越えられない・・・

スタッフからは、クラス変えても良いですよって言われてたんですが・・・

いや、こちらの方が色々試せるって思って変えませんでした。

 

1ラップ目が終わって、オール5点。

学校の成績なら抜群なんですが、ことトライアルではそうは行きません。

でもUCIのルールじゃ、何か違反すると10点てのもあったので、それよりマシか?

 

そんなわけで、セクションを走りきる目標を変えて、少しでも長く、少しでも距離を走ろうと思い2LAP目。

思い通りでは無かったですが、一つだけ最初の関門を足付きこみでクリアできたところがあって、目標はちょっと達成?

しかし、どうもあの低いところからのダニ降りの前のめりの失敗のトラウマ・・・フラッシュバックのように蘇って、狭い場所からのダニ降りが怖くてできませんでした。

やはり26LAP目もオール5点。

  

結局、最初の方ではじき返されていたので、疲れることはありませんでした(^^;

良いのか悪いのか・・・

 

早めに終わったので後はTomoくんが出ているスーパークラスの観戦。

(たぶん、こちらが本来の目的・・・のはず)

前日に届いたばかりのフロントフォーク。まったくセッティングが出ていないとのこと。

しかもステムにクラックが入っていたので急遽別のステムを付けていたんですが、乗るたびに曲がってしまう状態。

ボルトを強く締めてもほとんど効果なし。

で、急遽瞬間接着剤も使ってステムの固定化という荒技・・・上手く行ったようですが、今度ステムやフォークを変えるときは大変ですね。

スーパークラスは、Tomoくんのほか、飯塚選手、柴田選手の3人。

ん~、豪華豪華、これだけでも満足ですよぉ。

120311tomo

しかし、Tomoくんの悲劇はさっきのステムだけでは無かったんですね~。

なんとセクショントライの途中、フロントブレーキのホースが切れてしまうというトラブル。

これが切れた瞬間(↓)

120311

で、こんな感じに(↓)

120311zhi

切れたところって、この前ホースをつないだところ?と思って一瞬ヒヤッとしたんですが、そうではなかったようです。

どうやら、以前フロントフォークが折れたことが原因のようです。

 

しかしながら、Tomoくんフロントブレーキ喪失も果敢に挑戦。

120311_2

 

今回、Tomoくんのお母様も来て下さいました。

実家はここからとっても近いとのこと。

それと色々差し入れを頂きました。

有難うございます。

沢山の飲み物を頂いたので、今度の練習会にでも持って行きますね!

 

またGlitter Tuneのタイラさんにもお会いしました。

僕のことを覚えておられました。

子供用のMTB、トラ車を展示されていました。

 

閉会式直前に雨が降ってきて、バタバタって表彰式が行われました。

Tomoくん3位。さらに「ぶっとび賞」なるものも受賞。

フロントブレーキレスでのトライが評価されてのことです。

 

で、結局僕はというと、8位でした。

9人中・・・えっ最下位じゃないの?

(このパターン、どっかで聞いたことあるような?)

どうやら、早く2ラップが終わったのが幸いしたようです。

 

が、ライディングの質は最悪なはずです。

こりゃ、ちゃんと練習しなきゃですねぇ。

 

今、じわじわと大会参加して良かったなぁって噛みしめています。

なかなか、こんな体験できませんからねぇ。

ん~、これでモチ、ちょっとは上がったかな?

 

いつか皆で参加したいですね!

120311_3

 

|

« ガラスの中の宇宙 | トップページ | なんとなく哲学者 »

バイクトライアル」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした!!
参戦されたんですね!しかもミディアムクラスで!(あんまりクラスのこととかはわからないですが、KJTのHPで確認しました。)まだダメージ残っているのに果敢ですね!僕なら間違いなくビギナークラスです。結果よりその姿勢を尊敬します!
しかし我らが期待のTomo君は受難続きですね~、フロントフォークの断裂からマシントラブル続きですが、本番前(全日本トライアル選手権?)に悪いことが出尽くしたと思えばいいかな?(修理も出費も大変そうだし、そんなことはないかな・・・)僕でも何か役立つことがあれば、微力ながら協力します。
トラブルは多かったようですが、怪我がもなくなによりでしたね。また次回の練習会で詳しくお話聞かせてください。それと、実戦を経験した上でのミニセクションもまた造ってください。

投稿: ひろ | 2012年3月12日 (月) 00時16分

 大会参戦お疲れ様でした!!
 自分も直前まで行こうかどうか迷っていたのですが、大会前日にも子供を連れて友ケ島へ行く団体イベントがあり、次の日に奈良まで車で行って大会に参加するまでの自身が無かったので今回は参加を見送りました。
 リザルトを見てみると、トライアルブギというお気楽なネーミングの雰囲気とは裏腹にかなりレベルの高いセクション設定だったようですね。前回のソフトバイクトライアルの上位クラスで入賞されていた方も今回は『5』のオンパレードだった様です。
 Tomoさんもトラブル続きで残念でしたが、これが中国の大会前で逆にラッキーだったのではないでしょうか。ひろさんが仰るようにこれで悪運が出尽くした事でしょう。Tomoさん頑張れ!!

 私は4月8日のソフトバイクトライアルに参加予定をしています。

投稿: たか@超初心者 | 2012年3月12日 (月) 15時57分

>ひろさん
果敢というより無謀という言葉がピッタリです(笑)次回は適正なクラスで挑戦するつもりです。
Tomoくん、わりと試合ではよくトラブルがあるそうで・・・色んな人にお世話になってますって言ってました。これも彼のその真っ直ぐなところが皆に愛されていているからでしょうね。
ほんと今回ので悪いことが出尽くしたのであればいいですけどね。
結局最後まで走りきれてないので、セクションつくりに生かせるかどうかわかりませんが、いつもなら問題ないステアでも助走距離が変わると途端にダメになるというのを嫌というほど経験しました。こういうところを生かせればと思います。

投稿: Chootoku | 2012年3月12日 (月) 19時55分

>たかさん
確かソフトバイクトライアルで出場されている方は今回、コスプレ賞をもらっていましたよ。ここらへんが、名前の「トライアルブギ」という軽さが出ているところですね。僕も開催前、「パンツ一丁で走ったら目立つよなぁ」ってTomoくんに言ったら、「確実に放り出されますよ(笑)」って。目立つのもありな大会です。いつか皆で参加することがあれば、おそろいのコスプレもありかも知れませんね~(笑)
今から考えれば、あそこはああいけば良かったとかジワジワと面白さ実感として出てきています。コンペって不思議ですよね。
だいぶ良い刺激もらったので、少~しモチがアップしたような気がします。

あっ、チーム名どうします?

投稿: Chootoku | 2012年3月12日 (月) 20時08分

初大会出場おめでとうございますです!
大会に参加すると自分の弱い部分・強い部分がはっきりするんで練習する時のヒントに成るんですよねぇ
僕は長らくトライアルやってる(上手くは無いんですが)すっかり主催者側に成っちゃいましたが
「生涯現役」を目標に乗ってたりします

いつか何処かの大会で対決しましょうね!

(前夜祭メインで…)

投稿: morimo | 2012年3月12日 (月) 23時36分

>morimoさん
有難うございます。
楽しむことを第一に初参戦とあいなりました。
ま、もともとそんなに練習していたわけじゃないので、やっぱり練習必要と改めて実感しました。どんな状況にでも冷静に攻められるライディングを目指したいですね~。
また上手い人のライディングが見れたり、トライアルを熟知した人が作ったコースを走るってのは面白いですね。一度出場してしまうと何かちょっと吹っ切れた感があり、またどこかの大会にでもでてみようかと思ってしまいます。
いつか九州にでも遠征した折には是非お相手をお願いします!
最近お酒が弱いので前夜祭は撃沈しそうですが(笑)

投稿: Chootoku | 2012年3月12日 (月) 23時47分

 チーム名難しいですよね~
 キーワードは『猫』で、皆で冗談言いながら直感で決めていく位の方がいいかもしれませんね~^^;
パンツ一丁猫一丁とか(笑)
 大会に出た後の「あそこはこうしとけば・・」の気持ちって分かります! 落ち着いて行っとけばいけたのに!!とか、こうしとけば良かったのにっていう悔しさが私もありました!
でもトライアルの本当の面白さを感じる事もできました!

投稿: たか@超初心者 | 2012年3月13日 (火) 22時06分

>たかさん
チーム名はまた集まったときにでもワイワイと考えましょう。3ケ月毎に変えるのも面白いかも(^^)
走れそうってイメージはあったんですが、うーん、普段のサボり癖のために最初の障害ではじかれてしまったんですね~。この高さはいつも漕ぎホップでやっているよりも低いので十分いけると思っても、無茶苦茶失敗しています。もっと面白い練習場所があれば良いんですけどね~。ウィッシュ・ヒルズで練習した~い(笑)

投稿: Chootoku | 2012年3月15日 (木) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504936/54199421

この記事へのトラックバック一覧です: Kanasi Jitensya Trial:

« ガラスの中の宇宙 | トップページ | なんとなく哲学者 »