« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

紀州跳猫会(仮)練習会♪

土曜日はスクラッチ土曜会番外編・・・という飲み会。

割と遅くまで居たので日曜日はプチ二日酔い。

ちょっと食欲なし・・・

しかも前回のトラ自主練での前からの落下・・・身体のダメージは治りつつあるんですが(地味に他のところも打っているようで・・・アチコチちょっと痛いです)、精神的ダメージがデカイ。

意外と低いところでの失敗がボディブローのように効いてます(^^;

 

で、日曜日はトラの練習会。

自走です(笑)6kmほどの距離をトラ車で爆走です(笑)

練習場所への移動中、前輪に振れを発見。

よくタイヤのちょっとした歪みみたいなものが振れに見えることがあるんですが、リムをよく見ていると明らかに振れてます。

前回の前転二連発が効いたようです・・・あまり前輪に負担掛けないようにしないと。

 

で、練習場所に着いた頃にはヘトヘト・・・

たかさん親子が既に練習を始められていました(^^)

前輪のバルブの位置を調整(よくずれるんです・・・)するために空気を抜いて、位置を調整して携帯ポンプで・・・しんどい(^^;

途中で諦めて、中途半端な入れ具合・・・より前輪への配慮が必要な状態に。

次はロードに取り付けてある携帯ポンプ持参ですね・・・というより家で直しとけって(^^;

 

たかさんがセクションのマーカーを作ってきてプチセクションを作成。

おっ、なかなか面白いですね。たかさんナイスです。

 

その後、ひろさん、Tomoくん登場。

Tomoくんのバイク、フロントフォークがまた変更・・・何やらフォークが折れたとのこと。

新品のフォークが・・・その時の映像を見せてもらったんですが、ステアを登ったときポッキリと・・・前輪があらぬ方向へと・・・でも大事に至らなくて良かったです。

テンションMAXのときの出来事だそうで、テンション大幅ダウンの様子。

ま、僕も人のことは言えませんが・・・テンション下がってます(^^;

 

Tomoくんがセクションを作ってくれて皆でトライ。

我々のレベルに合わせてもらってるんですが、地味にイヤらしいコースです(^^;

セクション1

12022611

12022612

セクション2

一本橋です。

1202262

この先が実はイヤらしかったり(^^;

Tomoくんはここをダニエルで行こうとしてました。

(後でこの縁石のスペースでダニエルの回転を練習してましたよ)

こういったプチゲームはなかなか良いですね。

 

途中、Tomoくんのオット・ピ講座、階段登り講座が開かれたり・・・(^^)

1202261

1202262_2

1220262_3

これらプチゲーム、講座の間は各自練習。

僕はダニ降りを見直していました。

地味~に恐怖心と闘ってまいた(^^;

あとで皆で話しているとき、やはり技の精度が大切ということを改めて実感。

怪我による恐怖心やテンションダウン、これを克服するには安定感や精度を高めて自信をつける・・・前回も含めて考えた僕の課題です。

それには日頃の練習ですねぇ。ちょっとでも多く自転車に乗るようにしないとですね。

 

練習終了後、帰るときは足付き無し(信号待ちはスタンディング)で帰ったら面白いなぁって話してて・・・やってみました・・・クリーンでした(^^;

でも、しんどかったです。

 

タイトルの紀州跳猫会(きしゅうとびねこかい)は たかさんのアイデアなんですが、如何ですか?

トラ猫会ってのも・・・ん?どっかで聞いたような?

 

トラの練習より、タイヤの空気入れで疲れた本日の練習会でした~(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

二連発!

日曜日。

午前中は息子の模試だったため、庭で例のベンチ破壊のためのトライアル練習。

本日は縦に置いて、ステアからダニエル・・・板が2/3になっているので、幅が狭い。

通常なら問題なく登れる高さですが、板が腐食していてグニョグニョしているのでさらに不安定でかつ不安になります。

結局、やりたいことができたのは2回だけ・・・。

模試をやっている息子を迎えに行き、午後しばらく休んでから某所へトライアル。

息子は一輪車の練習をするために一緒に。

 

あまりステアの練習ができないので、ちょいとばかり練習。

1202191

1202192

1202193

1202194

1202195

実はこの場所で、ダニエルで降りようとしたら、後輪が引っ掛かり前輪が下がって前のめりに落下・・・すぐさまバイクから離れたんですが、ゆっくりですが顔着状態へ。

上手くヘルメットのバイザーで顔を打つことは無かったんですが、危なかった~。

でも、これは序章でしかなかったんですね~\(;゚∇゚)/

 

息子は岩につかまってホバリングの練習。

途中、どこかへ行ったような感じでしたが、一輪車でここら辺りを一周してました。

必至に練習する息子。上手くいかないですね。

でも時間はかかると思いますが、少しでも何かをつかめば前へ進められるはず。

ガンバ、息子! 

そろそろ帰ろうかと思って、先ほどもやった30cmほどの尖がった岩へのダニエルでの飛び乗り・・・身体大分バキバキだったのもあってか、頂上に後輪が乗っかったものの、さきほどと同じように前方からの落下・・・30cmからの落下って大したことないだろうと思ってたんですが、地面への着地と同時にハンドルが左ももに激打(突き刺さった?)した模様。

痛い・・・足がちょっと冷たい感じ・・・出血?えぐった?

慌てて息子の方へ近寄って、「父ちゃんダメかも・・・」って。

ズボンには穴が開いて、大きいけど擦り傷でした・・・良かったぁ~ホッ

ハンドルのグリップ、手のマメが痛くならないようにトライアルにしては厚手のグリップを使用していたのと、ジーンズで練習していたのが幸いしたようで・・・

120219

1202192_2

ちょっとだけ傷口が見えてますが・・・(^^;

しかし、ここをプロテクトするのって何か方法はないのかしら?

ちょっとダニエル降りも問題ありなので、改良しなければなりませんね~。

前方からの落下、二連発・・・ちょっと情けなかったですが、課題がわかって良しです(^^)

怪我も大したことなくて良かったですが、今後はもっと気をつけなければなりませんね~。

 

さて、帰りの車の中で息子に独学に必要なこと、達成したときの素晴らしさを話しながら帰りました。

 

来週もここで練習会。しかも自走で(爆)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ちょっと嬉しい

ロードバイク祝2000km♪

120212_2000km

築港あたりで。

ちょっと嬉しい♪

| | コメント (16) | トラックバック (0)

そこに壁があるから・・・息子編その2

先週の息子とのクライミング。

あまりにも悔しかったようで、土曜日の午前中再びTOOLLさんへ行ってきました。

 

入門者課題3本ほど登ってウォーミングアップした後、再び初級者課題31番に挑戦。

ん~、やっぱり例のホールドでのマッチがきついようですね。

120211

そこで必殺技を伝授・・・足を切る!

写真のピンクのホールドをマッチするとき、できるだけ足に体重を乗せて、手への負担を軽くしたいところ。保持力が十分じゃないんで、なかなか持てないでんですよね。

取りに行く方の手(今回は右手)と同じ方の足(右足)を、できるだけ真下のホールドに置いて左足はホールドから外し、右足に体重が乗るようにと。

簡単な課題で、この「足を切る」という方法をやってみると、結構上手くやっている。

ちゃんとホールドに乗っかている足に体重が上手く乗れているようだし。

それで、実際の課題の核心部分を練習・・・以前よりは期待できそうな感じですが、保持力が十分じゃないので、上手くいきません。

しかも、スタートからここまで来るのに結構体力を消耗するので、上手く足さばきが出来ないようで・・・そんな余裕ないわな~。

ん~、やっぱり基本的な保持力を鍛えないと難しいですね。

で、そういうことを息子に伝えて、今後は保持力を鍛えて、この課題にチャレンジしようと考えました。

 

でも息子、知らず知らずですが、色々クライミングらしきことをやっていました。

さっきの写真の部分、息子の顔が隠れていますが、ここは少しくぼみがあるところ。

この中に上手く入り込んで、両手を離してレスト・・・なかなかやるなぁ(^-^)

また、体重を足に上手乗せようとするのか、膝を折りたたんで、腕を伸ばして悪いホールドに対応していました。

今回はリベンジならずでしたが、結構難しそうな課題も何本か登りましたよ。

今回は終始笑顔で、楽しくやっていました。

 

お腹が空いたので、クライミングを終了しました。

 

帰ってからは、息子が塾へ行っている間、近くの公園でトラ練。

夜からはスクラッチ・・・身体が既にバキバキでした。

 

あっ、そう言えばスクラッチで、久しぶりにユースケさんに会いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

てぃ~あ~るえ~

たかさんのチャンネルからYouTubeをウロチョロしていたら、TRAを発見。
さて、TRAは何の略だったのか~?
Tomoくんは答えられたんですが、僕は「んちゃらかんちゃら」って答えられません。
ま、トライアルの世界ではTRAはTRAということで良いでしょ!

Dannyさんの”Way Back Home”ばりのノスタルジー感のある映像ですね~。

Stylishって言葉好きですね。
Stylish Climber、Stylish Trialerを目指してますから(目標はあくまでも高く)。
 
 
こんなに美しいトライアルのライディングを見たら、僕のは・・・さっ、頑張って練習しましょ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そこに壁があるから・・・息子編

日曜日午後からは息子と二人で久しぶりにTOOLLさんへ。

家からとっても近いので二人でおしゃべりしながら歩いて行ってみました。

ただ、僕は午前中のトラ練や何やらで既に身体がバキバキ状態だったんですが・・・(^^;

 

今回は、僕のEVOLV EVOを息子に靴下ありで履かせると、意外にいけそう・・・というこで僕のシューズで挑戦。

子供の足は全体的に細身なので、ベルクロで上手くしばってという風にやってみました。

 

久しぶりということもあって、壁のレイアウト、課題は刷新されていました。

なので登れた課題を書き込む用紙は新しいものに・・・でも僕はやはり書き込みませんでした(^^;

 

今回は息子とともに同じ課題を登って行こうと考えて、まずは入門者課題(黄色テープ)を5本ほど。

息子も難なくクリアしていきます。

続く僕もホールドを飛ばしながら、同じ課題を登って行きます。

以前、京都クラックスさんでみた親子クライマーみたいになった感じで嬉しいですね。

 

続いてグレードを上げて初級者課題(緑テープ)を。

あまりリーチ課題となっていなさそうな課題をチョイスして息子とトライ。

やはり難しくなるので完登に数回かかったものもありますが、何本も落としていきます。

ちょっと成長したんかなぁって嬉しくなってしましました。

なので、ここで再び「振り」のテクニックを教えるべく、被りの壁の方へ。

短い課題を設定してみたんですが、一手目取れて、二手目からは・・・という感じ。

力はあまり要らないはずなんですが、やはりある程度はあった方が良いみたいですね・・・

 

気を取り直して再び垂壁課題へ。

他のお客さんが中級者課題(銀テープ)のホールドを取るのに苦労されていました。

「あぁ、これってあの方法で取ればらくなんだけどなぁ」って思ってちょっとアドバイス。

インサイドフラッキングをお教えしたところ・・・あら不思議、簡単にホールドが取れてしまいました~。

そのお客さんと少し談笑してる間、息子は自分で色々課題を登って行きました。

 

今回、ここでGパンことKくんに遭遇。

なんと、事故で腰を折ったそうで・・・お大事に。

 

4時くらいに息子が「そろそろ帰る?」って言うのかと思いきや・・・「まだ登りたい」と。

で、この後難しくなっていく課題を頑張って克服していくんですが・・・運命の31番課題に遭遇してしまいました。

単にマッチ系のトラバース課題なんでわりとすぐに行けるかなと思ったんですが・・・これに息子は大ハマり。

まずは一手目から取れない・・・というかスタートホールドがよろしく無い(^^;

何度かトライしているうちに、一手目が取れるようになったんですが・・・マッチできない。

スタンスを教えて、何度かトライしているうちにこれもできるように・・・でも二手目取れない。

息子、半べそかきながらも「悔しい」と。

またまたスタンスを教えて何度もトライして二手目が取れて、マッチ・・・できない。

またまたまたスタンスを教えてマッチ出来たものの、続く3手目が遠い。

120205climbing1

「ちょっと休憩したら?」と言う僕の言葉を振り払うかのように半べそをかきながらもトライし続けます。

3手目取れて・・・マッチができない。たぶんここが核心。

別のお客さんも「ここが難しい」って言ってましたから。

 

何度も何度もやってもマッチができない。

スタンスも完璧なはずですが、ホールドを保持できていない。

たぶん、彼の今の力では非常に難しい気がします。

でも「悔しい」という気持ちだけでひたすら打ち込み。

一体、何本トライしたのかわかりません。

僕も体のことを考えて、無理なトライを制しようと半ばケンカ腰で言ってみたものの「登りたい」という気持ちが強いようです。

120205climbing2

結局、体力的に限界がきたこともあり、完登はなりませんでした。

夕食後、再び登ろうとも提案したんですが、やはり指的、体力的限界のようで、近々また登りに行く約束をしました。

で、息子、ほぼノンストップで4時間以上、壁に向かっていたことになります。

大したもんです(^^)

そして何よりも「悔しさ」が少し息子を成長させたようで、僕は嬉しかったです。

息子は今までは出来ないことで諦めていた部分も多分にあったんですが、「悔しさ」がバネになり、諦めないことで目的を達成させることが可能ということを肌で感じ取ろうとしてるんじゃないかと思います。

最近の一輪車にしても縄跳びの二重跳びにしても・・・モノにしてきましたからね。

そんな息子の成長が感じられるクライミングでした。

 

で、僕はというと、上級者課題、超上級者課題を触ってみたものの・・・身体がバキバキの上、腕が何度か攣りそうになって(って実際には攣ったんですが・・・)トホホな状態。

あれほど登ってもパンプしない息子の身体、羨ましい・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しなり

前回の練習会で突き出しのコツがわかったつもりでした。

でも土曜日、前日のロングライドの影響でダメダメだった影響もあってか、近くの公園でトラ練しても何か違う。

ん~、何かが・・・

で、動画で、突き出しが上手い方のやり方を見てみると、確実にタイヤがつぶれて中には「これってフレームしなってる?」って感じです。

 

日曜日の午前中、トラ練すべく近くの公園に自走で向かっていたときのこと、何気なく前輪を押しながら走っていて、ある方向に前輪を押すと何やら反発が感じられました。

「これって、フォークの”しなり”というやつ」ちょっと不思議な感じ。

このとき同時に後輪からの反発も感じられました。もしかしてフレームからもあったかも。

だとすれば、最近までのブレーキレバーの位置(ちょっと高め)はこの方向への押しには不向き?ということが考えられるんですね。

だとすれば、最近何気なく調整したレバーの位置はしっくりくるかもです。

で、早速公園の50cmほどの段差で試すことに。

タイヤの反発としなりが使えるようにと、段差にペダルをセットしてボディアクションのみを使って突き出しを練習。

特に押しの前の伸びのようなセットと、どちらかというと後輪を押すことに意識を集中させると後輪が予想以上に飛んで、気持ちよく段差に乗る乗る~、えぇぇぇぇぇという感じで嬉しくなってしまいました。

ただ、まだ段差に着地後のダニエル状態がきれいじゃない。

今度は上方向への身体の移動と前輪を上に放り投げることを意識すると、一回だけですが、なんとか「ダニエルかな?」という感じの着地。

その後他の練習も織り交ぜ、続いてさきほどよりも10cm低い段差で突き出し練習。

おぉぉ、さっきよりもわりときれいに行けるようです。

まだまだですが、何か光明が見えてきたというか・・・

ペダルの段差から外してやっても、上手く行くこともあるので、後は練習のみです。

長くトライアルやってますが、なんとなくですが、「しなり」のようなものが感じられた気がします。

いやぁ、これから益々トライアルが面白くなってきそうです。

なんとしても、これをマスターしたいですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒いけど・・・

本文とは全然関係ないですが、由紀さおりさん、アメリカでヒットしてるそうですね。

関西の情報番組で長いこと司会やられていて、なんか親しみがあるんですよね。

面白いおばさんってイメージがどうも先行してしまって・・・

でも、あの「夜明けのスキャット」を聞いた時、ちょっと衝撃的でした。

だって最初、歌詞が無いんですから。

いやぁ、でも良い歌です。

 

さて本日はお休みをいただいて、再びロングライド。

行先を決めず、ぶらぶらとが好きだったり。

単に自転車に乗ってるのが好きなんですね(^^;

ただ、二週間ほど前から古傷の左膝がちょいと痛いのが気になりますが。

 

今回は一気に乗らず、午前と午後に分けて乗ってみました。

自転車三昧です。

今日は、昨日に比べると風は弱くて良いのですが、寒さは変わりないような。

当然、防寒対策を立てて走ります。

出るまでに大分躊躇しましたが、なんとか走り始めました(^^;

 

午前中は、いつものちょっと遠回りをしての雑賀崎経由の海南、貴志川コース。

120203

久しぶりにフロントインナーで走ってみました。

でもしんどい。

ちょっと風景写真をばと思って撮ってみたんですが、またまた電池切れ。

これだけ撮ってお終い。最近電池切れるのが早い気がします。

 

海南駅前を通って、貴志駅まで疾走・・・というほどカッコよくないですが。

走っていると、最初は手が寒いんですが、段々慣れるのか寒くなくなります。

しかし、足のつま先が寒い。一応、トゥーカバーをしてるんですが。

それに鼻水。

ティッシュペーパーを持ってきてなかったので、ずるずるしなから走ってました。

午後からの部は何か対策を立てないといけませんねぇ。

 

大池遊園あたりの坂で、雪がちょっと吹雪く感じで降ってきました。

でも、すぐに止んで難を逃れました。

自宅近くまで来て、あまりにもお腹が空いたので、持ってきたSOYJOYをパクリ。

自宅に戻り、ご飯を食べて休憩後、午後の部スタート。

今回は、どこか休憩でコンビニ入ることを想定して、自転車の鍵とティッシュペーパー、そしてつま先の寒さ対策として・・・靴下二枚攻撃!・・・これ効果ありましたよ。

 

午後からは途中までは午前の部と同じルートで北島橋から粉川加太線で岩出方面へ。

午前ではボトルからの水分の補給はほとんど無かったんですが、午後は少し暖かかったこともあって、水分の補給は割とありました。

岩出市に着いて24号線に入り自宅方面へ。

でもこの時あたりから、大分左膝に痛みがあって、ちょっと走り辛い状態。

左脚に負担がかからぬよう、右脚に重点をおいたぺダリング。

他の人が見たら、ちょっと変な感じだったかも知れませんね。

 

なんとか走っていたところ、突然携帯が・・・会社のMさんから電話。

ちょっと話をしていた時間、休憩になったようで、少し左膝が復活。

本当は和歌山市内をもう少し走りたかったんですが、左膝があまりにも痛くて、とりあえず自宅へ戻りました。

 

帰ってメーターを見ると90kmほどの走行。

もうちょっとで100kmなので、しばらく休憩して再び走り始めました。好きですねぇ。

でも左膝の痛みはあって、最後は右足だけでぺダリングして自宅にゴール。

ビンディングペダルで良かったです。

それにこれまでサボっていた右脚も活躍できそうで、これもある意味良かったかも。

100km突破です。

1202031

このメーターによると、走行時間は4時間30分でした。

実は、午前の部の最初の方でおよそ6kmほど、なぜかリセットされてしまい・・・実質的には+6kmです。

ただ、残念なことに・・・

1202032

トータルで2000km突破を目指してたんですが・・・やはり膝の痛みには勝てませんでした(T_T)

 

ロングライドでは、どうも60kmあたりから古傷の左膝痛みが出てしまいますねぇ。

ちょっと早い人と走るとダメになってしまいそうなので、緩やかにまったりとなら上手く抑え込んで行けるかもです。

でも久しぶりに筋肉痛な予感。

腿とお尻あたりの筋肉がちょっと痛いです。

今度は、もう少し暖かくなったら、まったりと走りましょう(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »