« 自転車屋のちスクラッチ日曜会 | トップページ | エコポイント »

ほっ

昨日は何年振りかの医大付属病院へ。

 

実は1ヶ月前から右胸にシコリがあって、その検査でした。

かかりつけの先生は専門外なので、万が一のことを考えて医大での検査を勧めてくれました。

結論から先に書きますが、「心配ない」とのことでした。

 

可能性としてあったのが、男性としては珍しい「乳がん」です。

そうじゃない、と思いつつも心の中には「乳がん」という言葉でいっぱいです。

何しろ、僕の親父が僕の今の年齢でがんになったというのがあるんで、余計そう思えてきたんです。

ネットとかで調べると、できた場所も症状も似ている・・・

「もしかすると・・・」、「そうなのか?」という言葉が検査の直前まで浮かんでは消え、浮かんでは消え・・・

 

検査は乳腺外科というところ。

あまり男性には縁のないところですが、他の科も併設されてあったので、男性もちらほら。

でも僕だけでしょうね。乳腺外科に来た男性は・・・

「マンモグラフィーって男でもできるのかな?」といういらぬ心配ばかり。

 

で、名前を呼ばれて診察室に入ると優しそうな先生がおられました。

一通り経緯を説明した後、僕の胸のシコリを確認してエコーで検査。

 

しばらくして、

「なるほど。わかりました」

と先生の声。

「心配ありませんよ。これは粉瘤(ふんりゅう)といって、毛穴に皮脂などがたまったものです」

 

よかったぁ(^^)

 

「でも男性にも乳腺があるので乳がんになる人もいますからね。あなたの場合は、特に治療する必要はないですよ」と笑顔で答えてくれました。

「もしもっと腫れたりしたら、また来てください」

 

あっけなく僕の心配は吹き飛んでしまいました。

 

ほんと、検査の直前まで、治療のこと、今後のこと、家族のこと、考えました。

健康ってありがたいなって思いましたよ。

 

で、僕はそうではなかったんですが、この病気と闘っている人たちがいます。

ほんの一瞬ですが、疑似体験(妄想?)したため、以前よりは闘っている人たちの苦しい気持ちわかったような気がします。いや、わかってわかってないですね。まだまだですね。

 

それに男性だからって乳がんにならないことはないので、身体に異変を感じたら早めに専門の先生に診てもらうことをお勧めします。

 

 

妄想の数日間、ある意味良い経験をさせてもらいました。

|

« 自転車屋のちスクラッチ日曜会 | トップページ | エコポイント »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

健康が一番ですが、たまに病気に成った方が

生きるって事
死ぬって事
家族の事
自分の事
今後の生活の事

色々と考えるきっかけに成るんですよねぇ

日々生きてる事に感謝したいものです

投稿: morimo | 2010年2月 4日 (木) 22時46分

>morimoさん
こういうことって考えてるつもりが、妄想にせよ「死」というものがすぐ近くまで来た(と思った)ときの考え方は、半端じゃなかったですね。

ほんと生きてることが、こんなに素晴らしいってことを実感したことは何よりもの収穫です。
 
でも、妄想の数日間。何も無かったかのようにしていたのはちょっと辛かったですね(^^;

投稿: Chootoku | 2010年2月 5日 (金) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504936/47479111

この記事へのトラックバック一覧です: ほっ:

« 自転車屋のちスクラッチ日曜会 | トップページ | エコポイント »