« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

CYCLE MODE international2009

自転車好きの最大イベント。

CYCLE MODE international2009、息子と行ってきました(^^)

 

まあ、今年も・・・描いてました。絵。

結構目立つんですね~。

いろんな人から声をかけられました。

0911281

Bianchiのブースでも写生大会全開~(^^;

0911282

細かいところは、よ~く観察して・・・

091128

実は、最初にスケッチしたのは「フジ自転車」さんのブース。

以前、STEMくんから、フジ自転車の自転車を使ったトラ車の話を聞いていたんで、どんなのかな~って思ってました。

ごついステムとカラフルなフレーム、タイヤに魅了された息子は、まず第一発目はここでスケッチさせていただきました。

091128_2

NEVADA Sという自転車。

さっき、STEMくんのブログを見たら、リンク先にこの自転車を乗ってトラしている姿がアップされていました。

僕もこれを見て、こいつを使えばトラできるなぁって思いましたねぇ。

フレームの形状がオールドスクールっぽいところがまた良いです。

091128nevada

そんなこんなで、息子のスケッチからスタートした今回のサイクルモード。

 

息子のスケッチの合間を見て僕も何台か自転車に試乗しました。

 

まずは小径車のMiniwalker(17Bicycle)を試乗。

091128miniwalker

実は、この自転車、スタンドをうまくあげられなくて、ちょっと壊してしまいました(^^;

すぐに直していただいたんですが、17Bicycleのスタッフさん、ごめんなさいね~。

 

でもすごいギア比と思うんですが、すごく軽く走るんですね。

びっくり。しかも意外と安定感あるし。

 

続いて、リカンベントを手掛けているProgressiveさん。

一昨年はここで、息子はリカンベントを描いて、スタッフの方からCDカタログいただきました。

乗ったのはクロスバイク。

 

続いて、声をかけられて乗ったのが、電動アシスト自転車。

坂のある専用のミニコースを走ります。

初の電動アシスト自転車。

一週目は、アシスト無しで坂に挑戦。

助走距離がほとんど無かったので、スタンディング状態で上りきりました。

続いて、アシスト機能をオンにして乗ると・・・スィ~と坂を上って・・・

というより電動モータの動きに合わせてぺダリングしている感じ。

   「こいつは卑怯だ~」って心の中で叫んでました。

確かに楽なんですが、自転車の面白みが少し無くなったような気がします。

 

だんだんと人が多くなってきて、よさそうな自転車は並ばないと乗れない状態に。

で、初めて並んでみました。Jamisさんに。

MTBのリアサス、リジットの2台に試乗させていただきました。

MTB専用コースではお楽しみモードに。

やっぱりMTBは楽しいっす。

 

最後にSCOTTさんのロードバイクに試乗。

初ロードです。

CR1 COP CDという車種に乗りました。カーボン製フレームです。

で、スタッフの女性の方に、「ロードは初めてなんですぅ」って言うと、すごーく丁寧に教えていただいて・・・

「いやいや、そこは知ってますから、シフトチェンジの仕方を教えてくださいね」と僕。

まあ、最初から、こう言えば良かったんですね。

 

おそるおそる試乗コースへ・・・おおぉ、速い!

ちょっとした段差ではゴツゴツという感触はあるものの、結構快適・・・なはずでしたが、シートポストの締めが甘かったのか、段差のたびにシートが下がって・・・

帰ってきたときのポジションは大変なものでした(^^;

でもロードバイクの良さを実感しました。

 

最後にどんなバイクに乗ったのかというカードとステッカーをもらって終了。

結構親切なスタッフの方たちでしたね。

たまたま以前にいただいたSCOTTのステッカーをヘルメットに貼っていたんで、それをスタッフの方に見せると、喜んでくれました。

 

ちょっとこのバイク、欲しくなってきました。

 

あっ、そうそう、息子は絵を描いているだけじゃなく、自転車の試乗もしましたよ。

(と言いつつもほとんど絵を描いてましたが・・・乗るか乗らないかでちょっと喧嘩状態でしたが・・・)

091128kidsbicycle

ルイガノのMTB。

変速もせずに高速でペダルを回して走ってました。

このときはさすがにジャックナイフは封印してました(^^)

来年からは大人に混じって試乗コースを走れそうですね。

 

ということで、意外と満足しながら帰路につきました。

で、ここで試乗していて気になることが・・・

やたらとスピードを出して走っている人達がいることなんです。

「私、ロードをやってます」って感じの人が多いです。

一部の人たちなんですが、非常に危ないと思います。

人があまりいないところであれば、まあ危険も少ないかもしれませんが、自転車が乗れるとはいえ、いろんなレベルの人が狭いコースを走ってるんで、見ているだけでも危険です。

展示ブースを見ていたときに、衝突とまではいかなかったようですが、危ない場面を見ました。

速く走るためには、確実に止まれる技術、危険を回避する技術が必要ですが、どうもそれを持ってる人たちではなさそうです。

せっかく楽しみにしていた試乗が、怪我して台無しにしたくないですからね。

その自転車の本質を噛みしめるようにゆっくりと乗るのが良いと思いますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ペンちゃんのブルース

我が家のアイドル?ペンちゃん。

090412

の曲ができました。

息子作編曲、僕がちょっとアレンジ、打ち込み。

昭和歌謡曲風です。

「penchanbluse.mid」をダウンロード

携帯の着メロにでもどうぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リスとトラ

来年は寅年。

ってことは、虎イアル年?

じゃあ年賀状はトライアルで決まり!?

 

という意味を込めてか?子供たちと一緒にいつもの公園でトライアル関連の撮影会みたいなことをしてみました。

でも結局撮ったのは数枚・・・

 

息子にマルイシBTRに乗ってもらってと思っていたら、僕のGIANTに乗りたがってました。

やはりコントロールし易いんですねぇ。

で、乗るとジャックナイフをやりたがります(^^;

 

最近、それもサマになってきて、後輪結構上がるようになってます。

安定もしてます。

091123

彼にとっては26inは大きいんですが、結構乗りこなしてます。

この写真をよく見ると、前ブレーキはリリース状態。ってことはジャックナイフの頂点は到達して落ち気味の場面のようですね。

確かに、この後もこれ以上の高さを何度もメイクしてましたから、きっとそうでしょう。

それに・・・知らぬ間に利き足が左になってます?

 

僕も負けじとパフォーマンスをば。

といっても久しぶりなんでガタガタだったような(^^;

 

娘は、最近「リス」と言って、僕の自転車の前輪に乗ります。

091123_2

僕がお城の公園内で練習していた時に、前輪にリスが乗っかって来た逸話がもとで「リス」と言ってます。

かわいく乗りこんでます。

 

これらの写真が年賀状候補かなぁ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

にせパンダを探せ!(^^)/

アップ課題として利用させていただいている礒さん作「パンダ白」課題。

日頃の感謝の意を込めて、「にせパンダ白(付近)」課題をつくってみました。

ん~、結構いい加減な奴です(^^;

 

前の水曜会では二つ、今回の土曜会では三つ、それぞれ礒さんの課題に被るように作ってみました。

はっきり言ってパクリです。

違った意味で面白くしようと思い、基本、スタンスは本家パンダ課題をなるべく踏襲し、ホールド自体は近くに設定、ということを念頭に作成です。

 

こんな風に(↓)

0911221

091122

上の写真の課題(C壁右)は、白の気持で素直にトライするとちょっと危険な香り(実際にIさん、Mさんがちょっと犠牲に・・・)がしたので、白/銀の気分で、という気持ちで、銀テープも後で貼り付けてます。

・・・でも白(たぶん)ムーブも存在するので、そこはムーブをしっかり読んでくださいね~。

 

まあ、礒さんの課題ほど秀逸ではないので、適当にやっつけちゃって下さいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ママチャリ~ン

ちょこちょこ作っていた、というより直していたプジョー。

ママチャリ化、一応完成っす。

結構、おしゃれな感じかも。

0911212

0911211

前かごは規格外の強引な取り付けですが、わりと安定についてます。

 

後輪がやたら太いのが気になりますが、まあいいでしょう。

泥除けが干渉したり、ブレーキの調整が微妙だったり(このリムじゃこのフレーム小さい)、、、

今回、活躍したのが結束バンド。

泥除やかごの固定に活躍しました。

 

前ブレーキは、

091121hs111 091121hs112

マグラHS11!

あんまり日本には無いようなこと聞いたことがあります(ホントかな?)。

 

嫁さんに試乗してもらったんですが、なかなか良いとのこと。

変速ができないシングル(と言いつつ、手動4速)で、お買いものコミューターとして活躍して欲しいっすね。

 

当初、パ○カーみたいかもと思って、泥除けを白く塗ろうと思ってたんですが、嫁さんがこっちの方が良いとのことなので、このままで決定。

 

来週はサイクルモード2009。

自転車乗れるの楽しみだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

兄妹♪

前の日曜日、小学校の日曜参観でした。

1時間目と2時間目。

 

嫁と交代で、僕は1時間目は娘の教室、2時間目は息子の教室を参観しました。

 

先月も平日の参観に出られたので、今年は2回目。

 

でも、こうやって見てると、同じ親から生まれて、同じ環境で育ってるはずなのに、こうも違うもんですかねぇ?

 

娘は、授業中、どちらかというと「ボーッ」としているタイプ。

特に積極的に手を挙げる訳でもなく、後ろから見る限りなんとなーく授業を受けている感じ。

本人はそうじゃないかも知れませんが。

 

一方、息子は積極的に手を挙げて、真剣な表情で授業を受けてます。

まるで「優等生」です。

 

いつも嫁とはこの話になります。

 

なんでこうも違うのって?

 

で、この二人、よくケンカしてます。

確実に一日に一回はしてます。

 

ケンカしてるな、と思っていてもいつの間にか二人で仲良く遊んだりしてます。

 

だいたい娘は息子の真似をしたがり、それがもとでのケンカが多いようです。

 

ほんと、よくわからない行動パターンですが、やっぱりどこか二人似たところあるんですね。

兄妹って不思議です。

091118

| | コメント (0) | トラックバック (0)

here comes the flood

ピーター・ガブリエルの曲じゃありません。

 

昨日未明の大雨、和歌山市観測史上最大の豪雨だったようです。

 

被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

 

実は我が家もヤバかったです。

大雨が降ると、家の前の道が川になり、裏の田んぼは湖になります。

だいたい年に一回くらいですが、今回は僕がここに来てから一番のひどい状態でした。

水は庭まで侵入してきて、家から外に出られない状態。

警報も出ていて、学校付近も浸水しているため、本日は休校。

 

で、僕は会社に行くため、準備を始めました。

自転車通勤ですが、日頃トライアルで鍛えたバランスで、川(道)を走ってもこける気はしません。

 

家を出てみると、結構凄い状態で、ぺダリングしている足(長靴)が水の中へザブザブとはいって行きます。

一筋向こうはちょっと高くなっているので、水がほとんどなかったんで、そちらへ移動。

車は大渋滞。

 

で、ここを通りつつ、いつもの通勤路に戻ると、さらに酷い。

ここは少し低地になっているため、水は腰付近までありそうです。

何人かの人もそこで諦めてました。

 

再び先ほど走ってた道に戻ると、交差点付近も水没。

ただ、自転車は快調に走ってました。

が、突然、ギアにチェーンがかみ合わなくなり、どんなにペダルを回しても前へ進めない状態。

ここで、オット・ピで前へ進むわけでもなく、自転車から降りました。

結構深かったですね。長靴の上から水が入ってきました(T_T)

 

交差点を超えたところにスーパーがあるので、そこの駐車場まで押して歩きました。

ちょっと高い位置にあるので、水はきてなかったので、自転車をチェック。

 

なんと、凄い量の稲わらがギアにからみついてました。

後輪を外して稲わらを取り除き、なんとか出発することができました。

ところどころ難所はあったものの、無事通り抜けて会社へ着くことができました。

091111flood  

水害って大変ですね。

幸い、裏の田んぼがあるため、多くの水がそちらに流れ、大きな水害を回避してくれているようですが、ここが宅地開発や道路になったら、どうなるんでしょう?

 

ちょっと、考えさせられました。

| | コメント (2)

心豊かになる。

いろいろあって、いろいろ考えて、こんなタイトルに。

 

日曜は、息子のエレクトーンの演奏会でした。

息子はいつになく緊張している様子でした。

僕の母親、彼にとってはおばあさん、通称「ばあちゃん」が観に来てくれたことも関係あるかも知れません。

 

土曜日に実家から、僕がばあちゃんを連れて帰りました。

ばあちゃん自身、最近いろいろあって心休まる時間がなかったんです。

僕たち二人の息子は、近くに住んでいないんで、心配するばかり。

「これぞ!」という手が打てない状態でした。

 

で、少しでも気分転換でもと、僕が誘ったわけです。

我が家に来るのは一年ぶりです。

子供たちも大喜び。

 

どんな曲を演奏するかを聴かせてと、ばあちゃん。

息子は二階に行き、エレクトーンを演奏してみせました。

なかなか良い曲なんですよ。

 

そしたら、ばあちゃんの目から泪が。。。

ほんといろんなことがあったんです。

でも息子の演奏を聴いて、心が洗われたと。勇気をもらったと。

ばあちゃんは息子をしっかり抱きしめました。

 

息子自身は、ステージに立つのは5回目。

去年までは、ほぼ片手だけの演奏で、みんなでアンサンブル。

で、今年は息子のこだわりから、いつもの指導は個人レッスンになったもんだから、アンサンブルの相手が居ない。

なので、今回は一つ上のお姉ちゃん達のグループで演奏することに。

一番年下なんですが、結構なことをやるみたいです。

去年とは大きく違い、両手、足を使って演奏。

 

息子たちの出番が回って来た時、僕自身が手に汗をかいて緊張していました。

 

息子たちの演奏が始まりました。。。

 

落ち着いた演奏で、他のパートも入りmいつも聴いていた息子だけの演奏にさらに厚みが増して・・・両手をパッと挙げて演奏が終わると・・・

思わず僕の目がウルウルと・・・

親バカですが、最高の演奏でした!

なんとなく、昨日、ばあちゃんが泪したのがわかるような気がしました。

嫁も帰りに泣いていました。

何しろ最初はまともな状態じゃなかったらしいですから。

先生も「○○○くんにまかせて良かった!一番成長したね」と。

091108_4

さらに花束が届いているとの伝言が。

で、受け取ってみると・・・

息子の友達からでした。

 

今回の息子のグループの一人がその友達のいとこらしく、息子に花束をあげたいと言ってくれたそうです。

その子も幼稚園までは、息子と一緒にエレクトーンを習ってたんですよ。

今は学校の同級生です。

 

中学生までの演奏を聴いたんですが、息子ほど足を動かしてベースを弾いていた子はいなかったみたいです。

個人的には「足をよく動かしたで賞」なんてあげたいくらいです。

 

出番が終わり、皆でごはんを食べて、帰りにケーキ屋へ。

ばあちゃんからのプレゼントです。

で、選んだのがこれ(↓)

091108_5

ば、バースデーケーキやないかぁ!

やるなぁ、お主(^^;

家に帰ってからは、ばあちゃんに他の曲を聴かせたり、ケーキを食べたりして、、、

 

ばあちゃんは帰って行きましたが、ものすごーく喜んでいました。

写真も一緒に撮ったんですが、あんなに嬉しそうな笑顔を見たのは久し振りです。

 

なにか、息子の成長を実感したちょっと感動的な日でした。

そして僕が心配していたばあちゃん。

息子が癒して、心豊かにしてくれました。

 

息子に感謝!

ばあちゃんに感謝!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

巨星堕つ

5代目三遊亭圓楽師匠が亡くなられました。

「笑点」の人気者でしたね。

テレビでよく報道してたので、息子が「笑点」に興味を持って・・・観たいと。

たぶん生まれて初めて「笑点」の視聴でした。

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

で、今回のタイトルの「巨星」というのは圓楽師匠(もちろん巨星ですが)ではなくて、圓楽師匠が亡くなられた次の日に亡くなられた方です。

 

昨日、家に帰ると、嫁が

「誰々さんが亡くなったという記事が新聞に載ってたよ」

と。

って「誰々って誰?」

 

新聞を見ると・・・

クロード・レヴィ=ストロース氏でした。

御歳100歳!

 

実はこの方、著名な人類学者で思想家なんですが、僕に大きな影響を与えた方なんです。

 

高校生の頃、なぜか民族音楽が好きになってしまい、故 小泉文夫先生(当時東京芸大教授)の楽しそうな民族音楽のお話をラジオやテレビで通じて聞いていました。

いつしか西洋圏でない、異文化に魅かれるようになってたんです。

 

たまたま入った大学では、「文化人類学」なる講義があり、民族音楽の流れもあって、面白そうと受講したんです・・・

が、学生は広ーい講義室に5人くらい。

なにせ、3年生の講義の設定ですし、専門ではないので、単位がこと足りている学生にとっては、別にどうでもいい講義のようだったんです。

毎回出席していたのはきっと僕だけだったんでしょうね(笑)

 

その中で、現代の文化人類学を語る上で重要な「構造分析」というのが出てきて、その祖が、かのレヴィ=ストロース先生だったんです。

 

とはいっても、最初なんのことかさっぱりわかりませんでした。

といっても今も理解しているとは到底言えませんが(笑)

 自然なもの、加工したもの・・・なにやら変な三角形が出てきたり・・・

 

まあ、朝一番の講義だったので眠かったのもあったんで、聞いてなかったとも言えます。

 

ただ、直観的に、「何か面白そう」と感じたんです。

先生が何かを言ったのでそうだったかもしれませんが。

(そう言えば、新しい数学を取り入れたというのに妙に興味がありましたね)

 

直接、論文を読むのは困難なので、周辺の本を読みました。

で、なんとなーく分かってきたところで、やっぱり面白いんじゃない?と。

 

で、これまでに何冊か関連する本を読みました(たぶん)。

 

で、何に影響を受けたのか??

 

僕的には、「視点」です。

 

よく「未開」社会と言う言葉があるんですが、これは西洋の視点から見た言葉。

でも、そういう社会でも形は違えど、われわれの視点からではなく、その社会の視点から構造を調べよ、と氏は提唱しています。

そこに、われわれの社会と共通するものがある・・・これが構造主義と言われるもの(確かそうだったと思います)です。

 

これは僕にとって強烈でした。

 

なので、それ以来、視点っていろんなのがあるんだということを考えていますね。

視点は一つじゃないと・・・

 

僕に多大なる影響を与えたレヴィ=ストロース先生、

ご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ママチャリ

急に寒くなってきました。

 

前回の日記で書いた新しい自転車。

その名も「ママチャリ」happy01

 

結婚したときに、嫁に買ったPEUGEOTのMTB。

トラクロス車を作るとき、色々パーツを取ったりしたんで、乗れる状態ではありませんでした。

  まあ、何年も前から乗って無かったんですけどね。

 

もったいないという気持ちもあって、また家にはカゴ付きママチャリが一台のみで、みんなでお買いものの時は、こいつに荷物が集中してしまいます。

子供もわりと遠くに自転車で出かけられるようになったので、家族そろっての自転車での買い物(自転車の買いものだったらさらに嬉しいんですがね)ができるよう、ママチャリ風のバイクにしたいと漠然と思ってました。

 

変速行為は面倒なので、できればシングルスピード化して・・・

と考えたんで、いろいろコストも嵩むだろうと。

チェーンテンショナー、スペーサー、買わなきゃなあ、って思ってたんですが、、、

何気にディレイラーを取り外して眺めてたら、こいつがチェーンテンショナーの代わりに使えそうだと(当然?)思い、早速作業開始。

 

まずは、新しいリアハブを購入のつもりでばらしたリアホイール。

前のジャイアントトラ車で使っていたハブ(XT)をそのまま使うことで、しばらくは購入断念。

で、組み直しです。初めての体験。

 

振れ取り台持ってないので、自転車をひっくり返して・・・

難しい。。。

ばらさずに、そのまま残しとけば良かった・・・という後悔の念。

リアホイールなんで、おちょこ状態にしなければならないのですが、まあ、満足いくような状態に仕上がりません。

ま、とりあえず、どんな状態になるのかを先に見たいという念が強くって、組み直しはそこそこに(後日修正するとして)、さらに作業を進めています。

この自転車、いろいろみてばらしていったら、ちょっと特殊っぽくて、思うようにばらせない。

前輪のブレーキブースターを外したら、サスを軸にくねくねと回るし(^^;

 

ヤスリとか使って調整しながら少しずつ進めてます。

 

シングル化に必要なスペーサー。

カセットスプロケットにあった、スペーサーを取り外し、出っ張っているところをヤスリで滑して、シングルギアに(↓)

091103

とはいいつつも実は2速です(^^;

手動変速の。

ま、見た目は汚いですが、手持ちのパーツで作ったんんで、こんなもんです(^^;

 

こんな感じでママチャリ風バイクを作り始めましたが、いつになく時間が取れそうにないので、いつ完成するのかわかりませんが、少なくとも嫁からは文句が出ていないのでコツコツとやって行こうかと。

みんなで自転車で買い物を行ける日を夢見て・・・

(と言いつつも、今持っている自転車で行けないわけじゃないんですが、ちょっとしたこだわりです)

091103_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

図書館へ♪

何やら息子が図書館に行きたいってことで、県立図書館へ行ってきました。

そうです。恐竜を調べに行ったんです。

 

だいたい子供の本は見ているようなので、大人向けで、本屋には売っていなさそうなものを探しに行きました。

 

まずは、子供の本のコーナーで、気になっている図鑑を見てました。

クリスマスプレゼントでゲットするかどうか悩んでいるようです。

 

その間、僕は図書館内に古生物学関係の本を探しに。

何冊か面白そうなのがありました。

一冊は、借りられない本なので、また後日ノートと筆記用具を持って行く約束をしました。

 

借りられる本のコーナーでは、あまり本屋では見かけない本がわりとありました。

僕的には「恐竜の飼い方」って本が気に入ったんですけど(^^)

でも、息子には受けなかったようで、ナショナルジオグラフィックの恐竜図鑑を二冊ゲットしました。

僕もついで一冊借りました。

 

で、帰る途中の車の中で本を読んでました。

冤罪のオビラプトルとか、なんとかサウルスとか・・・いろいろ教えてもらってるんですが、覚えられません(^^;

ほんと興味あることって、とことんやるよなぁ。感心します。

 

で、来週は息子の出演のコンサート。

家で嫁とともに練習しました。

ベースを足で弾くために、椅子に浅く腰かけるため、おしりがいたくなるようで、

「ぢになるぅ~」って叫んでました。

 

その間、僕は使っていないMTBのディレーラーを取り外し、眺めてたら、ちょっとしたアイデアが。

 

で、そのまま自転車製作突入!

ちょっと悪戦苦闘(まではないですが)してます。

もう一台自転車が誕生、かもです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »