« WALL・E | トップページ | お菓子クライマー! »

始まりはいつも、、、

そう言えば、僕がなぜクライミングを始めたかを書いてませんでしたね。

まぁ、聞きたくもないかも知れませんが、我慢してください(笑)

 

実はフリークライミングを知ったのは結構古いんですよ。

たぶん、20数年前かもしれませんね。

学生のころ、何気なくテレビを観ていたら、人が崖を素手で登っている映像が僕の眼に飛び込んできました。

それをやっていた人たちは、ものすごくバランス感覚が良くて、スタスタと登っていたんです。

その人たちは、「フリークライミングはバランスが重要」って言ってたんです。

僕はバランス系のスポーツを観るのが好きで、体操とか好きだったんです。

でも体操って別世界な感じだし、やるにはちょっと、、、と思ってたんですよね。

 

でもそのフリークライミングを見て、「これだ!」って思ったんです。

バランス系だし、当時は(そのちょっと前まで)体重すごく軽かったし、指の力あるし、、、ほんと自分向きだと思いました。

 

でもですね、、、当時は今みたいにジムは無いし、専用のシューズもないし(小さめのスニーカーを履いてくださいって言ってました)、周りにやっている人(同級生の山岳部の人はそんな真似ごとみたいなのやってましたが)いないし、、、

要するに簡単に始められる環境じゃなかったんですよ。

それでも先人達は努力してやってたんですね。

今思えば、山登りが趣味だったら、それなりの環境に出会えたかも知れませんね。

なにしろバランス系のスポーツであるというこの一点が僕の興味を引いたんですから、そんな発想ありゃしません(笑)

 

その後はテニスやったり、オートバイ(山行き)やってみたり、、、トライアル始めたり。

あまりフリークライミング、意識してませんでしたね。

 

で、子供が生まれたころ、クライミングの雑誌が目につき始めて、ふつふつと「やりたい!」という気持ちが復活してきました。

でも最初に知ったあのころと比べるととんでもなく体重が。。。(笑)

で、今年こそは始めよう、、、といつも思いながら、古傷が再発したり、なかなか始められませんでした。

 

そんな中、会社の同僚にそんなことしてみたいと話していたら、それをやっている人がいるとのこと。

なんと、その人は僕のよく知っている人だったんですよ。

(彼と最初に会ったのは、スペインのバルセロナでした)

で、3度ほど大阪のパンプに一緒に行き、完全にはまってしまいました。

 

大阪まで通うのも大変なので、紀三井寺の壁で練習するか、近くに他の施設はないのかとネットで探していたら、今のSCRATCHに出会ったんです。

あのときはほんと嬉しかったですよ。

でも当時のHPには、立ち上げメンバーの写真があって、それを見て少し引いてしまいました(失礼)。

でも意を決して行くと、皆さん親切な方ばかりで、、、、

 

ま、そんなこんなで今まで続いています。

当分、止められそうにありませんね。

(たぶん一生)

|

« WALL・E | トップページ | お菓子クライマー! »

クライミング」カテゴリの記事

コメント

確かに「最初の一歩」って大事ですねぇ
特に年を取ると守りに入っちゃうから…

のび太が実は凄い早撃ちガンマンな事の様に
私にも何かキラリと光る物が有るんでは?
と思い続けて早40年……涙

未だ見つからずですが(T_T)

投稿: kazys | 2008年12月22日 (月) 23時13分

>Kazysさん
僕もキラリと光るものを持ってるかどうかわかりませんねぇ(^-^;

でも、折角見つけた楽しいことをやってるときってちょっとは輝いてるんじゃないかと。
 
その「ちょっと」が自信になったり、積み重なってキラリと光ったりするのかなぁ?

光るためには磨かないと。。。
 
やっぱり好きなことやってる親父って、僕は光ってると思うんですよね(頭ぢゃないですよ)。

投稿: Chootoku | 2008年12月23日 (火) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/504936/43498487

この記事へのトラックバック一覧です: 始まりはいつも、、、:

« WALL・E | トップページ | お菓子クライマー! »