« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

シューズ??

そう言えば、「世界スーパートリッカー対戦」というビデオを見たとき、モトのトライアルの藤波選手、黒山選手、野崎選手がトライアルブーツを履いたまま、自転車のトライアルをやっているシーンにちょっと衝撃を受けたことがあります。

 

乗り難くないのかなぁ?って。

でもこれを履けば脛にペダルが豪打しても痛くないはず。

じゃぁ、ちょっと試してみますか。。。ということでやってみました。

汚い脚ですがご容赦を(↓)。

080726

もう何年も履いていないオフロード用ブーツ。

このalpinestars、10年以上前は最新型だったんですよ。

ビデオとの違いは、トライアル用ではなく、エンデューロ用。

080726_2

ちょっとやってみたところ、ペダルどこ踏んでるのか分からなかったですcoldsweats01

足裏感覚が全くと言うほどないというか。。。ダニエルやろうと思うと怖い。。。。ちょっとだけやってみましたが。。。

オートバイに乗るには、何の支障もなかったんですが。。。

そう言えば、藤波選手のブーツの底って特別薄いらしいんですよね。

足裏感覚を鋭くするみたいで、普通の人が履いてバイクに乗ると痛いそうです。

 

で、この実験の後、ブーツ内側のプロテクション部分がメリメリと剥がれてきました。

で、内側のプロテクション部分のプラスチック、すべて取れちゃったんです。両足とも。

まあ、10年以上前のブーツですから、劣化していても当然ですよね~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

リフレイン

あの曲が耳から離れませんcoldsweats01

 

うちにCDが来てから子供たちはずーっと聞いているそうです。

ある意味、凄い。

 

で、携帯ストラップ買っちゃいました。

仕事の帰りに、というよりかものすごく遠回りして。。。

 

ちょっと満足confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポ~ニョ♪

本日、あの話題のジブリ最新作の「崖の上のポニョ」を観てきました。

 

まぁ、あの主題歌耳から離れません(^^;

子供達も観る気満々。行くしかないです。

 

実は、僕、ジブリファンでも何でもないんですよ。

作品自体のクオリティーの良さは認めますが、僕にはどこがいいのかわかんないです(笑)。

(でもナウシカはいいですね。これだけは僕も共感します)

で、行く前からも「寝るかもね~」なあんて、ふざけて言っておりました。

今日は朝からラジオ体操のハンコ押しのために朝の6時前から起きているんですから。

しかも前日にネットで批評をみていたら、賛否両論。

それで益々、惰性で子供たちだけのために、家族サービスのための映画鑑賞だって割り切っていました。

 

 

それが、、、

 

 

 

 

な、なんだ~、良いじゃないのよ~happy01

 

観ていて、ポニョが僕の娘に似ているんですよ。特に寝ているところが。。。

思わず娘の横顔を見て、ニヤリって笑ってしまいました。

でも同じくらいの年の娘さんを持つ親御さんは、たぶんそう思うんじゃないでしょうか。

これ観てから、娘のことを「ポニョ」って呼んでます。

娘も調子に乗って、ポニョの台詞を可愛く言ってます。

 

ホンワカした感じが良くって、本当の悪い人も出てこない。

ストーリーもわかりやすい映画、なんか久しぶりのような。

あっという間に映画が終わった感じです。

でもその中に、よく考えてみれば、「あぁ、そうか!」というところも随所にあるような気がします。

 

ネットとかの批評で、良くない評価している人たちの文章を読んでいると、その人たちの個人個人に独自のジブリ観やジブリ作品対する大いなる期待なるものがあるような気がします。

その点、僕は何もなかったです(^^; だからですかね。

  

それに今回、この作品を作った宮崎駿監督、「天才!」って思うのと同時に、「子供!」って思いました。永遠の少年です。

「天才な子供」は無敵。でも賛否両論を呼びそうなことも確かだと思います。

宮崎駿監督に対してここまで考えたことなかったです。

そう考えると、今までの作品も違って見えるてくるかも知れませんね。

 

この作品、ポニョが可愛くて、内容も良かったんですが、一つだけ、この作品に注文を付けるとしたら、

「矢野顕子さんの声をもっと聞きたかった~。」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お懐かしぃ~♪

さっき、フジテレビの「タモリのジャポニカロゴス」をチラチラ観ていたら、見たことある人が・・・

 

「えっ、岩上さん?」

 

今日は京都の言葉の特集みたいで、コメンテーターで出演されておられました。

そういえば、作法研究家としても名の知れた人だったよなぁ、と思いながらテレビを観ていました。

以前も同じ番組に出演されたときも偶然この番組をみてて、知り合いにメールを出したことがあります。

早速、岩上さんについてググってみたら、なんとウィキにありましたよ。

いろんな番組に出演されているんですねぇ~。

 

えっ?岩上力(つとむ)さんと僕との接点?

もうだいぶ昔のことで、覚えておられるかどうかわからないんですが、ウィキにも書いてある通り、俳優さんでもあるんですよね。

で、僕も学生のころ演劇をやっていて、地元では有名な劇団の主催者が岩上さんだったんです(今でもやってんのかなぁ~)。

まあ、僕らは学生演劇で岩上さんの劇団の芸風(?)とは全く違ったんで、まさに現役のときは接点は無かったんですよ。存じ上げてはいましたが。

で、僕らの劇団が就職や何やらで活動を停止したときに、僕らの劇団にいた仲間の一人が岩上さんの劇団に入ったんです。

それが縁で、一度公演のお手伝いにいったことがあるんです。

アットホームな劇団でしたね。でも元新国劇の俳優さんだけあってオーラ凄いんですよ。

 

でもですね。若気のいたりでしょうか。

お手伝いの身でありながら、岩上さんの演出にダメだししちゃったんですよ~。

劇団員の皆さんはしないのに。

ほんとそのとき、それが納得いかなくって。自分は出演しないのにですよ。

面白いお芝居だったんで、なんとかもっと良くしたい、ってのがあったんですかね。

結局は僕が折れたんですけど、、、でも後で岩上さんに

「Chootokuくんは芝居が分かっている」って言われたんですよ。

僕にとっては最高の褒め言葉でした。嬉しかったです。

 

この話、もう20年近く前ですが、懐かしい思い出です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログの効用

ブログ始めて半年が経ちました。

 

三日坊主ならぬ二日坊主の僕が半年続くなんて。。。

読んで下さる皆さんのお陰ですね。

 

ふと思ったんですが、ブログ書くようになって、ネタ探しもあってか色々観察するようになったと。

特に子供たちを。

まあ、普段から面白いことやってくれるんですが、少し離れて冷静に観察したり、面白いと思うことをこちらから仕掛けてみたり、、、前よりもよく観察し、違った視点からの観察もしているように思います。

また嫁の今日の出来事も聞くのも面白いし。

ネタ探しっていう不純な動機ですが、それだけ子供たちと接しようとすることは良いことなのかなぁ、って思います。

 

それに文章に書くとき、子供たちは本当はどう思っているんだろうって考えてみたり、反省したり、納得したり、、、文章を書く効用でしょうかね。

 

人に読んでもらう文章を書くってことは色々効用があるみたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ペコン!

先日の自分のトライアルのムービーを解析してわかったこと。

ダニエルからジャンプするとき、思った以上に腰を落としていない。

 

じゃあ、意識して腰を下げてみるとどうなるのかを試してみたところ、何回かやっているうちに、腰を下げた瞬間、タイヤが「ペコン」とつぶれるような感覚。

そのとき、すごく飛べたような感覚がありました。

実際、どれだけかは分からないんですが、少し跳びに余裕があるというか、そんな感じです。

空気圧が低くて、グニッとタイヤがよれた時くらいしかそんな感じはこれまで無く、今回は比較的空気圧も高い状態です。

 

これって、タイヤがつぶれるっていうやつ?

 

よく上級者がタイヤのつぶれ(反発)やフレームのしなりを利用して跳ぶ、ということを聞いたことはありますが、こんな感覚なんでしょうか?

そうだったら、、、へへへcatface、、、うれしいなぁ。

でもフレームのしなりはわかりませんねぇ。

 

また今度、障害物を使って確認してみることにしましょう。

勘違いの可能性大かも知れませんので。。。

080713trial

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あんぱん

昨日の土曜会。

K副会長がアンパンの食べ方をレクチャーされてました。

アンパンはつぶして、ペッタンコにして食べるべし!

むむむ。考えてみればパンの生地が詰まって、パンの甘さが凝縮してしかも餡子の甘さも合わさって、美味しくなるかも。

またそのとき、Iさんからの情報で、駿河屋さんのアンパンが上手い、という話になりました。

和菓子の老舗、駿河屋さんとアンパン、イメージわかないです。

 

で、近くに駿河屋さんがあるんで、買いもの帰りに寄ってみました。

ありました。小ぶりなアンパンが一個105円で。

で、粒あん、こしあん、ずんだ餡を買いました。

080713_3

帰って、粒あん、こしあんを食べましたが、端から端まで餡子が入っていて、結構美味でした。

あまりアンパンを食べ比べしたことはないですが、僕にとっては大きさももう一つ欲しくなるくらいの大きさで、餡子も程よい甘さ。お菓子として、うまく考えられているなぁ、って思います。

なんか、ちょっと総本家駿河屋さんとの距離が縮まった気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵本

カンボジアの子供たちに絵本を贈る、というボランティアに参加しました。

シャンティ国際ボランティア会という社団法人の事業の一つで、僕が勤める会社経由で申し込みました。

以前に、Room to Readというボランティア組織の活動を本で読んで、教育は大事なんだなぁってあらためて思いました。

僕も息子も本が好きで、本が読みたくても読めないなんて考えられない!と思っているんですね。

 

やり方は簡単。日本の絵本の日本語の部分をクメール語に訳されたシールを切って貼るだけ。

ちゃんとどこに貼るかは指示されています。

土曜日の午前中、子供たちと一緒にやってみました。

子供たちは切る係、僕は貼る係。

絵本はこちら(↓)

080713

最初に日本語で本を読みましたが、なかなか面白い。

ちょっと日本の「お返し」の文化をパロったような内容です。

 

やりながら思ってんですが、クメール語って上下が分からないんですね。

で、それを確認しながら、貼り付けます。

娘が面白いことを言ったんです。

「言葉が短い方が下だよ」、、、なるほど!5歳の娘に教えられました。

 

途中、娘が息子よりも大きい部分を切りたいと駄々をこねながらもなんとか完成(↓)

080713_2

最後に自分の名前のクメール語で書くことにチャレンジしましたが、、、難しいですね~。

 

出来あがって、息子が「背表紙にシール無いよ」って。

確かに。まあ、でも薄いし、貼り難いんで無かったんだと思います。

この本、本棚から出してみないとタイトルわかりませんね。でもそれまで、どんな本か想像を働かせて、ワクワクしている子供たちの顔が浮かびます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おぉ!

久しぶりにボルダリングの金曜会に顔を出しました。

暑いせいか、いまいち調子が悪いです(っていつもなんですが)。

ガラス職人さんの4級課題やったり、みんながやっていた如何にも悪そうなのに参戦したり・・・

何かやりたくて来たつもりなんですが、今日は何をやろうと思っていたのか全然思い出せなくて、うろちょろしてました。

 

・・と思いだしたところで、そこをやってみたんですが、思い通りにはいきません。

最後に、ガラス職人さんとHさんの3級合作課題がC壁にあったんでトライ。

みるからにリーチ系なんですが、ぎりぎり足が残るんでやってみました。

「結構、面白いかも・・・」と思いながら何回かトライしましたが、敗退coldsweats01

でも行けそうな気が、、、また今度トライですね。

 

 

今日は、僕の実弟がTVに出るかも(しかもNHK!)ということで録画していたのを見てみました。

弟からはカットされている可能性が高いという話だったんですが、

「おぉ、映ってる!」ちょっとだけなんですが、、、

やぁ、でも全国放送ですよ。凄いなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

???なバイク

SPEEDRACE ROAR POWER 20in っていうバイク(フレーム)。

???です。

鉄塔に跨るような、、、面白い形ですね。

ゴールドラッシュさんのインプレ、参考にして下さい。

 

自転車のフレームといえども、色んなアイデアでもって思いもよらない形になるんですね。

 

何年か前に、今のGIANTのトライアルバイクが出る前に試作品として、トップチューブの無いバイクが出展されたことがあります。通称、「ナメクジ」。

写真でしか見たこと無かったんですが、その斬新さに思わず「欲しい~!」って言ってしまいました。

結局、強度の問題で市販化は見送られたとか。。。その代り今のTRIALS PROが出てきました。

 

10年後のトラ車ってどんなになっているんでしょうか?想像付かないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コトマン参上!

最近、息子がマンガ制作にはまっている。

幼稚園の頃は、ピ○チューをキャラクターに絵本を制作していたし、マンガのキャラクターを描いては、壁に張り付けたりしていました。

 

今のマンガのキャラクターは娘のお気に入りのウサギのぬいぐるみのコトちゃん。

本物はこちら(↓)

080705

タイトルは「かいじゅう大作戦」

原作は娘、作画は息子です。

写真のコトちゃん(女の子)が正義のヒロインとなって、謎の宝石を怪獣から守るお話。

今回はその前篇らしく20頁以上に渡って描かれています。

マンガを全て掲載すると大変なんで(意味がよく分からない部分が多いので)、一部だけ紹介しますね。

080705_2

うまく全体をスキャンできませんでしたが、結構マンガっぽくなっています。

どこで勉強したのか、本当にマンガの構図を駆使して描かれています。

また、漢字にはちゃんとルビをふっています。

さらに難しい諺とかには解説まで付けています。

何しろ、教育用と銘打っていますから(笑)

 

実は僕も小学生のころ、漫画家になりたかった時期があります。

マンガを描くのが大好きで、手塚治虫のマンガの描き方の本を買ったりしてました。

その時の自分の画力と比べて息子の方が高いような気がします。

親バカです(^^;

 

で、今回のマンガ本の最後の方にこんな言葉が・・・

080705_3

 

ま、参りました~。

仰る通りですー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ライヒ

昨日、新聞のTV欄を見ていたら、「スティーブ ライヒ」特集という文字が目に入ってきました。

こんな特集やるんなんてさすが、NHK!

 

ってスティーブ ライヒって何?と思われる方もおられるかと。。。

作曲家の名前です。現代音楽の。

 

ミニマルミュージックっていう、音を最小限に抑え同じようなフレーズを繰り返してつくる音楽なんですが、合奏するとわずかにずれっていって非常に奇妙な感覚になります。

今のテクノやトランスの元祖とも言える音楽って言えばわかりやすいですかね。

 

それで番組みました。

途中からだったんで、すべてを観たわけじゃないんですが、「18人の音楽家のための音楽」という曲が圧巻でした。

ゲストプレーヤーとしてライヒ自身がピアノを演奏。なかなかカッチョイイお爺さんじゃないですか!

聴いていて新たなる発見が。

音のずれ具合、楽器のの構成からでしょうか、一つ一つはよく知っている楽器の音なんですが、合わさると違う音に聞こえます。

「18人の・・・」の一曲目、PULUSというのが何となく電子音っぽく聞こえ、まさしくパルスでした。

よく電子楽器を生の楽器の音に近づけることはあるんですが、その逆というのは面白いです(そういう風に狙って作曲されたかはわかりませんが・・・^^;)。

また転調する場面がなかなか気持ち良い。思わず「おっ」って言ってしまいます。

これぞミニマルの真髄のような。

 

 

もともとミニマルミュージックとの出会いは、すごく古くて高校生の頃でした。

ドイツのロックバンドの「タンジェリン・ドリーム」というのが好きで、彼らはその手法を取り入れて曲を作っていたんですよ。

で、そのころブライアン・イーノらが環境音楽というのを提唱していて、これもミニマルっぽい音楽でした。

 

曲自体は単調なんですが、組み合わせの妙で凄い音楽に変化する、そんな衝撃を受けました。

 

大学生のころ、家にあった電子ピアノ(弟がなぜか大人になってからピアノやり始めたんです)に録音機能があって、単純に「ドミソ」を繰り返し録音し、それに合わせて微妙にずらしながら同じフレーズを弾いて遊んだことがあります。

聴きなれたフレーズですが、ミニマルっぽくて不思議な曲になります。

 

と、こう書いているわりにはCDあまり持っていなかったりします(^^;

で早速今日の朝、アマゾンで例の「18人・・・」注文しちゃいました!

早くこなかなぁhappy01 楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フリー

日曜日にパンクしたトラ車のパンク修理を火曜日に実施。

そのときついでに、以前から気になっていたリアハブ周辺の違和感を調査。

どうやらフリーボディに原因があるようです。

 

本日、初めてリアハブの解体を実施、、、といってもフリーを外すだけなんですが。

今まで家には無かった、リアのスプロケットを外す道具を購入しました。

(○サヒサイクルベースの方、いろいろアドヴァイス有難うございました)

スプロケットは苦もなく外れましたが、続けてロックリングを緩めようとしたところ、、、かたい。。。

頑張って外して、シャフトを抜く。

と、ここまではメンテナンス本のお陰で汗をかきかきしながらも順調。

が、フリーのベアリングを取り出そうとしたところポロっとハブの中に落としてしまった。

運よく床に落ちたんですが、悪い事は続くもんです。何個かハブの中に落としてしまって、今度は出てこない。

焦ってたら、今度はフリーの反対側のベアリングもポロっと落としてしまい。。。

子供からは「今近づくと危険な父」状態と言われるほど焦りまくり。

ライトでハブの中を照らしながらようやくベアリングを全部回収完了。

きれいにしてグリスアップ。

フリーボディも外して、あれやこれやと動かしてチェックしてみたところ、ぱっぱり原因はこいつのようです。フリーだけ回しても、少しひっかかり感があります。

この際なんで、新しいリアハブでもと思っているんですが。。。憧れのノッチ数が一杯のやつhappy01あれって、音がいいんですよね~。

まぁ、使えなくもないんでしばらく様子を見ながら、新しいパーツでも探そうかな?

 

今日のところはこの辺でと、フリーとかをきれいにして、玉押しを調整しながら元に戻していって、リアホイールを自転車に取り付けて完了、、、って思ったら床にベアリングが一個、落ちていました

 

ガーンcrying

なんておドジな僕。

 

まあ、週末にしか乗らないんで、その時にゆっくりと直しましょうと、すぐさま開きなおる。

うん、前向きです。

 

とにかく狭い部屋でやっていたんで、汗だく。なぜか腕が微妙にパンプ。

終わってイソイソとクライミングに行ったところ、着いたとたん、身体が終わっていることに気づき、本日のクライミングはボロボロ状態。

5級登るのが精いっぱい。

 

本日の水曜会の中で珍しく僕は若手でした。

Mさん、団長、Sさんに交じって課題をやっていたんですが、若造扱いでした。

いつもなら嬉しいんですけどでも身体はとうに終わってしまっていて一番の年寄り状態でした。

なんかすごく後ろ向きな気持ちでした(笑)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »